カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

主婦でもカーリースの契約はできる?カーリースの魅力とともにご紹介

個人向けのカーリースは幅広い年齢や職業の人に利用されており、主婦からの人気も集めています。今回は、カーリースが主婦にも人気な理由について、徹底的に解説します!

主婦でもカーリースの契約はできる?

主婦の方でカーリースを利用したいと思う人はたくさんいます。

例えば、「子供が幼稚園に入園するので送迎用に車が欲しいと思った。でも、子供が卒園したら車は不要になるかもしれないのでカーリースを利用した」という主婦の方や「家にある車は夫が通勤で使っているので自分専用にもう一台欲しかった。でも車を2台所有するのは経済的な負担が大きいのでカーリースを利用してみた」という主婦の方がいます。

また「カーリースを利用してから子供の送迎だけでなく、買い物やドライブなどにも使えて行動範囲がとても広がった」という主婦の声もあります。

しかし、そこで不安になるのが、主婦でもカーリースの契約をすることができるのかということです。

結論としては、主婦でもカーリースの契約をすることは可能です。

ただし、その場合は安定した収入を持つ連帯保証人をつける必要があります。夫や親など事前に誰に保証人を頼むか決めておくことが良いでしょう。

また、最近では専業主婦であっても保証人がいなくても契約をできるケースもあります。どうしても保証人を立てられないという方は、保証人を持たなくても契約できる業者を探してみましょう。

 

カーリースが主婦にも人気な理由とは?

では、カーリースには具体的にどのような魅力があるのでしょうか?

・車のメンテナンスをカーリース会社にお任せできる

カーリースの月々の料金には「各種税金」「自賠責保険料」「車検費用」「点検・整備費用」「消耗品交換費用」などがコミコミとなっていることが多いです。

つまり、車の維持や管理をカーリース業者が代行してくれるということです。車にあまり詳しくない主婦やメカに弱い主婦、車のメンテナンスが苦手な主婦も多いでしょうから、これはとても助かりますね。

・費用を抑えられる

カーリースの料金は「車両本体価格」から「契約終了時の車両の予想残存価格(残価)」をマイナスした金額を元に設定され、「残価」があらかじめ差し引かれる分お手頃な料金で車を利用することができます。

さらに、カーリースは「頭金」を支払う必要がないため、ローン購入と比べると初期費用も抑えることができます。新たに車を購入するとなると経済的な負担から夫は賛成しないかもしれません。でも「カーリースなら」と夫に同意してもらえたという主婦も少なくないようです。

・月々の支払いが安定する

カーリースの場合、毎月のリース料金を支払っていれば、他に必要になるのは「駐車場代」と「ガソリン代」程度になりますから、月々の車にかかる出費が安定します。家計のやり繰りをする主婦にとってこれは大きな助けになるでしょう。家計の支出の計画を立てるのが非常に容易になります。

・車の乗り換えが容易

これからどんどんと大きく成長していく子供を持つ主婦の方、子供が増えるかもしれない主婦の方は、ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り換えることが必要になるかもしれません。

カーリースであれば契約期間が終了するごとに新しく別の車をリースすることができますから、車の乗り換えを容易にすることができます。これも主婦たちにとって大きなメリットと言えるでしょう。

・改造制限も主婦なら問題ないかも

ここで取り上げるのは、カーリースの魅力というよりは、カーリースのデメリットの1つが主婦の場合には当てはまらないことが多いという話です。

カーリースの場合、車に好き勝手に改造やカスタマイズを加えることはできません。車に手を加える場合は、原状回復可能な範囲で行なわなければならず、車をいろいろと自分好みにいじりたい人にとってデメリットとなります。

しかしながら、主婦の中で車の改造に興味がある人はあまり多くないでしょう(もちろんこれは一般論で、改造好きの主婦もいるかもしれません)。そのため、主婦の方にとって改造の制限はデメリットとはならない場合が多いです。

 

主婦にも人気!おすすめのカーリース業者!

