カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車の車検費用は誰が払うのか

リース車の導入を検討した時に、ふと「そういえば車検って誰が費用を払うんだろう?」と思うことがあるかも知れません。今回はリース車の基本的な仕組みから、主に車検費用について詳しく解説をして行きます。

まずはリース車の仕組みを知ろう!

リース車とはどういう仕組みなのか?リース料金の内訳はどうなっているのか?といった、リース車の基本的な部分を解説します。

リース車の仕組み

《車を自己所有するのではなく、使用権を持つこと》

リース車は、機械類などのリースと同様に「長期間契約で一定期間中その車を使用する権利を持つ」ことを言います。ただし所有者・所有権はあくまでリース会社となりますので、車検証上の所有者は「リース会社」、使用者は「契約人」、使用の本拠の住所は「契約者の住所」ということになります。レンタカーを長期間借りているようなイメージを持つと分かりやすいかも知れません。

 

例えばレンタカーにしても、車検、法定点検、保険料の支払いなどは契約者ではなくレンタカー業者が行いますので、契約者はレンタル料金の他にはせいぜいガソリン代や駐車場代程度の出費で済みます。またメンテナンス等もしっかりと行き届いていますので、ベストコンディションに近い状態で常に車に乗ることが可能です。リース車もこれに似ていて、 車検基本料、自動車税、重量税、自賠責保険料などの支払いはリース会社が行いますし、法定点検等もきちんと行ってくれますので常にベストコンディションで車に乗ることができます。

 

リース料金の内訳

各リース会社によって様々なプランがありますが、基本的なプランでは「車両本体価格」「車検基本料」「自賠責保険料」「重量税」「自動車税」などが月々のリース料金に含まれています。そのため契約者は車検時などに一度に多額の出費をする負担が減りうえ、車検等も代行して行ってくれますので、時間的、身体的な負担もぐっと少なくなるでしょう。なお、リース料金を決める基準としては、次のような計算が用いられます。

 

《車両価格》ー《契約満了時の車の残存価値(予想売却価格)》

 

これに先ほどの「車検基本料」「自賠責保険料」「重量税」「自動車税」などが加わりますが、トータルで見てもローンで購入するよりも月々の支払額が少なくて済むケースが多いようです。

 

車を維持する上で必要な諸費用が月々のリース料金に含まれていますので、契約者はリース料金のほか、ガソリン代、駐車場代、任意保険料程度の出費で済みます(任意保険は契約時に加入できるところもあります)。そのため月々の出費が計算しやすく、家計にも優しいと言えます。

 

車検費用を払うのは誰!?

月々のリース料金に「車検代」などが含まれていますので、実際に支払っているのは契約者になり、リース会社は手続きや車検を「代行」しているということになります。とはいえこれらを月々分割して支払っている形になりますので、一度に多額の出費が必要になることはほとんどありません。

 

ただし「車検代」と言っても、そのほとんどは正確には「車検基本料」です。車検基本料とは、基本的には24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などのことで、いわゆる業者の利益分になります。車検に通すためにタイヤ交換、オイル交換、ヘッドライトやブレーキランプの交換などを行った場合は別途費用が発生し、それは契約者の負担になります。

 

2種類の契約内容を理解しておこう

カーリースを検討した時に「メンテナンスリース」や「ファイナンスリース」といった言葉を見かけるかも知れませんが、この2種類はどのように違うのか知っておきましょう。

 

(1)メンテナンスリース

こちらは上でご紹介した「車検基本料」「自賠責保険料」「重量税」「自動車税」のほか、「法定点検」「その他メンテナンス費」なども含まれているパターンです。契約者にとって最も負担項目が少ない契約内容と言えます。ただし、リース会社によっては例えば「オイル交換は無料だがパンク修理は有料」「代車費用やバッテリー交換は契約年数によっては有料」など様々なパターンがありますので、契約前に確認をするようにしましょう。

 

(2)ファイナンスリース

リース会社が負担するのは「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」のみとなり、車検や法定点検、各種メンテナンスなど「車両を維持」するための費用を契約者が負担するパターンです。月々のリース料金はメンテナンスリースよりも低く抑えることができますが、その分他の部分の出費は負担しなければなりません。

 

カーコンビニ倶楽部「もろコミ」なら車検サービス込みで月額1万円!

