カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

タイトルアイコン

傷が心配…契約満了で車がもらえるカーリースはもろコミ

カーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミなら、残価設定なしで契約満了後はクルマがもらえる!実質、傷がついても安心!カーリースするならお客様満足度95%を誇るカーコンカーリースもろコミで!

利用者の希望車種をカーリース会社が代理購入し車と使用権を貸与するのがカーリース

利用者の希望車両をカーリース会社が代理購入し、利用者はカーリース会社から車両本体と車両使用権を借り受け利用するカーリースは、所有から利用へと変貌した新時代の消費スタイルにマッチした車両調達手段として近年急速に利用者が増加しています。

カーリース契約時には頭金やボーナス加算の有無を選ぶことができるのが一般的で、月額料金を抑えられるファイナンスリースと車両維持費用を利用者が直接負担しなくてよいメンテナンスリースの二種類の契約内容を選ぶこともできます。

個人向けカーリースの場合は車両維持費用の直接負担が生じないメンテンスリースで契約が結ばれるのが一般的で、定額の月額料金でリース車を利用できるメンテナンスリースは自動車のサブスクリプションサービスだと言えるでしょう。

所有から利用へと変貌し、定額料金のサブスクサービスの人気が高まる現在の消費者ニーズにマッチした新時代の車両調達手段と言っても過言でないことが近年のカーリースサービスの利用者急増に大きく影響していると考えられます。

カーリースのシステムはレンタカーよりも自動車ローンに近い

車両を貸し出すサービスと言われるとレンタカーがイメージされるケースが少なくなく、カーリースはレンタカーと混同される傾向がありますが、同じ車両貸し出しサービスではあるもののカーリースとレンタカーはサービス内容が大きく異なります。

既述のとおり利用者の希望車両をカーリース会社が代理購入して貸し出すのが基本的なカーリースのサービス内容で、多くの場合リース車両として新車を調達する新車リースが活用されるためカーリースの契約期間は5~9年間の長期契約となるのが一般的です。

レンタカー会社の所有する車両を不特定多数の利用者に貸し出すレンタカーは基本的に短期契約で利用されるサービスである点がカーリースと大きく異なります。

また契約者の専用車両を調達するカーリースは希望のモデル・グレード・オフション装備・ボディーカラーの車両を利用できますが、在庫の範囲内で車両手配するレンタカーでは希望車両を利用できないケースも珍しくないのがカーリースとレンタカーの相違点です。

さらに「わナンバー」や「れナンバー」が交付され一目でレンタカーだと判ってしまうのに対し、リース車両の車検証には契約者名を使用者名義欄に記載し登録するため一般ナンバーが交付されるので、外観からリース車両であることを判断できないことも大きく異なります。

自動車ローンで購入した車両でもローン完済までは契約者名が利用者名義欄に記載されることを踏まえると、カーリースは自動車ローン返済中の状況に近いと言えるので、レンタカーよりも自動車ローンに近いサービスだと捉えることができます。

 

リース車はあくまで「リース会社」の所有物

リース車に傷をつけてしまったという例は非常に多く、インターネットなどでも相談をする人が増えています。

「縁石に乗り上げてしまってリース車に傷をつけてしまいました。この場合、返却時に修理代を請求されたりするのでしょうか?」

「うっかりリース車の後方をぶつけてしまい、擦り傷とヘコミがついてしまいました。また、おそらくその時と思われますがブレーキランプの一部も割れてしまいました。この場合、返却時に修理代を請求されるのでしょうか?もし請求されるとしたらいくらぐらい請求されるのでしょうか?」

「会社でリースしている車に擦り傷をつけてしまいました。上司の指示で街中のカー用品店で修理をしたのですが、リース会社に連絡もせずに行ってしまって正しかったのでしょうか?後から請求されたりしないでしょうか?」

「何気なく前のバンパーを見たら、身に覚えのない傷がついていました。原因は分かりません。自分の知り合いの板金屋に頼めばすぐに直せる程度の小さい傷なのですが、この場合でもリース会社に報告した方が良いのでしょうか?」

 

など、リース車に傷をつけてしまったというトラブルの例は枚挙にいとまがありません。
特に、多くの方が心配されているのは、

「修理代を請求されるのか」
「いくらくらい請求されるのか」
「リース会社への報告はするべきか」

といった点ではないでしょうか。
まずはその中で最も大切な「リース会社への連絡」という点から見て行きましょう。

リース車は、リース会社が所有権を有する車両を月々のリース料金を支払うことで「使用する」権利を得ているに過ぎません。物に当てはめても賃貸物件に当てはめても同じことですが、その物は「オーナー」「所有者」のものです。

