カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

不慮の災害でカーリースした車が被害に遭った場合はどうなる?

近年は異常気象により豪雨などの災害が増えています。また、日本は地震が頻繁に起こる国でもあります。では、不慮の災害によってカーリースで利用している車が被害に遭ってしまったらどうなるのでしょうか?

タイトルアイコン

もろコミの「リースカー専用自動車保険」ならリース車被害時も安心!

カーリースの利用でスタートさせたカーライフも不慮の災害に巻き込まれてしまうと台無しになりかねませんので、理想的なカーライフのために災害時のトラブルを効果的に保証する車両保険への加入は欠かせません。

災害によってカーリースを途中解約した場合は違約金が必要!

災害や事故などでカーリースの車が全損になり、継続使用が不可能になった場合には、カーリースの契約は強制的に解約となります。そして、解約になった場合、契約者はカーリース会社に対して違約金を支払わなければなりません。

では、カーリース契約の違約金はどれくらいの金額になるのでしょうか?

まず、残期間のリース料を全額負担しなければなりません。途中で解約になったとしても、解約後のリース料を免除してもらえる、ということはないのです。さらに、車の残価も負担することになります。残価とは、契約満了時点での車の予想査定価格のことで、契約時に設定されます。

カーリースでは、車両価格から残価をあらかじめ差し引いた上で料金を算定しますので、契約者は車両価格を全額負担する必要がありません。ただし、災害や事故などによって車が全損になってしまった場合には、車の査定価格が0円になりますから、残価分も全額違約金として負担しなければなりません。

これらの費用から、未経過費用(リース料に含まれる費用のうち、解約日までに発生しなかった税金や車検料、メンテナンス料などの合計金額)が差し引かれますが、それでも違約金はかなり高額になります。しかも、違約金は一括で支払うのが基本的なルールになっています。

例えば、7年契約で毎月の料金が3万円のカーリースが災害などで契約から2年後に中途解約になった場合には、どれくらいの違約金が発生するでしょうか?

なお、残価の設定は0円(リース料に車両価格全額が含まれている)とします。

残リース期間は5年(60カ月)ですから、負担しなければならない残りのリース料は、3万円×60カ月で180万円です。

未経過費用が30万円だとすると、違約金は180万円-30万円で150万円ということになります。この金額を一括で支払わなければならないわけですから、災害時のリスクは大きいと言えるでしょう。

※上記の金額はあくまでも一例です。わかりやすくするために計算の方法を実際よりも単純化しています。

月額料金を抑えられる残価設定は諸刃の剣!災害で被災すると残価清算が必要

契約満了時にリース車に見込める中古車としての資産価値を試算し、車両購入費用から差し引くことでリーズナブルな月額料金を実現できるのが残価設定ですが、残価設定を行うと契約満了時にカーリース会社の予想するコンディションで車両返却する必要があります。

契約者から返却されたリース車はカーリース会社の査定を受け中古車としての資産価値が設定残価を上回った場合はカーリース会社から契約者に差額が払い戻されますが、設定残価を下回った場合は違約金や追加料金が請求されます。

不慮の災害に巻き込まれリース車が被災し、被害が小さく中途解約に至らないケースでも、被災車両は中古車としての資産価値が大きく下落するのでカーリース会社の設定残価を下回ることが予想され、契約満了時に違約金や追加料金を請求される可能性が高くなります。

残価設定はリーズナブルな月額料金の実現には非常に効果的なシステムだと言えますが、リース車が災害などの不慮のトラブルに巻き込まれた際に契約者は少なからぬ経済的負担を強いられる結果に繋がる「諸刃の剣」のような存在だと言えるでしょう。

残価設定で月額料金を抑えたカーリース契約で被災し解約すると高額請求が生じる

既にふれたとおり残価設定は、リース契約満了時のリース車に見込める中古車としての資産価値を試算し車両購入費用から差し引くことでリーズナブルな月額料金を実現するシステムです。

仮に車両価格が300万円の車両を残価設定額120万円でリース契約した場合は車両購入費用は180万円として月額料金が算定されますが、不慮の災害に巻き込まれカーリース契約を中途解約する際は車両購入費用を正規料金300万円で計算した精算額が請求されます。

正規料金の車両購入費用300万円に諸経費が加算され、経過年数に応じた支払額が差し引かれた金額が精算額となるので、無事契約期間満了することを前提としたカーリース契約時の車両価格よりも残価設定分が加算されるので中途契約時には想定外の高額請求を受けるのが一般的です。

 

車両維持費用の直接負担が不要なメンテンナンスリースに付帯するのは自賠責保険

カーリースの料金に含まれる保険は自賠責保険のみ!

