カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車の改造はどこまでOK!?残クレの存在で違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。

タイトルアイコン

契約満了で車が自分のものに!カーリースするならもろコミ

契約満了で車がもらえるカーリースなら実質改造もOK!?頭金0円・各種税金等コミコミのカーリース。上手に利用してお得な定額料金で好きな車を堪能しよう!

カーリースは定額料金で希望する車を利用できるサブスクリプションサービス

車の購入手段には現金一括購入やマイカーローンを活用した分割購入といった方法がありローンでの分割購入を選択する方が多い傾向にありましたが、現在賢いユーザーの間で注目されているのが月々の定額料金で気に入った車を利用できるカーリースです。

契約を結んだカーリース会社がユーザーの希望する車両を代理購入し、車両とリース車の使用権の貸与を受けて気に入った車を手に入れられるのがカーリースで、ローンでの購入のように頭金を用意する必要がないのが魅力だと言えます。

また個人向けカーリースサービスを提供するカーリース会社が自動車税や重量税などの自動車諸税や自賠責保険料、点検整備や車検基本料などの維持費を負担するメンテナンスリースを選べば月々の定額使用料と駐車場代、任意保険料、燃料費で車を利用できます。

現在月々の定額使用料で利用できるサブスクリプションサービスが注目されていますが、メンテナンスリース契約を結べば希望する車を定額で利用できるカーリースは自動車のサブスクサービスだと言えるでしょう。

しかし自動車は車両価格が高額であることから「サブスクサービスと言っても定額料金が高額になるのではないか?」と心配する方もいるのではないでしょうか。

しかしカーリース会社は残クレと呼ばれる残価設定ローンを採用しリーズナブルな定額料金を実現しています。

 

リーズナブルな料金のカーリースを実現する残クレ(残価設定ローン)とは

自動車の新車価格は決して安いものではなく、カーリース会社に代理購入してもらい定額使用料で利用するサブスクサービスの場合でも、通常であれば高額な使用料が発生してしまいます。

しかし自動車の資産価値の下落速度は比較的緩やかであるためカーリース会社はリーズナブルな定額料金を提供するために残クレ(残価設定ローン)を採用してカーリースサービスを提供するのが一般的です。

残クレ(残価設定ローン)はリース契約期間満了時のリース車両の資産価値を算出し、車両購入価格からリース車両の残価をあらかじめ差し引いてリース料金を設定する方法で残価分を負担する必要がないためリース料金を抑えることが可能になります。

例えば5年契約した400万円の車が契約満了時に40%の160万円の資産価値が見込める場合、160万円の残価設定が行われ240万円分の車両価格をベースに残クレが設定されます。

5年契約であれば支払い回数は60回ですので定額料金のベースとなる金額は4万となり、4万円にカーリースに含まれるサービスの料金やカーリース会社の利益が加算され定額料金が確定します。

カーリース会社が高額な自動車をリーズナブルな定額使用料で提供できるのは、契約満了時の残価を設定することで実現していると言えます。

その一方、カーコンカーリースもろコミのように残クレがないカーリース会社もあります。残クレあり、残クレなしどちらにもメリット・デメリットがありますので、料金が低い傾向にある残クレを安易に選ぶことのないようにしましょう。

リース車の所有者はリース会社

カーリースはレンタカーと同じように「車を借りて乗る」ことです。
厳密にはレンタカーとは異なり「使用する権利」を購入するため、車検証の上では「使用者」は契約者本人となっています。しかし支払い完了後にその車が自分の所有物となる”ローンでの購入”とは異なり、リース期間満了後には基本的に車両はリース会社に返却することになります(一部、リース期間満了後に購入できるオプションもあります)。

使う権利は契約者にあったとしても、結局は”他人のもの”ですので勝手に手を加えることは常識で考えてもNGということは分かるかと思います。そのため、多くのリース会社は【改造は禁止】あるいは【原則として禁止】などと契約書に記載しています。

リース会社各社の改造に関するルール

コスモスマートビークル
Q:車の改造は可能ですか?
A:お車の改造はご遠慮いただいております。ご返却いただく際に原状回復が可能な範囲で、装備品の追加等をしていただくのは全く問題ございません。

定額ニコノリパック
Q:改造はできますか?
A:契約後にお車の改造やパーツの取外し、取付はできません。 取付したいパーツなどご希望がありましたら、お見積り時にご相談ください。