借りている物を傷つけてしまった場合、皆さんどうしますか?
物を借りている場合は「所有者に事情を話し、どうするかを決める」あるいは賃貸物件であれば「オーナーあるいは管理者に事情を話し、どうするかを決める」ことになると思います。

カーリースもご多分に洩れず、まずは「リース会社に報告をしてその後の指示を仰ぐ」が鉄則です。返却時の不用意なトラブルを避けるためにも「何かあったらまずはリース会社へ」ということを徹底しましょう。

 

カーリースのリーズナブルな料金はカーリース会社が行う残価設定で実現している

カーリース契約にはリース車の維持費用の大半を利用者に直接負担を求めないメンテナンスリースと呼ばれる契約があり、利用者は月々の定額使用料と駐車場代、ガソリン代や任意保険料を支払うことでリース車を利用できます。

カーリースでは利用者が希望する車両購入費用と自動車税や自動車重量税などの諸税、自賠責保険料金や点検性費用、車検基本料金などをベースに金利手数料を加算した金額をカーリース契約期間で支払います。

既述の料金システムはローンを利用した車両購入と非常に似ていますがリーズナブルな定額使用料を実現するためにカーリース会社では残価と呼ばれる契約満了時のリース車両に見込める資産価値を算出し車両購入費用から差し引いて使用料金を決定します。

残価設定によってリーズナブルな定額料金で希望する車両を利用できるのがカーリースの魅力ですが、契約期間満了時にカーリース会社が見込んだ資産価値を有するリース車両を返却する必要があります。

残価設定を行っても月々の定額料金の大部分は車両調達費の償却費用が占めている

契約期間満了時にリース車両に残された資産価値をあらかじめ試算し車両調達費用から差し引く残価設定はリーズナブルな月額料金を実現するために非常に効果的ですが、車両価格は高額であるため残価設定しても月額料金の大部分は車両調達費の償却費用で占められます。

カーリースが自動車ローンに近いサービスであることは既に紹介しましたが車両購入した場合は全ての維持費用が購入者負担となるのに対し、メンテナスリース契約でカーリースを利用すれば車両維持費用(自賠責保険料や各種税金など)を直接負担しなくて済みます。

車両調達後のトータルコストを考えるとカーリースは自動車ローンの利用で車両購入するよりもはるかにお手軽に車両調達が行える魅力的なサービスであると言えるのではないでしょうか?

ただし残価設定を行った車両にはさまざまな利用制限が生じる

車両購入費用を借り入れる自動車ローンとカーリース会社が代理購入した車両を借り受けるカーリースは「資金を借りるのか?」・「モノを借りるのか?」と言う点が大きく異なります。

しかし残価設定されているリース車両は月額料金を支払い続い続けても所有権がカーリース会社のままとなり、契約満了時には車両を返却しなければならないためにさまざまな利用制限が存在するのも事実ですので、次項でリース車両の利用制限を具体的に紹介します。

 

カーリース契約満了時には原状回復したリース車の返却が求められる

利用者が希望する車両をカーリース会社が代理購入し、利用者はカーリース会社から車両本体と使用権を借り受けて車両を利用するのがカーリースサービスの基本的なシステムであるのは既に紹介したとおりで、定額利用料を抑えるためにリース車には残価設定が行われます。

契約満了時には原状回復したリース車を返却する必要がありますが、原状回復と言っても通常使用で生じる経年劣化や老朽化に関しては免責されるので心配ありません。残価設定は通常使用で生じる経年劣化や老朽化を織り込んで算出されますが、事故や過走行、改造などで原状回復が困難と判断された場合は違約金や追加料金が発生し支払いを求められます。

リース車両をリーズナブルに利用するために効果的な存在であるのが残価設定ですが、契約満了時には利用者に追加の経済的負担を発生させる可能性も秘めているため利用者にとって残価設定は諸刃の剣のような存在だと言えるっでしょう。

しかし通常使用で生じる経年劣化や老朽化に関しては免責されますので、カーリース会社が設定する残価設定を必要以上に問題視することはありませんが、次項で紹介するようなリース車の使用は違約金や追加料金発生に繋がるため慎むべきでしょう。

なお、中にはカーコンカーリースもろコミのように契約満了でクルマがもらえるカーリース会社も存在しますので、選ぶ際はこうした原状回復による違約金や追加料金を踏まえてしっかりと検討することをおすすめします。

 

原状回復できないとカーリース会社が判断する要件とは?