コスモスマートビークル(コスモ石油)

「コスモスマートビークル」では、自分のライフスタイルに合わせて「メンテナンスパック」「走行距離制限」「リース期間」「頭金の有無」「ボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定することができます。

メンテナンスプランには、充実している順番に「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3種類があります。

「ゴールドパック」を選ぶと、リース料金に「車両代」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」「定期点検費用」だけではなく「オイル交換費用」「タイヤ交換費用」「バッテリー交換費用」「その他の消耗品の交換費用」がコミコミとなります。

メンテナンス関係をすべて業者にお任せしたい主婦の方にはピッタリのプランと言えます。ただし、サービスが充実している分、「シルバーパック」や「ホワイトパック」よりもリース料金が割高になりますので、注意して下さい。

走行距離は1か月あたり500km以内・1,000km以内・1,500km以内から、リース期間は3年・5年・7年から選んで設定します。頭金は0円・10万円・30万円・50万円から、ボーナス払いは0円・3万円・5万円から選ぶことができます。

もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

「もろコミ」は「残価設定なし」の「クローズドエンドリース方式」を採用しています。簡単に言えば、契約期間終了時の清算がないということです。

一般的な個人向けのカーリースでは、返却車両の査定が行なわれ、車の状態によっては清算金が発生するため、最初に設定した「残価」と実際の「査定額」に差が生じた場合に差額を支払わなければならないケースがあります。しかし、「もろコミ」の場合にはそのような心配はありません。

しかも、契約終了時に車をもらうことができます。「車のコンディションについてあれこれと心配したくない」という主婦の方、「最初はメンテナンスを業者にお任せできる形で車を利用したいが、最終的には車を自分の物にしたい」という主婦の方にとっては最良のシステムと言えるでしょう。

リース料金には「車両代」「各種税金」「自賠責保険料」などが含まれています。さらに、契約期間中の「車検基本料金」と「印紙代」が無料になるクーポンが特典で付きます。

軽自動車には月々2,700円で「メンテナンスパック」を付けることができます。「オイル類の交換」「タイヤ交換」「バッテリー交換」「消耗部品の交換」などをしてもらえますので、主婦の方も安心できますね。

契約期間は、7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つから選ぶことができます。どちらのプランも契約期間終了の2年前から自由に車の乗り換えや返却(中途解約)ができ、一般的なカーリースは中途解約ができませんから、これは大きなメリットと言えます。

契約期間満了まで車を利用する場合には走行距離に制限がありませんが、中途解約する場合には1か月あたり2,000kmまでという設定になっています。

さらに、残価設定なしの「もろコミ」以外にも、2018326日より残価設定ありの「もろコミ+」も提供されるため、選択の幅が一層増えることでしょう。

 

まとめ

今回は、主婦にも人気なカーリースの魅力とおすすめの業者をご紹介しました。今の時代、車を利用する方法は「購入」だけではなく、「リース」するのも1つの選択肢なのです。

しかも同じカーリースの中にも様々な契約プランがありますから、自分のライフスタイルに合わせてサービスを選ぶことができます。カーリースはこれから主婦の間でも人気を集めていくことでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

半年だけ車に乗りたい!そんな時は短期のカーリースを利用しよう

カーリースは契約期間が5年間や7年間などの長期に渡るのが一般的でしたが、近年は短期の契約期間のサービスを提供しているカーリース業者も増えてきました。短期のカーリースですと、1年単位、半年単位、1か月間単位などで契約できます。「短い間だけ車を利用したい」という人にピッタリのサービスです。ここでは半年などの短期で契約できるカーリースサービスについて徹底解説したいと思います!

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

カーリースするならバックモニター付きがおすすめ!安全確認で未然に事故を防ぐ!

近年、ニュースなどで取り上げられるようになりドライブレコーダーが注目されていますが、今回解説するバックモニターも、安全確認や事故を未然に防ぐという点において重要な装置です。この記事では、バックモニター付きのカーリースを選ぶメリットや、バックモニターを取り付ける際の注意点をお伝えし、最後にバックモニターが装備可能なおすすめのカーリースを紹介します。