カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車を自分のものにすると損をする?カーリースの安さの理由と注意点

カーリースは、月額が意外と安かったりするので、車が欲しいという人は興味があるのではないでしょうか。ここでは、リース車を自分のものにすると損をするのか、カーリースの安さの理由と注意点を紹介します。

維持費が明確なカーリース

カーリースとは、利用したい人の車種や使用の希望を聞いて、リース会社が購入した新車や中古車をリース契約期間中利用希望者に貸し出すサービスのことです。レンタカーと似ているように感じますが、その違いは明確となっています。

レンタカーは基本的に、短期契約で不特定多数の方に貸し出すサービスです。カーリースの場合は長期契約により一定の期間、自分の専用車として乗り続けることが可能になります。

ナンバーもレンタカー特有のナンバーである「わナンバー」ではなく、リース車は普通のナンバーです。

また、マイカーとして車を所有すると、車検代や定期的なメンテナンス費用、自動車税など保有するためには購入後も何かと費用が必要になります。

その点、カーリースは、車自体は自分のものではないものの、月々のリース料に車検代、定期的なメンテナンス費用、自動車税が含まれているので維持費の管理が簡単です。

さらに、カーリースの場合、何度も自動車ディーラーに行って交渉する手間も省けます。

 

カーリースの月々の支払いが安い理由

月々のリース料に車検代や定期的なメンテナンス費用、自動車税などが含まれているにも関わらず、月額が意外と抑えられています。実際にリース車を利用していると、リース料以外に必要な費用はガソリン代程度です。

なぜ、カーリースの月々の支払いが安いかというと、「残価」が関係しています。「残価」とは残存価格の略で、車の場合「車両の残存価値」を示すことが多いです。

例えば、200万円で販売されている車の5年後の下取り価格が、80万円だったとします。この下取り価格の80万円が「残価」なのです。リース料は、以下のようになっているのが一般的になります。

「車両価格」-「契約満了時の車両残価」=「リース料全額」

車両価格から残価を引いた金額がリース料全額となり、これを分割で月々支払うため、月額が安くなっているのです。

つまり、先ほど例にあげた200万円の車をリースしたい場合、残価の80万を引いた120万円をリース料として月々支払うということになります。

残価を差し引いた価格を決定することを「残価設定」と言い、場合によってはローンを組むよりカーリースの方が支払額を抑えることも可能です。

 

契約期間満了時、カーリースの車を自分のものにすると損をする?

カーリースの契約期間が満了すると、以下の4つの選択ができます。

・契約が満了したリース車を返却し、新しいリース車に乗り換える
・同じリース車を継続して乗る(再リース契約)
・契約満了したリース車を買い取る
・契約満了したリース車を返却する

契約期間が満了したリース車を気に入ったら、契約内容次第では買い取りして自分のものにすることも可能です。しかし、契約期間中に支払っていたリース料には、期間中に発生した税金やメンテナンスにも、金利がかかっています。

金利の利率は、一般的なローンよりもカーリースの方が高いことがほとんどです。つまり、契約期間が満了したカーリースの車を買い取って自分のものにすると、トータルでの支払総額は現金払いやローンより高くつくということになります。

買い取りが可能な方は、ほとんどが「オープンエンド契約」です。「オープンエンド契約」は、契約期間満了時に「残価(契約時に予想した契約満了時の車の価格)」と「実際の契約満了時の車の査定価格」との差を計算します。

この差額を、オープンエンド契約である場合は支払わなければなりません。さらに、カーリースの車を買い取って自分のものにする際に、以下の費用も支払う必要があります。

・車両買い取り代金
・事務手数料
・自動車税相当額
・リサイクル料金
・消費税 など

カーリースの車を自分のものにしたい場合、満了時に備えて、まとまったお金を用意する必要があるといえます。また、わざと残価を高く設定し、月々の支払いをお得に感じるようにしているカーリース会社も存在するようです。

こういった会社と「オープンエンド契約」していると、契約期間終了時に高い差額を支払わなければならず、思わぬ出費となるリスクもあるので注意しましょう。

 

残価はあくまで予想でしかない

上記で説明したように、残価とはリース契約期間満了時の予想下取り価格のことです。中古車の価格は車種やグレードはもちろんですが、年式でも差が出ます。

契約するリース車の契約期間満了時(3年なら3年後)の年式をもとに残価設定を行うというわけです。ただし、中古車の価格には年式だけでなく、契約期間満了時の走行距離も大きく影響しますし、傷やへこみなどの車も状態も反映されます。

残価設定するときに、カーリースでは年式は3年落ちでも走行距離は10万㎞を超えているといったことがないように、月間に走行できる距離の上限を決めるなど、走行距離に制限を設けます。

また、契約期間中に傷をつけたり事故を起こしたりすると、傷やへこみを修理していても減価されるケースもあります。

見た目は新車と変わらなくても、事故車となるとまったく価値が変わってくるのです。このような条件はカーリース会社から契約前に説明されますが、突然のトラブルが原因で残価との差額を支払わなければいけなくなる場合もあるので気を付けましょう。

 

カーリース会社から買い取った車を売却して利益になることもある

カーリース会社から買い取り自分のものになった車を売却すると利益が出るケースもあります。買い取った車を高値で売りたい方は、一括査定サイトなどで査定するのがおすすめです。

一括査定サイトなどでは、1度情報を打ち込めば、複数買い取り店にその情報がいき、楽に査定を頼めるのでとても効率が良いといえます。元リース車を高く売却するコツは、とにかく車の状態を良くしておくことです。

査定をするにあたって一番望ましい車の状態は、無傷でチリ一つなく、車内が無臭なことです。車に傷がある場合は、修理してから査定に出せばそれほど金額に反映しません。

車内もクリーニングに出しキレイに整えて査定に出しましょう。リース契約期間内に買い取り・売却を決めている場合は、ペットやたばこのニオイ、芳香剤のきついニオイは避けるべきです。

今回は、リース車を自分のものにすると損をするのかどうかなど、カーリースの安さの理由と注意点についてご紹介しました。

カーリースの車を買い取って自分のものにしたいという方は、期間満了時に慌てないように必要費用を準備する必要があります。

無事買い取ることができたら、名義変更は忘れずに行ってください。売却を希望する方は一括査定で信頼できる業者を見つけるようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車のリース期間はリース会社によってどう違うの!?リース会社各社を比較してみました!

カーリースを検討している方の中には「リース期間ってどれくらいで設定すれば良いのだろう?」と迷っている方も少なくないようです。確かにリース会社によって2年、3年、5年、7年、9年など設定されているリース期間は様々で、それによってリース料金なども変わってきますので慎重に選びたいところです。今回はリース会社各社のリース期間を比較してみましたので、カーリースを検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

カーリースは電話でも契約可能?問い合わせから納車までの流れを調査!

現在では、日々の買い物、レンタカー、銀行口座の開設など、様々なサービスを電話やオンラインで利用できることが当たり前になっています。実は、カーリースも電話やオンラインでの契約が可能なのです。 今回は、電話やオンラインで契約が可能なカーリースと、その流れを解説し、実際の利用者の声もご紹介します。これから契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。

カーリースには走行距離の制限がある!リース車の契約時に確認しておくべきこと

わずかな初期費用と定額で好きな車に乗ることができるカーリースですが、そのほとんどは「走行できる距離」が決められています。どのように決められているのか?うっかりオーバーしてしまうとどうなるのか?など、今回はカーリースの走行距離について、他にも確認しておきたいポイントと併せて解説をします。