カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ワゴン車に月々リーズナブルな価格で乗るならカーリースを利用しよう!オススメのカーリース会社も併せてご紹介!

レンタカーだと選べる車種には限りがあるものの、カーリースは違います。セダンからワゴンまで、ありとあらゆる車種の中から自分の好きな車を選べます。今回は、ワゴンをカーリースするための方法や、オススメのカーリース会社の紹介をしていきます。

ワゴン車とはどんな形状のもの?

ワゴン車とは、人を運搬することを目的とした車で、乗り心地にもひと工夫されています。通常、バンと呼ばれる車よりも後部座席のクオリティーが高く、快適に乗れるのが特徴となっています。中には、ものを運ぶ事ができるワゴンもあります。

ワゴンに分類される車の中には、ワンボックスやステーションワゴン、軽ワゴンやミニバンといった車があります。これらの車は、人を運搬することもできれば、貨物を運べる場合もあります。

例えば、トヨタハイエースワゴンのような車が、ワゴンの代表的な車と言えるでしょう。一般にワゴン車と呼ばれる車は、トランクと後部座席が繋がっています。つまり、セダンやクーペといった車はワゴンではありません。

昔、車がなかった時代、ワゴンとは、馬が牽引する荷台のことを指して呼ばれていました。そのため、セダンのようにトランクと座席は分かれておらず、箱型で、人や物を運搬するために用いられてきたという歴史があります。

上で述べたように、ワゴンにはステーションワゴンも含まれます。ステーションワゴンはトヨタハイエースワゴンのように箱型ではなく、セダンと同じような車高なのが特徴です。

一見するとセダンのようですが、車両後部の形状が異なっています。カローラフィールダーやランサーセディアワゴンなどが、このステーションワゴンに分類されます。

最近は、アルファードやエルグランド、オデッセイなどのミニバンが人気ですが、これらのミニバンも形状からすると、ワゴンタイプの車に分類する事ができます。ミニバンは、天井が高く、開放感のある車内が特徴となっています。

ミニバンがあるからには、ミニではないバンがあるのかと思われるかもしれません。そのとおりで、もともとはフルサイズのバンが存在しました。ただ、日本車は少なく、シボレーエクスプレスなどの大型の外車がフルサイズのバンと呼ばれています。

人気のワゴン車の中に、軽ワゴンがあります。ホンダバモスやダイハツアトレーワゴン、またコストパフォーマンス重視型のスズキエブリイワゴンなどが、この軽ワゴン車に含まれます。軽自動車なのに乗り降りがしやすく、荷物も積みやすいのが軽ワゴン車の特徴です。

 

人気のワゴン車はコレ!

ワゴン車とはどういった車なのか、ある程度理解できたのではないでしょうか?

ワゴン車は荷物がたくさん積めるだけでなく、人が乗ってもたいへん乗り心地が良いため、人気があります。以下に、ワゴン車の中でも特に人気の車種を挙げます。

ステーションワゴンタイプは特に人気

セダンのような高級感を持ち、スタイリッシュで、それでいて実用性も高いのがステーションワゴンです。中には新車価格が160万円から170万円のものもあり、比較的購入しやすい価格帯です。

ステーションワゴンで特に人気なのが、ホンダシャトルです。エンジン排気量は1.5Lで、燃費は少なくともリッター当たり19キロです。シャトルはホンダフィットを原形としてデザインされており、内装は、収納やポケットスペースが充実しています。自動的に切り替わるハイブリッドモードで走行する事ができるので、燃費も削減する事ができます。

ミニバンタイプのワゴンで人気の車種とは

箱型のミニバンタイプは、後方座席も広々としており、大人数でのドライブ等に最適です。また、後方座席が荷台になっているミニバンなら、資材や道具などを積めるため、仕事用としても重宝します。

日産が製造・販売しているワゴン車であるNV350キャラバンは、ミニバンタイプのワゴン車で、特に人気の車種です。車内も機能的で、荷物をたくさん積めます。NV350キャラバンは、10人乗りタイプもあります。

軽ワゴン車で特にオススメの車種とは

スズキエブリイワゴンは後方座席が倒せるようになっており、スノーボードなどの大きな荷物を乗せられます。助手席も前に倒れるようになっており、サーフボードを積むこともできます。

後ろの全ての座席を倒せば、2台の自転車を積むことができ、運転席と助手席で、合計2名が乗れます。スズキエブリイワゴンにはフルフラットモードがあり、車中泊などにも対応できます。

 

ワゴン車をカーリースした場合の月々の価格はどのくらい?

