カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車の購入デメリット5選!リースでの購入に向いてる人向いていない人

いま人気のリース車。購入を検討しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。しかしリース車は長期間契約になりますので、契約した後に「失敗した」という状況は避けたいところ。リース車で失敗しないためには、まずデメリットを把握しておくことが大切です。今回はリース車の基礎的な部分からデメリット、向いている人・向いていない人などを解説しますので、ぜひお役立てください。

リース車ってなに?

オフィスにおけるコピー機や飲食店における券売機のように、月々の利用料金を支払って車を借りることをカーリースと言います。同じ「借りる」であってもレンタカーとは大きく違い、3年、5年、7年などの長期間契約によって一定期間借り続けることができます。また車のナンバーも一般の自家用車と同じものをつけることができますので、レンタカーにおける「わ」「れ」といった外見上の区別はありません。

 

リース車の仕組み

リース車がどのような仕組みになっているのかを解説します。

 

リースですので、自己所有ではなくあくまでリース会社が所有権を有する車を「借りている」状態になります。車検証上では「所有者」はリース会社、「使用の本拠の位置」は契約者本人の住所、「使用者」は契約者本人ということになります。

 

まずリース車の購入を検討している人が借りたいと思う「車種」「色」「グレード」をリース会社に伝えます。するとリース会社は提携しているディーラーや自動車販売店からその車を購入して契約者に貸し出し、契約者は月々のリース料金を支払ってその車に乗るということになります。「レンタカーを長期間借りている」というイメージがしっくりくるかも知れません。

 

実際には、リース会社というよりもリース会社と提携しているディーラーや自動車販売店などが代理店となってリース期間やプランなどを組み立て、サービスを提供するのが一般的になっています。

 

リース車のメリットの一つとして「頭金などの初期費用が不要(または少なくて済む)」「月々の支払いが安定する」といったことが挙げられます。

 

具体的にはリースのプランなどによって多少異なりますが、基本的に月々のリース料金には「車検基本料」「自賠責保険料」「重量税」「自動車税」「定期点検・メンテナンス代」などが組み込まれていますので、「車検の月だから車検代や税金や自賠責保険など多額の出費が必要」という状況を回避でき、毎月一定額を支払っていれば、あと必要になるのはガソリン代や駐車場代、任意保険料程度です。

 

リース料金は「車両価格」から「契約満了時の車両の残存価値(残価)=車両売却予想価格」を引いた額が元になって決められることが一般的ですので、車種などによってはローンで購入するよりもお得になるケースも少なくありません。また、もし頭金が入れられるようであれば、その分月々のリース料金が安くなるケースもあります。

 

失敗しないために!リース車のデメリット5選

リース車のデメリットとしてよく耳にするのは次のようなことです。

 

中途解約ができない

普通に考えれば分かることですが、基本はどんな契約も中途解約できません。できたとしても何かしらのペナルティが課せられるケースがほとんどです。リース車も同様に中途解約は基本的に不可ですが、どうしても解約しなければならない事情がある場合、解約金を支払うことで解約できます。

 

走行可能距離が決まっている

「月間○kmまで」「年間○kmまで」というように、リース期間中は走行可能距離が決まっています。最初から決まっているケースと、契約者が設定するケースがありますが、いずれの場合であっても決められた距離をオーバーすると超過料金が発生します。走れば走るだけ、その車の残存価値が下がってしまうのでこれは仕方のないことです。

 

カスタマイズができない・制限される

自己所有の車であれば、他人の迷惑や違法にならない範囲で自分の好きなようにドレスアップをしたり改造することができますが、リース車はあくまでリース会社の所有物ですので、勝手にカスタマイズをすることができません。あるいは、ある程度は許可されていても、リース期間が終了して返却する際には元の状態に戻さなければなりません。

 

盗難・事故の際のリスクが大きい

盗難あるいは全損事故などで廃車になった場合、即時解約となり、残債やその他の精算金が必要となり、場合によっては一括請求されることもあります。できるだけ手厚い補償を受けられる任意保険への加入が大切です。

 

リース期間終了時に追加費用が発生する可能性がある

月々のリース料金は、リース期間終了後の車両売却価格を予測して決定されます。返却時に、予測以上に車が傷んでいる、汚損・破損しているなどといった場合、当然車両売却価格は下がりますので、その差額を請求されることがあります。

 

このほか、ローンでの購入と違い、支払いが完了しても自己所有にはなりませんので返却をするしかないことや、リース料金の金利部分が一般的な金融機関の金利よりも高いケースもあるということもデメリットに挙げられるでしょう。

 

あなたはどっち?リース車購入の向き・不向き

リース車の購入に向いている人、向いていない人の傾向をまとめてみました。自分がどちらに当てはまるかチェックしてみてください。

 

《リース車の購入に向いている人》

・ごく普通に乗れれば十分だという人

・長距離を乗る機会が少ない人

・法人や個人事業主(固定資産ではないため節税効果が見込めます)

・まとまった費用は用意できないが車を持ちたい人

・月々一定額は支払えるが、車検代などの一時的な多額の出費は避けたい人

・レンタカーの「わ」「れ」のナンバーに抵抗がある人

・3年~5年などの周期で新車に乗り換えたい人

・車検、保険、税金など面倒な手続きを避けたい人

・車に詳しくないため、整備などを専門家に任せたい人

 

《リース車の購入に向いていない人》

・車を好きなようにカスタマイズしたい人

・長距離を乗る機会が多い人

・自分の所有物にしたい人

・まとまった資金が用意できる人(この場合は購入した方がお得です)

・同じ車にずっと乗り続けたい人(契約を延長すると割高になるケースがほとんどです)

 

必ずしもそう、という訳ではありませんが、このようなタイプが向いている人・向いていない人と言えそうです。長期間契約になりますので、失敗しないためにも自分の傾向や今後のライフプランなども含めてしっかりと検討してから購入しましょう。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

法人や個人事業主必見!カーリースの経費処理の方法とは?

いまでは、新しい車の買い方として個人向けのカーリースが定着しつつありますが、もともと、カーリースは法人向けのサービスとして利用されてきました。法人や個人事業主がカーリースを利用することのメリットは、その経理処理にあります。今回は、法人や個人事業主がカーリースを上手に利用するために、経理処理に関する基礎知識をまとめてみました。

アルバイトでもカーリースを利用できる?気になるカーリースの審査や申し込みの流れについてご紹介!

月々の支払いが安定して経済的なカーリースですが、カーリースを利用するためには一定の審査を通過しなければならないものが多いです。支払い能力によって、審査を通過するか否かがわかれるのですが、その場合、アルバイトをしている人はカーリースを利用することができるのでしょうか。今回はアルバイトの人がカーリースを利用できるのかというポイントを中心に、カーリースの審査や申し込みの流れを解説します。

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。

カーリースとは?初心者の疑問を解決!

リード文:自分の車が欲しいなと思うことはありますか?しかし、家のローンや保険料などで金銭的な余裕がないという方は、車の購入を躊躇してしまうのではないでしょうか。 車は買うだけでなく、買った後も維持費などで多額のお金がかかるものです。最近では、経済的な面から、車の購入ではなくカーリースを選ぶ方も増えています。 この記事ではカーリース初心者さんのために役立つ、カーリース初心者さん向けの内容をご紹介していきます。 「カーリースって何?」「どこの会社がおすすめ?」など、カーリースの初心者の方が気になっているであろう、初心者向けのいろはを詰め込みましたので、これを読んで素敵なカーリースライフへのきっかけにぜひ役立ててください。