カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

乗り換えたい、リース料が厳しい…!こんな時、カーリースした車を売却することはできるの?

カーリースの契約の途中で、別の車に乗り換えたくなった時やリース料を支払うのが難しくなった場合、カーリースした車を売却することはできるのでしょうか?

カーリースの基本的な仕組みを知っておこう

まず、カーリースの基本的な仕組みをおさらいしておきましょう。

カーリースは、毎月のリース料を支払うことでカーリース会社から定められた期間車を貸し出してもらえるサービスで、契約者が選んだ車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出すという仕組みになっています。レンタカーのように在庫の中から車を選ぶわけではありませんので、さまざまなメーカーや車種から自由に車を選択できますし、カーナビなどのオプションを付けることもできます。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年、9年などの長期間に及び、リース車は契約者が自分だけで利用していきますので(カーシェアのように複数の人で共有するわけではない)、まるでマイカーのような感覚で車を楽しんでいくことが可能です。ただし、リース車の所有権はあくまでもカーリース会社にあります。事実、車検証の所有者欄にはカーリース会社の名前が記載されます。契約者の名前は使用者欄に載ることになります。

個人向けのカーリースサービスでは、毎月のリース料に車両代だけではなく、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料が含まれていることが多いです。さらに、オプションとしてメンテナンスパックを付けることでオイル類や消耗部品の交換などもサービス内容に含めることができます。

このように、カーリースでは車両代以外の諸々の費用が毎月定額のリース料に含まれますので、車に関係する支払いがフラットになり、家計の管理がしやすいということで人気を集めています。

また、税金の支払い、車検、メンテナンスなどの車の維持管理をカーリース会社にお任せできますので、面倒な手間がかかりませんし、車にあまり詳しくない方でも安心して利用することが可能です。

多くの場合、カーリースの契約には「残価設定」があります。残価設定とは、契約満了時点での車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ設定し、その金額を車両価格から差し引いてリース料を算定することです。

つまり、カーリースの契約者は車両価格全額を負担するわけではありません。結果として、リース料に車両代以外の諸々の費用が含まれる(上乗せされる)としても、月々の支払いは無理のないリーズナブルな価格に抑えることができるのです。

カーリースの契約は残価設定の方法により、下記のオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類に分けられます。

オープンエンド方式

残価をあらかじめ契約者に明示して、契約満了時に車両の実際の査定価格との間に差額が生じた場合にそれを精算する方式です。査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられますが、下回った場合には不足分を負担しなければなりません。

クローズドエンド方式

残価を契約者に明示せず、契約満了時に差額精算を実施しない方式です。ただし、傷や凹みなどの修理で原状回復費用がかかる場合や、走行距離制限を超えていた場合には追加料金を請求されます。

カーリースの契約が満了した時には、下記の選択肢が契約者に与えられるのが一般的です。

・車を返却してリースを終了する
・車を返却して別の車をリースする
・リースを延長する(※契約によっては不可)
・残価で車を買い取る(※オープンエンド方式のみ)

 

カーリースした車を売却することは可能?

では、カーリースした車を売却することはできるのでしょうか?

前の項目でご説明した通り、リース車の所有権はカーリース会社にあります。そのため、車を勝手に他の人に売却したり、下取りに出したりすることはできません。もしも売却などをしてしまうと、刑法上「横領罪」に問われることになってしまいますし、カーリース会社が法的措置を取ったり、「罰則金」として追加料金を請求されたりする可能性があります。

 

カーリースした車を売却したい場合は、まず買い取る!

カーリースの車の売却は基本的にNGですが、「事情があってどうしても売却したい」という場合に、車を売却する方法はないのでしょうか?