車両維持費用を利用者が直接負担しなくてよいお得なリースプランとして、個人向けカーリースの契約者の多くが選択しているのが月額料金に登録費用や諸税を含む車両購入費用や契約期間中の主な車両維持費用などが含まれるメンテンスリースです。

メンテナンスリース契約を結ぶと契約期間中の自動車諸税や自賠責保険料、車検基本料金や法定・一般点検費用、油脂類やタイヤ・バッテリーなどの消耗品交換に関する費用などが月額料金に含まれますが、不慮の災害に巻き込まれた際に必要な保険は含まれていません。

メンテンスリースは契約者が車両維持費用を直接負担することなくリース車を利用できる魅力的な契約内容が用意されていますが、リース車が不慮の災害に巻き込まれた際に効力を発揮する任意保険は基本的に契約者が直接加入する必要があります。

自賠責保険は被害者救済を目的とした保険!災害で被災した車両は補償対象外

記述のとおりメンテンスリースの契約内容に含まれる保険は、リース車で人身事故を起こしてしまった際に被害者を救済するために使用される自賠責保険のみで、残念ながら不慮の災害に巻き込まれたリース車の修理は自賠責保険の補償範囲の対象外となっています。

不慮の災害にリース車が巻き込まれた場合の補償は任意保険で受けることができるので、購入での車両調達同様にカーリースを利用する場合も任意保険への加入が必要となります。

任意保険は対人・対物・車両と補償範囲や補償額を選ぶことができ、任意保険に加入していても補償範囲に車両が含まれていなければ不慮の災害に巻き込まれた際のリース車の修理費用は自己負担となるので、任意保険は対人・対物・車両が保証される保険に加入する必要があります。

被災車両の補償を受けるためには車両保険への加入が必須条件となる

自賠責保険は事故を起こした加害者側の補償も対象外となっているなど補償範囲が非常に限定的であり、満足できる補償額も期待できないのでリース車のハンドルを握る際は任意保険への加入が必要だと言えます。

任意保険に加入するとカーリースの月額料金以外に出費が増えますが、不慮の災害などのトラブルに巻き込まれた際に生じる経済的負担が補償されるので車両保険を含む任意保険への加入はカーリース利用時の絶対条件だと捉えるべきでしょう。

 

カーリースでは災害リスクに備えて任意保険への加入を!

前述の通り、災害などでカーリースが解約になった場合、高額な違約金を支払わなければならなくなりますから、災害リスクに備えて任意保険に加入しておくことは非常に重要です。

ただし、任意保険と言っても、損害賠償保険と傷害保険だけでは、自分の車が受けた損害に関しては補償してもらえませんので、車両保険も付けることが必要です。車両保険は、カーリースの違約金全額を補償するものではないものの、車が受けた損害は補償してくれますので、災害リスクへの備えになります。

カーリース会社によっては、リース料に任意保険料を組み込むことができたり、カーリース専用の保険を用意したりしているところもあります。契約前によく確認しましょう。

カーコンカーリースもろコミではリース車専用の保険を取り扱っている

カーリースを利用して手に入れた車に対する経済的プロテクトとして任意保険の加入は必須条件だと言えますが、非常に多くの保険会社からさまざまな自動車保険がリリースされているので「どの保険に加入するのが最も効果的なのか?」を判断するのが困難であるのも事実です。

新車リースプランの「もろコミ7」と「もろコミ9」、中古車リースプランの「もろコミ中古車リース」でお得なカーライフ実現のバックアップを行うカーコンカーリースもろコミでは「リースカー専用 自動車保険」の取扱いも行っています。

カーコンカーリースもろコミでお得に手に入れた理想のクルマをしっかりプロテクトする任意保険への加入をカーリース契約の際同時に行えるので、「どの保険が効果的なのか?」と悩む場合はもろコミの「リースカー専用 自動車保険」への加入を視野に入れるのも良いのではないでしょうか?

 

車両保険ではどのような災害が補償される?