リース業者は様々ですので、いざリースをしようと思うと迷ってしまうかも知れません。そんな時に、料金体系も非常に分かりやすく、なおかつメリットが最も多いと思われるリース業者をご紹介します。

 

<もろコミ>

もろコミはカーコンビニ倶楽部によるカーリースサービスです。利用者にとっては非常に分かりやすく、最も親切なリース業者と言われており、登場して間もないのですが人気が急上昇中です。

 

なにが「コミ」?

車検基本料金コミ/自動車税・重量税コミ/登録時諸費用コミ/自賠責保険料コミ

これだけコミで、しかも「頭金0円」な上に、月々の支払いが「税込1万円から」あるいは「契約者が自由に設定する」など、契約者のライフプランに合った支払い方を選べるところも人気の秘密のようです。

 

人気の秘密はまだある!

先ほど「車検代」とは「車検基本料金」であって、消耗品等の交換は契約者が負担するということを言いましたが、このもろコミには何と「車検無料クーポン」が付帯します。これを提示することで消耗品などの交換費用もゼロになります。これは非常に嬉しいサービスです。

 

それだけじゃない!更なる人気の秘密は…?

基本は9年契約になりますが、7年目以降は車の返却・乗り換えがOKなほか、9年契約終了時にはその車がもらえます。9年も乗っていて「愛着が湧いてしまった」「できれば手放したくない」という方にとっても非常に嬉しいサービスです。

 

これだけ付いていて「月々1万円から」または「契約者が自由に設定」できる訳ですから、人気なのも頷けます。リース車を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

ボーナス併用払いにすればお得?カーローンの仕組みと注意したいポイント

カーローンの返済プランを組み立てるときに「ボーナス併用払い」を選択できることがあります。このボーナス併用払いとはどのような仕組みなのでしょうか。 お金の借り入れでもあるカーローンは長期的な目で慎重に考えなければいけません。この記事では、カーローンを組んだ後に後悔しないために、ボーナス併用払いはお得なのか、カーローンを組むときの注意点について紹介します。

ズバリ検証!年金受給者はカーリースの契約が可能?

高齢者の方も、お出かけやお買い物など、車を必要とする場面は多くあることでしょう。ですが、車を新しく買うにも、維持するにもお金がかかるので、年金受給者の高齢者にとって、車を持つという選択はなかなか難しいものです。 また、車は日々安全機能や性能など進化を続けているので、機能などを使いこなすことも年金受給者の高齢者の方には難しい要素のひとつです。新しい車を乗りこなせなければ、かえって危険も増えてしまいます。 そこで便利なサービスが、カーリースです。初期費用などの大きな出費がなく、車の維持もほとんどおまかせできます。今回は、年金受給者の高齢者の方に向けて、ずばり年金受給者でもカーリースの契約が可能であるのかをご説明していきます。

2019年国内販売台数ナンバー1に!プリウスのマイナーチェンジで何が変わった?

2018年12月に行われたマイナーチェンジの後に再び国内販売ナンバー1の座を取り返したプリウス。4代目の発売後に予想外の苦戦を強いられたプリウスですが、このマイナーチェンジでいったい何が変わったのでしょうか?ここでは注目を浴びている内外装だけでなく、走りがどのように進化しているのかについても解説します。

カーリースの料金に点検は含まれる?知らないと損するカーリース事情とは

カーリースを契約するときに見落としたくないのが、点検費用など、メンテナンスに関わるサービスが受けられるのかどうかです。カーリース会社や契約プランによっては、車検費用や整備費用は自分で負担しなければならないというものもあります。 また、反対に、知らないうちに不要なサポートがついていて、その分料金が割高になっていたというケースも考えられます。知らずに契約して損をすることがないように、カーリースと点検などのメンテナンスについて、ここで詳しく学んでおきましょう。

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!