人気のワゴン車は、レンタカーには少ないものの、カーリースならたくさんの車種から選べます。ワゴン車をカーリースした場合はどれくらいのコストになるのかを考えてみましょう。

カーコンカーリースもろコミでワゴン車をカーリースした場合

軽ワゴン車で人気のスズキエブリイワゴンですが、カーコンカーリースもろコミで月々税込8,316円から乗れます。カーリースできるのは、エブリイワゴンのターボスペシャルで、グレードの高いモデルになります。

オリックスカーリースでステーションワゴンをカーリースした場合

オリックスカーリースではステーションワゴンが揃っています。ステーションワゴンの代表的な存在、トヨタカローラフィールダーやホンダシャトル、また高級ステーションワゴンのスバルレヴォーグ、レガシィアウトバックなどもカーリースできます。トヨタカローラフィールダーをカーリースした場合は、3万円以下で乗り始められます。

定額ニコノリパックでカーリースした場合

定額ニコノリパックは低価格のステーションワゴンが揃っており、カローラフィールダーやシャトルハイブリッド、トヨタプリウスαが月額2万円程度からカーリースできます。なお、定額ニコノリパックでは、ホンダフリードも人気のステーションワゴンです。

 

ワゴン車をカーリースするなら!オススメのカーリース会社をご紹介

カーコンカーリースもろコミ

人気の軽ワゴン車をカーリースするなら、カーコンカーリースもろコミがオススメです。9年契約で月々8,000円(税込)からカーリースできるので、負担が少なくて済みます。上述のスズキエブリイワゴンのような軽ワゴン車だけでなく、セレナハイウェイスター、ハイエースワゴンなどの普通車のワゴンもカーリースできます。ハイエースワゴンなら、9年契約、7年契約と一律月々30,024円(税込)です。

定額ニコノリパック

ステーションワゴンのおすすめ車種が多いのが定額ニコノリパックです。頭金や車検代、取得税などのことを一切考えず、月額32,400円(税込)だけで、ホンダフリードハイブリッドに乗れます。ホンダフリードハイブリッドはリッター当たり27.2キロと燃費が良いのも特徴です。

ご紹介してきたとおり、カーリースなら、豊富なワゴン車のラインナップから選べます。ミニバンタイプのワゴン車、軽ワゴン車、ステーションワゴンなど、ライフスタイルや好みによって使い分けましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

マニュアル車で運転を楽しみたい人へ!マニュアル車をお得にカーリースする方法をご紹介

マニュアル車の数は減ってきているとはいえ、まだまだ根強い人気があります。マニュアル車は「マシーンを操作している」という実感が運転中に存分に味わうことができるため、とても楽しいものです。カーリースでも多数のマニュアル車が取り揃えてあるのは、そうしたファンが多いからだと言えるでしょう。今回は、マニュアル車のカーリースについて詳しくお伝えしていきます。

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

カーリースと残価設定ローン、それぞれどんな人が向いているの?共通点や違いなどをご紹介!

近頃CMなどでもよく耳にする“残価設定ローン”。経済的な負担を少なくしたい人には嬉しい購入方法ですが、同じく近年人気の「カーリース」とシステムが似ています。 「残価設定ローンとカーリースはどう違う?」「自分にはどちらが向いているのか?」などの疑問や悩みを持つ方に向けて、今回は両者の特徴やメリットデメリット、共通点などの解説をしたいと思います。