車両保険に入っておくと、災害で生じた車の損害額から免責金額(自己負担額)を引いた金額が、保険金として支払われます。車が全損になった場合は、免責金額は引かれず、保険金額の全額が支払われます。ただし、保険金額以上のお金が支払われることはありません。

例えば、保険金額が150万円、免責金額が10万円に設定されている車両保険では、災害で生じた車の損害の修理費が50万円の場合、免責金額10万円を差し引いた40万円が保険金として支払われます。

もし、修理費が200万円の場合、保険金額を超えるため全損扱いとなり、免責金額は引かれずに保険金額全額の150万円が支払われることになります。なお、災害で車両保険を使用した場合も、翌年から保険の等級がダウンすることになります。

では、車両保険では、どんな災害で、どんな損害を補償してもらえるのでしょうか?

災害別に具体的な事例をご紹介します。

台風

・車がガード下の冠水で水没してしまった。
・車が機械式駐車場ごと水没してしまった。
・強風により近所の店の看板が飛んできて車に傷がついてしまった。
・暴風により近所の家の屋根瓦が飛んできて車にへこみができてしまった。
・暴風で車の上に駐車場の木が倒れてきて損傷してしまった。
・車が突風にあおられて横転してしまった。
・車が豪雨による土砂崩れに巻き込まれてしまった。

大雨や洪水

・車がガード下の冠水で水没してしまった。
・車が機械式駐車場ごと水没してしまった。
・車が豪雨による土砂崩れに巻き込まれてしまった。
・河川が氾濫し車が水没してしまった。

大雪やひょう

・積もった雪の重みで車の屋根がへこんでしまった。
・車が雪で潰れたカーポートの下敷きになって損傷してしまった。
・車が雪崩に巻き込まれてしまった。
・ひょう、あられが当たって車のボンネットや屋根がへこんでしまった。
・ひょう、あられが当たって車のフロントガラスが割れてしまった。

地震

・地震で落ちてきた屋根瓦で車に傷が付いてしまった。
・車が倒壊した建物の下敷きになってしまった。
・車が津波により浸水してしまった。
・車が地震による土砂崩れに巻き込まれてしまった。

しかしながら、地震によって直接生じた車の損害は、車両保険では補償されません。地震は非常に大きな損害を一度に発生させる可能性があり、適切な保険料を設定するのが難しいからです。

ただ、自動車保険会社によっては、「地震、噴火、津波車両特約」、「地震、噴火、津波危険車両全損時一時金」といった特約を用意しており、地震によって生じた損害の一部を補償してもらうことができます。これは、地震によって車に所定の損害が生じた場合に一定の金額(50万円など)が支払われる特約です。

車両保険では修理費用として実費から免責金額を引いた金額が支払われますが、この特約では実費ではなく一定の金額が支払われます。ですから、この特約で車の損害額すべてをカバーしてもらえることはありません。

しかし、特約で支払われるお金は、必ずしも車の修理費用に使う必要はなく、カーリースの違約金の支払いや新しく車を購入するための費用、災害時に必要となる諸々の生活資金などに充てることもできるというメリットがあります。

この特約は、年間で数千円を追加で支払うことで自動車保険にセットすることが可能です。地震という災害に備えるためにも、利用を検討する価値があると言えるでしょう。

以上が、車両保険で補償してもらえる(もしくは補償してもらえない)災害の具体例になります。是非車両保険に加入して、災害のリスクに備えるようにしましょう。そうすることで、安心してカーリースのサービスを利用することができるのです。

人気カーリースを見る

関連する記事

オリックスカーリースともろコミはどっちがお得?評判やサービス内容の違いとは

希望する車種を月々の定額料金でお得に利用できる自動車のサブスクリプションサービスとしてカーリースに対する注目が高まるなかで、多くの企業がカーリースサービスの提供を開始しています。 数あるカーリースサービスのなかでも特に人気が高いと言えるオリックス自動車が提供するオリックスカーリースとカーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミに注目し、提供されるサービスの内容や評判などを紹介します。

リース車の改造はどこまでOK!?残クレの存在で違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。

カーリースと割賦(かっぷ)は同じもの?カーリース・レンタル・割賦の違いを解説!

マイカー購入とレンタルの違いは分かるけれど、カーリースと割賦(かっぷ)の違いとなると、はっきりと説明できない方もいます。この記事では、カーリースとレンタル、割賦の違いを詳しく説明します。違いを見極めて、ご自分にふさわしい利用方法を見つけましょう!

困ったときに知っておきたい!パンクやすり減りなどカーリース中のタイヤ問題について

車の生命線とも言える大事な部品のタイヤは、消耗品ですので定期的に交換することが不可欠です。また、寿命が来ていなくても、鋭利なものが刺さったりしてパンクしてしまうこともあります。では、カーリースの車でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が必要になったときにはどうしたらいいのでしょうか?