ホンダカーリース
Q:リース車にオプションや用品はつけられますか?
A:リース契約時にご注文いただき販売会社で装着するオプション・用品については、リース料に組み込む事ができます。納車後の用品等の装着については、その代金をリース料に組み込むことはできません。また納車後に用品を取り付けた場合は、車両返却時までに、納車された状態に戻していただきます。なお、違法改造やレース等での使用はお断りさせていただいております。

このようにリース会社各社が独自にルールを設定しています。契約をする前にきちんと確認をするようにしましょう。

 

残クレ(残価設定ローン)で契約したリース車両は改造することができない?

高額な自動車をリーズナブルに提供するためにカーリース会社が採用しているのが残クレと呼ばれる残価設定ローンですが、あらかじめ見込んだ残価によってリース料金を抑えているため契約満了時にはリース車を良好なコンディションで返却する必要があります。

既に紹介したとおりカーリースは車両とリース車の使用権を貸与するサービスですので契約満了時にはリース車の返却が求められ、カーリース会社は返却されたリース車を再販することで残価を回収します。

カーリースの契約書には「契約満了時には原状回復したリース車の返却」が謳われているのでリース車両は原状回復して返却する必要があります。

しかし原状回復と言っても契約時の新車を返却するものではなく契約期間中に通常使用で生じた経年劣化や老朽化は免責されます。但しリース車で事故を起こした場合やカーリース会社が設定する走行距離制限を超過した場合、原状回復が困難となる改造を施した場合などはリース契約違反となり違約金や追加料金が請求されます。

カーリースで手に入れた車は改造ができないと言われるのは残価設定の存在が影響しているためで、車の改造を予定している場合などはカーリースの利用を控えるべきと言えるでしょう。

ただし、中にはカーコンカーリースもろコミのように契約満了でクルマがもらえるカーリースサービスも存在します。契約満了でクルマをもらう予定であればその後、改造して楽しむこともできます。

 

リース車両を改造できない理由はリーズナブルな料金を実現する残クレの存在

残クレと呼ばれる残価設定ローンは高額な車両をリーズナブルに利用できる非常に魅力的なシステムであるものの事故や過走行、改造などで返却したリース車がカーリース会社が設定する残価を下回ると違約金や追加料金が生じるリスクも存在します。

通常使用の範囲で満足できる方にとってカーリースの存在は非常に魅力的である反面、ドレスアップやチューンアップに興味を持つユーザーには不向きなシステムであるのも事実ですので契約前にイメージしているカーライフを見つめ直すことが重要です。

しかしカーリースの利用でワンランク上の車をリーズナブルに利用できるのも事実ですので、通常使用で満足できる方には魅力的なサービスではないでしょうか。

残クレによる違約金や追加料金の不安がある方は、残クレのないカーリースサービスを検討するのも良いでしょう。

 

もし知らずに改造をしてしまったら!?

契約書に記載していることを忘れてしまい、あるいは見落としてしまい、もしうっかり改造をしてしまったらどうなるのでしょうか。
改造の種類や程度を問わず違約金が発生してしまうケースや、返却時に原状回復をすればOKなどリース会社によって内容は異なります。また原状回復をせずとも返却時にその分の金額を支払うことでOKというケースもあります。いずれにしても、リース車を改造してしまうと多額の費用が必要になってしまう可能性があります。

ただ、もしリース期間満了後にそのリース車を「買い取る」場合や「リース期間を延長する」場合は、改造した状態で継続して乗ることも可能です(違法性がある場合は除きます)。

一般にリース期間満了後は、

1:引き続き同じ車をリースする(リース期間を延長する)
2:返却をして別の新車を再度リース契約する
3:リース車両を返却して終了
4:残金を支払って(ローンも可)リース車を買い取る

の4つのパターンから選ぶことができますので、1や4のケースでは引き続きその状態で乗ることができます。

《買い取りに関して》

一般的に買い取る場合は、契約時に設定した「予定残存価格」を支払うことで買い取れるパターンと、リース期間満了後の「実際の査定額」と「予定残存価格」のいずれか高い方で買い取るケースがあります。リース会社によって異なりますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

 

改造が認められるケースもある!?