前項でふれたとおりリーズナブルな定額使用料を実現するためカーリース会社では契約満了時のリース車に見込める資産価値を算出し、あらかじめ車両購入費用から差し引き、利用料金を決定する残価設定を行っています。

カーリース会社は契約満了時に原状回復され返却されたリース車の査定を行い、残価設定を下回る状態の場合は利用者に違約金や追加料金を請求することで残価設定との差額清算を行います。

リース車の原状回復は契約期間通常使用することで予想される経年劣化や老朽化が派生した状態を意味するものですが、返却したリース車両が次のような状態である場合は原状回復が困難と判断されます。

・事故を起こした場合
・カーリース会社が定める走行距離制限を超過した場合
・利用者によって改造が施された場合
・通常使用で生じる経年劣化や老朽化以上に傷付いていると判断された場合

事故を起こした場合は言うまでもありませんが、車両の資産価値を下落させる過走行も原状回復困難として判断されるので注意が必要です。また高額な費用をかけて施した改造でも車両の資産価値にプラス査定されずマイナス査定されるためリース車は改造禁止だと捉えるべきでしょう。

またカーリースの利用を検討している方にとって、「通常使用で生じる経年劣化や老朽化以上に傷付いていると判断された場合」の要件が気になるのではないでしょうか?ボディに付いた傷を通常使用で発生する経年劣化や老朽化と判断するのかどうかがポイントになりますので次項で紹介します。

 

小さい傷でも報告する義務がある!?

バンパーやホイールを少しこすった程度のほとんど目立たない傷であったり、あるいは内装の一部に何かが引っかかるなどしてできてしまった小さな傷などであっても同じなのでしょうか?

基本的にリース車は返却時の「原状回復」が原則となりますので、たとえ小さな傷であっても報告し、指示を仰ぐことが望ましいでしょう。

もし気づかないうちに傷がついてしまっていた場合でも、気がついた時点でその経緯を話しましょう。リース会社は車管理のプロフェッショナルですので「この程度ならバレないだろう」「“気づかなかった”でやり通そう」は禁物です。

気づかなかった傷やヘコミ

カーリースは一般的に3年、5年、7年などの長期間契約が原則となります。それだけ長い期間車に乗っていれば、ドライバーの過失による傷やヘコミ以外にも、飛び石や道路の破損、あるいは強風による飛来物など避けようのない要因によって想定外の傷やヘコミが生じてしまってもおかしくはありません。

定期的に車の外周をチェックしておく、あるいは法定点検などの時に併せてチェックをしてもらうなどといったことを心掛け、もし傷やヘコミが見つかった場合は日時と写真を控えておくことをオススメします。そして「気がついた時点で申告する」「原因は不明であることを伝える」ようにしましょう。

返却時にリース会社の方から「ここに傷がありますが…」と指摘されてしまうよりもずっと良い印象を与えることができると思います(それでも本当に気がつかなかった傷は仕方がありません)。

 

修理代は誰が負担するの?

リース車に傷をつけてしまった場合、「修理代を請求されるのか」という点も多くの方が抱える疑問の一つです。
傷やヘコミの原因、状況などによってケースバイケースとなりますので、一概には言い切れませんが、仮にドライバーに過失があった場合、ごく小さな傷であれば、ディーラーが推奨する5,000km点検、1年点検、2年点検あるいは法定点検などの時に併せて修理をしてもらうことが可能な場合があります。
また、リース会社に連絡をした時点で指定の修理工場を紹介され、返却時までに修理を完了していれば良いと言われるケースもあります。
いずれにせよドライバーに過失があった場合、原則として修理費用は「契約者」の負担となります。

※明らかに「リースする前の何らかの原因」によって傷やヘコミが生じた場合などはリース会社が負担するケースもあります。

 

任意保険への加入を推奨している

リース車は「自賠責保険」に加入しています(自賠責保険への加入は法律で義務付けられています)が、自賠責保険でカバーできるのは「交通事故の被害者の身体」となりますので、リース車そのものやドライバー、被害者の車両などに対しては補償されません。そこでリース会社各社は車両保険などの任意保険への加入を推奨しています。
車両保険は、保険の対象となっている車両、つまりリース車(被保険車両)が損壊などを被った場合にその損害を補償してくれるというものです。

 

任意保険加入はカーリース利用の絶対条件

カーリースサービスを利用すると車両購入費用や自動車諸税と共に自賠責保険料を直接負担せずにリース車を利用できるのが魅力ですが、カーリース利用の場合でも任意保険への加入が絶対条件だと捉えるべきでしょう。

カーリース会社が負担してくれる自賠責保険は人身事故被害者の救済を目的に運用される保険システムで、加害者や物損事故には適用されません。また人身事故被害者に対する補償も最低限の補償を行うものであるため高額化する現代の補償額を満足させられるものではないと言えます。