結論から言いますと、売却する方法はあります。契約者がカーリース会社から車を買い取って所有権を自分に移せば売却が可能になるのです。しかし、この方法を取れるかどうかはカーリース会社や契約プランによって異なります。

クローズドエンド方式の場合、基本的に車の買い取りはできません。オープンエンド方式の契約の場合、契約満了時に残価で車を買い取れるだけではなく、契約途中でも残価と残期間分のリース料を支払うことで車の買い取りができる可能性があります。ただし、必ず買い取れるわけではありませんので、カーリース会社に問い合わせることが必要です。

まとめると、カーリースした車を売却する場合の流れは下記の通りです。

1 カーリース会社に車の買い取りが可能かどうかを確認する

2 残価と残期間分のリース料を支払って、車を買い取る

3 車の所有権を自分の名義に移す

4 車を売却する

 

カーリースしていた車をより高く売却するためのポイントは?

カーリースしていた車を買い取ってから売却することになった場合、少しでも高い値段で売却したいですよね?そこで、車をより高く売却するためのポイントを下記でご紹介したいと思います。

1 車の印象を良くしておく

車内を掃除および消臭したり、洗車したりすることで、査定士に好印象を与えることが大切です。よほど汚かった場合を除いて掃除や洗車が直接査定額を上げることはありませんが、査定士も人間ですので、良い印象を与えることによって間接的に査定額のアップにつながります。普段しないワックス掛けなど、過度なことをする必要はありませんが、少しでも高値で売却したいのであれば、車を綺麗な状態にしてから査定に出すようにしましょう。

2 修理が必要か見極める

ボディの傷や凹みは当然査定ダウンにつながります。ただし、小さな傷や凹みを修理すると、修理費用が査定額の下がる分よりも高額になってしまうことが多々ありますので、そのまま査定に出した方が良いかもしれません。大きな傷や凹みに絞り、修理費用と査定額への影響を照らし合わせて、修理した方が良いかを見極めましょう。

3 複数の買い取り業者で査定をしてもらう

世の中にはたくさんの中古車買い取り業者があり、業者によって査定額が異なります。同じ車でも同じ査定額になるとは限らないのです。ですから、一つの業者だけに査定してもらって売却するのは得策ではないでしょう。

インターネット上には、車の情報を入力しただけで複数の業者の概算の査定額を一括で確認できるサイトもありますので、そうしたツールを活用できます。ただし、ネット上で確認できる査定額はあくまでも概算ですので、オンライン査定でいくつかの業者に絞った後に実車査定をしてもらい、一番高い査定額を提示してくれた業者に売却するようにしましょう。

これらの方法により、カーリースしていた車をより高く売却できます。是非、実践してみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

ワゴン車に月々リーズナブルな価格で乗るならカーリースを利用しよう!オススメのカーリース会社も併せてご紹介!

レンタカーだと選べる車種には限りがあるものの、カーリースは違います。セダンからワゴンまで、ありとあらゆる車種の中から自分の好きな車を選べます。今回は、ワゴンをカーリースするための方法や、オススメのカーリース会社の紹介をしていきます。

たった1か月から利用できる短期のカーリース特集!

現在、「カーリース」というサービスが人気を呼んでいます。カーリースとは、月々のリース料を支払うことによってリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。レンタカーの長期バージョンだと考えてもらってもいいと思います。 リースの契約期間の長さは、一般的には3年間とか5年間など、数年に及びます。ただ、短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。1年単位もしくは数か月間単位、中には1か月単位で契約できる業者もあります。ちょっとの間だけ車が必要という人にとってはとても便利なサービスと言えるでしょう。 ここでは、短期のカーリースについて詳しく解説したいと思います。

ガソリンスタンドで有名な “出光”のカーリース、どんなメリットがある?サービス内容や申込みの流れなどをご紹介!

出光といえばガソリンスタンドのイメージが強いですが、カーリース事業を展開していることを知っていましたか。出光のカーリースでは、ガソリンスタンド事業の強みを活かしたメリットがあり、その他にも、様々なメリットが盛りだくさんになっています。今回は出光のカーリースのサービス内容や、納車までの流れなどを紹介していきます。