カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車を修理しても返却時にばれないってホント?リース車の修理と返却時の注意点とは

車のキズやへこみなど黙って修理しても、リース会社に気づかれることはないのでしょうか?このくらいならばれないだろうと自己判断せずに、リース車の修理と返却時の注意点をご紹介します。

リース車を傷つけてしまった時に行うこと

 

自分は大丈夫と思っていてもいつ起こるのか予想ができないのが事故ですが、リース車で車体に傷をつけてしまった場合はどのような対応が必要になるのでしょうか

 

■事故の規模に関わらず各所へ連絡を入れる

・警察

事故を起こした段階ですぐに警察へ連絡を入れ、事故の状況を伝えましょう。

 

・必要に応じて消防(救急)

負傷者がいる場合、早急に消防へ連絡を入れ、可能な範囲で救護対応を行います。

 

・リース会社

自己判断をせずに、契約をしているリース会社へ連絡を入れ事故の状況、どのような対応が必要なのかの確認をします。リース車をあとで修理すればばれないだろうと考えて、この連絡を怠ると違約金が発生したり、契約が強制的に解除になる可能性もあるので十分に注意しましょう。

 

 

修理をしても返却時の査定額が響く可能性もある?

 

結論から言うと査定額に響く可能性は非常に高いです。

 

・内装、外装に損傷を修復した箇所があった

・事故による修理歴があった

 

このような場合、例え個人でばれないだろうとリース車を修理に出し、リース会社へ返却したとしても、車を見るプロにはすぐばれてしまいます。

リース当初の車体状態により予定残存価格が決定するので、貸し出し中に車体に変化があればその分価値は下がってしまい、査定額にも大きな影響を及ぼします。また車体に損傷を起こしたことの連絡を怠ったとして、今後のリース契約にも影響が出てくる可能性がありますので十分に注意してください。

 

 

リース車を修理する時の際の注意点

 

▽信用ならない板金屋に修理を頼むとかえって高くつくことも

「リース会社での車体修理は高そうだし、バレないように自分で探した格安な板金屋に依頼しよう」といった理由で修理に出したら、実は内部まできちんと修理をされていなかったり、他の修理屋に出したら驚かれて再度修理をする羽目になったということもあるようなので、以下のような板金屋は注意をしましょう。

 

・当初の見積もりが安すぎる

・このままでは危ない、危険などといった言葉を繰り返し使う

・修理箇所の説明や内部確認がない

・当初の見積もりから上乗せされていく

・見積もりが専門用語と大まかな内容すぎて理解できない

 

このような業者は手抜き修理をしたり、最終的に当初の見積もりより大幅に高くつくこともあります。

また、以下に挙げる特徴を持つ業者で修理を依頼すると、安心でき、かつ再度修理などといった無駄な出費を回避することができますので、ぜひとも参考にしてみてください。

 

・経験豊富

修理経験が豊富にあり、件数も多い方が良い業者として判断がしやすいです。経験が多くあることにより車の構造をより理解しているので、作業に無駄がなくパーツを取り寄せるルートも多く持っています。まず自分が乗っている車種を取り扱ったことがある業者なのかをホームページなどで実績の確認をしてから、ユーザーの口コミなどを参考にしてみましょう。

 

・地域密着型で評判が良い

修理屋としての規模だけではなく、その地域で評判が良いのかということも大切なポイントになります。地元からの評判が良いと、お客様からの信頼を十分に得ていることになるので、口コミレビューを見たり、実際に修理に出したことのある人や周囲の人へ聞いてみたりしましょう。

 

・見積もりがわかりやすい

作業にかかるスケジュールや費用が細かく書かれている業者は、どのような修理を行っていくのか明確に表示しているので、安心できると言えます。また、専門用語や大まかな項目のみで何をどう修理していくのか記載がされていない見積もりは、誤魔化される可能性があるので不明な点はしっかりと質問して理解したうえで検討することが大切です。

 

・相談しやすい

修理の問い合わせを行ったときの対応から見積もりに関しての質問の返答などを聞くことで、相談しやすいかどうかを判断していきましょう。修理にかかる費用は決して安いものではないので、自分が納得するまで確認ができ、不安な点や不明な点をしっかりと説明してもらえるか、こちら側からも聞きやすいのか、という点も重要視する必要があります。聞きづらい状態のままで進めてしまって後から後悔するのではなく、修理を依頼する前から疑問点をぶつけてみましょう。

 

▽指定の工場がある場合は必ずその工場で修理を行う

ここまで修理業者の注意点や良い業者の見分け方をご紹介してきましたが、中にはリース会社指定の工場がある場合もあるので、リース契約時にしっかりと契約内容の確認をしておきましょう。

 

■指定工場で修理のメリット

・リース会社から何度も依頼を受けているので安全

リース社から修理依頼を受けているので、車種の対応など事前に調べなくともスムーズに修理に出すことができます。

 

・作業工程が明確

見積もりを見てもわからないなどといったことがなく、リース会社から何度も依頼を受けている工場による修理なので、作業工程もしっかりとわかりやすく、無駄な修理をされる心配もいりません。

 

・安心できる業者を自分で探す手間が省ける

安心できる修理業者を探すのは大変ですが、その手間を省くことができるのがカーリース会社指定の修理工場です。

 

指定工場の1番のメリットは安心、安全です。「実は修理がされていませんでした」というようなトラブルはまず起こらないので、無駄な出費を抑えることもできますし、リース会社との契約を守って修理に出すので、リース会社に隠し事をして後からばれてしまうのではいかと不安を感じることもありません。

 

関連する記事