契約満了時に使用中のリース車がプレゼントされると言う驚きのカーリースプランを提供し注目されるカーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」は、カーリース専用の任意保険も併せて契約することが可能です。

任意保険は利用者が探し加入するのが一般的ですが、カーリース専用の任意保険であれば、被害者への補償や事故関係車両の修理費用、リース車の修理費用などに手厚い保証を行う任意保険に加入することで万一事故を起こした際の経済的負担が減少しますしリース車の資産価値下落を最小限に抑えられる高額な修理を受けることも可能となります。

カーコンカーリースもろコミのようにカーリース専用の任意保険を用意するカーリースサービス利用を選ぶ場合も、一般的なカーリースを利用する場合も任意保険加入は必ず行うことを強くおすすめします。

 

リース車の傷が契約満了時カーリース会社が行う査定に与える影響は?

続いて、「いくらくらい請求されるのか」という点について見てみましょう。

まず、カーリースはリース契約をする時点で「残存価格」を設定しています。
これは、リース期間が満了して返却をする際に予測されるその車両の価値のことで、「下取りに出したとしたらこれくらいになる」という予測価格です。
この残存価格は「事故や故障などもなくリース期間が満了した場合」を想定していることがほとんどですので、事故や故障、あるいは傷やヘコミなどによって”修復歴アリ”となった場合や、著しく消耗していたり傷やヘコミが多いといった場合は残存価格に満たないと判断されることもあります。
その場合、当初に設定した残存価格と実際の残存価格の差額分を支払うことになるケースが多いようです。そのため具体的に「いくら」という決まりはなく「当初の予測からいくら価値が下がったか」という基準によって決定されます。

 

もし勝手にリース車を修理をしたらどうなるの?

ごく小さな傷であったり、本当に目立たないような細かい傷など「わざわざリース会社に報告をしなくても自分や知り合いに頼んで直せる」という傷もあるかも知れません。「報告をしてしまうことで残存価格が減額されてしまうかも」といった考えも頭をよぎるかも知れません。その場合、まずは契約書を見直してみましょう。

「報告すれば契約者の負担で修理が可能」
「修理は指定の修理工場以外で行ってはいけない」
「修理すること自体は問題ないが報告の義務がある」

など、契約内容によって異なります。
特に「修理は指定の修理工場以外で行ってはいけない」場合などは、万が一返却時に修理したことが見つかると違約金などが発生するケースも考えられますし、自分で修理をする=改造とみなされてしまう可能性もゼロではありません。

 

トラブルを避けるには報告が一番!

冒頭でもお伝えしたように、リース車の所有者はリース会社ですので、返却時のトラブルを避けるためにもまずはリース会社への報告が望ましいでしょう。また、契約時に小さな傷やヘコミなどはどうするかという点も併せて確認をしておきましょう。

 

安心したカーリース契約をするなら車がもらえるカーリースがおすすめ!

一口にカーリース会社といっても、さまざまなカーリース会社が存在し、それぞれにプランや契約内容、残価設定の有無、カーリース専用任意保険の有無など異なります。

そんなカーリース会社の中でも、カーコンビニ倶楽部が提供する「カーコンカーリースもろコミ」は、残価設定なし、契約満了で車がもらえる、カーリース専用任意保険もある!という非常に魅力的なカーリースとなっています。

契約満了時に車両が貰えると言ってももろコミも走行距離制限を行っていますし、改造や事故を起こすと問題が生じますが最終的に契約者にプレゼントされる車両のため一般的なカーリースよりも安心してリース車両を利用することができるのも事実です。

カーリースを利用して自由度の高いカーライフを実現させるためにカーコンカーリースもろコミは非常に効果的なカーリースサービスだと言えるでしょう。

今回はカーリースした車に傷がついたらどうなるのか、について解説してきました。カーリースした車に傷がついた場合のペナルティはカーリース会社それぞれによって異なりますので、契約前にしっかりと契約内容を確認することや、今回の記事を参考にしながら納得・安心できるカーリース会社でリースするようにしてください!

人気カーリースを見る

 

関連する記事

自動車ローンと何が違う?知っておきたいカーリースの特長とは

カーリースが個人でも利用されつつあることをご存知でしょうか。これまでは法人向けのイメージが強かったカーリースですが、お得な月々の支払いやメンテナンスなどが必要ない手軽さから、個人でもカーリースが広がっています。 今回はカーシェアなど新たな車の乗り方も広がっている現代で、より生活に寄り添った車の乗り方を提案するカーリースの特長についてご紹介します。

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。