カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車は本当にお得? メリット・デメリットを徹底検証してみた

車があると便利なことはたくさんあります。買い物をするため、レジャーに出掛けるため、用事を済ませるため、ドライブそのものを楽しむためなど、生活のいろいろな場面で車は役立ちます。一昔前であれば、個人が車を使いたいと思ったら、購入するか、家族や友人から借りるか、レンタカーのサービスを利用するしかありませんでした。しかしながら今では、車をリースして利用する方法が人気を集めています。今回は、車をリースするメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。

リース車のサービスとは?

カーリースとは、月々のリース料を支払うことでリース会社から車を貸し出してもらえる仕組みのことです。

レンタカーの長期間バージョンと考えると分かりやすいかもしれません(レンタカーは数時間から数日の短期間のレンタルですが、リース契約は数ヶ月〜数年の長期間になります)。

リース車の料金は、車両の価格から契約終了時の残存価値を差し引いた金額を元に算出しますが、それには、各種税金、車検代、整備費も上乗せされます。

リースとは言っても、車種やグレードに大きな縛りがある訳ではありません。メーカーオプションや販売店オプションも選択することが可能です(オプションに応じてリース料金も増額されます)。

長期間使用できますので、自分の生活スタイルに合わせて新車をマイカーのような感覚で乗ることができます。契約期間が終了した後も車に乗り続けたい場合は、リースを延長したり、残価を支払うことによってリース車を買い取ったりすることができます。もちろん、新しく他の車をリースすることもできます。

では、個人向けのリース車利用のメリットは具体的にどのようなものなのでしょうか?ここでリースする車のメリット・デメリットを考えることによって、リース車の利用が果たして「自分」にとってお得なのかどうかが見えてくるでしょう。ぜひ参考にしてください。

 

リース車のメリットを考えてみる

最初に、車をリースするメリットを考えてみましょう。

1.自動車税の支払い、保険への加入、車検などの面倒な手続きが不要

自動車を所有する場合に必要な税金や自賠責保険料の支払いや車検手続きをリース会社が代行してくれます。これらの手続きは結構面倒だったりしますので、車をリースする大きなメリットと言えますね。

2.頭金が不要

車をリースする場合は、車を購入する場合と違って頭金を支払う必要がありません。頭金は、車両価格の20~30%が目安とされていますので、結構な金額になります。高額な初期費用を出したくない人にとっては助かりますね。

3.ローンより支払い額を安く抑えられる

「カーリースとは?」の部分で説明した通り、月額のリース料を決める元になる支払い額は、車両の価格から契約満了時点での車の予想残存価値を引いた金額となります。そのため、ローンで車を購入する場合に比べて支払い額を安くすることが可能です。

4.月々の支払い額が一定なので、家計の支出の計画が立てやすい

車のリース料金は毎月同額です。車の毎年の税金、自賠責保険料(任意保険は契約者が加入しなければならないケースがほとんど)、車検費用などが含まれています。さらに、消耗品の交換にかかる費用やオイル交換の費用も含まれます(契約の種類により一部含まれない場合もあります)。

それゆえに、車にかかる毎月の費用はリース料金・駐車場代・ガソリン代程度で、ほぼ一定となります。自動車税の支払いや車検や消耗部品の交換等のためにお金を別に用意する必要がありません。毎月だいたい同じ額を払っていきますので、家計の支出の計画を立てるのがとても楽になるでしょう。

5.様々な車に乗ることができる

一度車を購入したら、普通はその車に長期間乗り続けます。短期間で他の車に買い替えるのはお金が無駄になりますし、手続きも大変ですので、賢明ではありません。

リースなら、最短1ヶ月から契約できる会社もありますので、いろいろな車を楽しめます。自分が購入を検討している車の乗り心地を試すのにも利用できるでしょう。確かに車のリースには様々なメリットがあるといえます。

 

リース車のデメリットは?

1.支払い総額がローンよりも割高になる

メリットの3の内容と矛盾するようですが、支払い総額がローンよりも割高になります。ただし、これは、カーリースの契約期間終了後に、乗っていた車を買い取ることにした場合の話です。その場合、初めから車をローンで購入した場合と比べると、支払いの総額では割高となってしまいます。購入するかどうかの決定を先に延ばしていたことになりますから、これはある意味当然でしょう。

2.原則として途中で解約することはできない

車のリースは契約期間が決まっています。契約期間中に車を解約する場合は高額の違約金が発生してしまいます。何かの事情で、車が不要になった場合や、別の大きさ・種類の車に乗り換える必要が生じた場合、リースの場合は違約金を支払う必要があるのです。

※車を購入した場合も、同じようなリスクがあると言えるでしょう。購入した後に車が不要になれば、処分するか売却しなければなりません。売却できたとしても、購入にかかった費用と同じ額が入ってくることは普通ありませんので、お金を損失する結果になります。

3.カスタマイズはできない

車両の所有者はあくまでのリース会社です。それで、契約期間終了後に、車を返却する義務があります。それで、車を自由に改造したりカスタマイズしたりすることは当然ながらできません。車を自分好みにいろいろといじりたい人にとってはデメリットでしょう。

4.走行距離が設定されている

リースした車には契約時に走行距離を選択できるものと、最初から決められているものがあります。いずれにしても、決められた走行距離を超過した場合には超過料金が発生してしまいます。走行距離を気にしながら車に乗るのはストレスとなるかもしれません。

5.契約終了時に差額を請求される場合がある

リースした車に、事故などで多額の修理費用がかかるダメージを与えてしまった場合などは、無事故であった場合の価値との差額を契約期間の終了時に支払わなければなりません。

※万一、全損事故などで車が廃車になった場合、契約期間中でも強制的に解約となってしまいます。その場合、リース料金の残額を一括返済しなければなりません(加入している保険を適用できます)。

 

まとめ

車のリースのメリット・デメリットについて考えてきましたが、いかがだったでしょうか?

ご覧いただいたとおり、車のリースには様々なメリットとデメリットがあるため、お得か損かを一概に言うことはできません。それぞれのオーナーが求める条件によって、車のリースのメリット・デメリットの価値は変わります。

いずれにせよ、車を利用するためのサービスの選択肢は、多いに越したことはありません。車のリースも、メリットを鑑みて利用に値する素晴らしい選択肢であるのは間違いないでしょう。是非、あなたにとって、車のリースがお得がどうかを、しっかりと検討してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

ワゴン車に月々リーズナブルな価格で乗るならカーリースを利用しよう!オススメのカーリース会社も併せてご紹介!

レンタカーだと選べる車種には限りがあるものの、カーリースは違います。セダンからワゴンまで、ありとあらゆる車種の中から自分の好きな車を選べます。今回は、ワゴンをカーリースするための方法や、オススメのカーリース会社の紹介をしていきます。