改造は原則として禁止ですが、一部改造が認められるケースもあります。
例えば契約者が何らかの身体的障害を抱えていて「リース車を安全に使用するため」には改造が必要であるとリース会社が判断をした場合などです。あるいはリース期間中に何らかの障害を負ってしまい、リース車を安全に使用するためには改造が必要であると判断された場合も同様です。
リース車の改造に関しては契約書にその旨の記載がありますので確認をしておくことも大切です。

また、その他にも違法改造を除いて改造が認められるケースもあります。
例えばメーカーやディーラーが通常の新車購入時に「オプション」として販売しているエアロパーツ、アルミホイールなどであれば基本的にはどれでも取り付けることができます。
「自分流に色々とカスタマイズしようとは思わないけど、純正品だらけのノーマルの状態では乗りたくない」という方は、あらかじめメーカーやディーラーが設定しているオプションを利用することをオススメします。

さらに、リース契約締結後に自分で購入したカー用品を取り付けたい、という場合も違法性があるものを除けばOKというケースもあります。ただし、その場合の条件としては、先ほども挙げた通り

【リース期間満了後あるいは中途解約等による返却時に原状回復が必須】

ということがほとんどです。
もし原状回復できない場合は、返却時の査定でマイナス評価となり、あらかじめ予測して設定していた予定残存価格との差額分を支払うことになりますし、違法性がある改造やリース会社が認めていない改造を行った場合には別途違約金が発生する可能性もあります。

 

自分流にカスタマイズしたいなら…

「エアロパーツを組みたい」「マフラーを変えたい」「車高を下げたい」「タイヤのインチを変えたい」「スピーカーを変えたい」「サブウーファーを積みたい」…などなど車を自分流にカスタマイズをしたい!というのが前提の方はカーリースではなくローンなどで購入することをオススメします。自己所有物であれば、違法性がない改造であれば自由にできますので、余計なことを気にしなくて済みます。

それでも中には「ローンでの購入は難しいからカーリースを利用したい!でも…どうしても改造もしたい!」という方もいるかも知れません。あるいは元々は特に改造の予定はなくてもリース期間中に改造したくなってしまうこともあるかも知れません。その場合は、手を加える前に必ずリース会社に相談をしましょう。

 

リース車を賢く利用するために

今回はリース車の改造について解説をしました。
改造がNGのケース、認められるケースはリース会社によって様々ですが、返却時に費用が発生してしまう改造は、せっかくカーリースでお得に新車に乗っているのにそのメリットがかき消されてしまいます。リース車を賢く利用するためにも「修復が必要となる改造」は控えた方が良いでしょう。

もし「どうしても改造したい」という場合は、メーカーやディーラーがオプションとして認めている範囲にとどめる、あるいはローン等での購入を検討するようにしましょう。

また、カーリースを利用する場合は、残クレあり、残クレなしによってもメリット・デメリットが大きく変わってきます。残クレありでトラブルが発生することもありますので、カーリースとカーローン、カーリースの残クレありと残クレ無し、どれを選ぶにしても慎重な検討が必要です。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

壇蜜さんが出演しているCMのカーリース会社と言えば?

一昔前は、個人向けのカーリースのサービスは一般的ではありませんでしたが、今では個人向けカーリースのCMもよく流れるようになり、かなり認知度が高まってきました。カーリースのCMと言えば、壇蜜さんが登場するCMが有名ですよね。では、壇蜜さん出演のCMは、どのカーリース会社のCMでしょうか?

カーリースでフルオプションをつけた場合の費用は?

カーリースのオプションって何がついてくるの?費用はどうなる?といった疑問を持っている方は多いでしょう。そこで今回は、オプションの内容や費用について紹介します。そもそもオプションはつけるべきなのか、利用者の方はどのような選び方をしているのかといったことについても解説していきます。

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。

カーリースってどんな仕組み?支払いやメンテナンスはどうすれば良い?様々な疑問について、わかりやすくご説明!

「車は買うもの!」というのは、これまでの標準でしたが、「断捨離」や「ミニマリズム」といった言葉がトレンドになっているように、最近ではものを所有するストレスから開放されたいと考えている方が多いようです。 カーリースは、そんな方にピッタリのサービスです。しかし、カーリースを利用したことがない方にとって、支払いやメンテナンスの仕組みは未知数なのも確かでしょう。今回は、カーリースの様々な疑問についてご説明します。