カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

今人気のカーリース、初めての人も安心して利用できる秘密を大公開!

人によってはお得に車を利用することができる「カーリース」ですが、いまいち聞きなれない分、どのような契約なのか、知らない部分も多いかと思います。そこで今回は、初めての人でも安心して利用できる人気のカーリースについて解説していきます。カーリースについて、少し気になっているという方は、ぜひチェックしてみてください。

初めての人でもわかりやすい!カーリースの知っておきたいポイントをご紹介

そもそも「カーリース」という言葉自体、初めて聞いたという人もいるかと思います。これまで車を利用するためには、直接購入したり、レンタカーやカーシェアなどのサービスを利用したりといった方法が一般的でした。

「カーリース」は、もともとは企業が営業車などを利用するために、行うリース契約に端を発しているサービスでした。そのため、個人向けのカーリースに関しては、あまり行われていませんでした。

近年、需要の変化なども背景となって個人向けのカーリースが登場し、人気を集めています。まずは、「カーリース」について基本的な知識をまとめていきましょう。

① 「カーリース」とは

カーリースは、ユーザーが乗りたいと思う車を選択し、カーリース会社と契約を結びます。契約時に決めるのは、車の仕様やグレードはもちろんのこと、使用期間なども併せて決め、ユーザーは月額で利用料を支払うことで、車を利用することができます。

なお、「レンタカー」では、利用する度にレンタカー会社と契約を結んで、配車してもらった車を利用します。一方、「カーシェア」では1台の車を複数のユーザーでシェアしながら利用します。

「カーリース」は、「レンタカー」「カーシェア」と同じように、車を購入するという形態ではありません。ただ、リース契約を結んだ車は、契約期間中は自由に使うことができますし、ユーザーにとって自分だけの専用車として利用できます。

車に乗るたびに契約を結ぶのが面倒くさいという方や、使う車に関しては自分だけで使いたいという人には、おすすめの利用方法ですね。

② 「カーリース」のメリットは?

カーリースについて、その他の利用方法との違いが理解できたかと思います。ここでは、カーリースならではのメリットを紹介していきます。

自分の好きな車に乗れる

「レンタカー」や「カーシェア」の場合、会社が用意した車を利用するという形態です。具体的に選ぶことができるのは、車種ぐらいのもので、中々自分の好みにぴったり合った1台を選ぶことは難しいでしょう。

「カーリース」の場合は、購入と同じような感覚で、自由に車を選んでリース契約を結ぶことができます。カーリース会社は、新車をディーラーから直接買い付けたり、リース用に車を大量に入荷していたりすることもあるので、その中から好きな車や、オプションについても自由に選べます。

利用料がわかりやすい

カーリースで気になるのが、月額の利用料の中に何が含まれているのかについてですよね。カーリースは月額に支払う利用料に、車を利用するときにかかる諸費用がほとんど含まれている場合が多いです。

カーリースで車を利用する場合、利用料の中に、車検費用・定期点検費用・登録諸費用・自動車取得税・自動車税・自動車重量税・自賠責保険料などの費用が含まれています。自分で支払うのは、月額料金とガソリン代ぐらいのものでしょう。なお、車検や点検の費用は別途自分で支払うプランもあります。

車を利用するのに、これだけ利用料金がわかりやすいのは、とても便利ですよね。また、月額の利用料が一定なので、急な出費に困らされることもありません。

リース契約の自由度が高い

カーリースでは、リース契約の期間や、利用する車のグレード、オプションなどかなり自由に決めることができます。また、契約期間が終了した後も、「違う車に乗り換える」「継続して利用する」「購入する」「清算して返却」など自由に選択することが可能です。

カーリースは、自分の生活スタイルやライフプランに応じて、自分に合った車をその都度利用することができる契約形態であると言えます。

 

初めてのカーリースだからこそ、気をつけたい注意点とは?

ここまで、カーリースの良い部分を書いてきましたが、だからといって全ての人にメリットがあるというわけではありません。何事にもデメリットや注意点はありますので、そういった部分も確認したうえで、利用を検討したほうがいいでしょう。

ここでは、初めてカーリースを利用する人がチェックしておきたい注意点を紹介します。

①  残価設定について

カーリースには、「残価設定」というものがあります。この言葉の意味を知っておかないと、思わぬ落とし穴にはまる可能性があるので要注意です。カーリースでは、使用期間に応じて、車両価格の一部を残価として設定します。この車両価格から残価を引いた額を、契約期間で分割払いをするというイメージになります。

残価設定について、カーリース会社はできるだけ安い金額を設定する場合が多いです。理由としては、ユーザーの使い方、扱い方を懸念しているからです。

そのため、残価設定が安いリース契約を結んでしまうと、月額料金が高くついてしまうことがあります。場合によっては、新車を購入して、一定期間利用してから下取りに出した方がお得な場合もあります。

②  丁寧に乗らなければいけない

先ほど紹介した残価設定についてですが、これはあくまで目安でしかありません。ユーザーが予想を超える使い方をした場合、返却時に違約金が発生することがあります。

車内の汚れや、傷などが残っていた場合、返却時に追加でお金を支払わなくてならなくなるので、カーリースでは、車をより丁寧に扱わなければならなくなります。

 

初めてカーリースするなら、オススメのカーリース会社をご紹介!

ここまで読んで、自分もカーリースを利用してみようと考えている人も多いかと思います。ここでは、初めてのカーリースにおすすめのカーリース会社を紹介します。

① ORIXカーリース

大手が手掛ける個人向けカーリースであるORIXカーリースは、初めて利用する人でも、とてもわかりやすい説明を受けることができます。

HPでは、カーリースを利用するまでの流れをわかりやすく説明してくれるので、誰でも簡単にカーリースの仕組みを理解することが可能です。大手企業でもあるので、利用できる車のラインナップも幅広く、様々なニーズに応えたサービスを提供しています。

https://www.carlease-online.jp/index.html

② カーコンカーリースもろコミ

月額(税込)8,000円代から利用できるリーズナブルなカーリースが特長の会社です。社会人になりたてで車が必要になった人や、急に車が必要な生活になった人にとてもおすすめです。人気の車種もラインナップされていますし、カーリースに関する説明やコラムも充実していますので、具体的に自分がカーリースを利用するイメージを持つことができます。

https://morokomi.carcon.co.jp/

③ 出光のカーリース オートフラット

人気の車種が選べたり、リーズナブルな利用料金で利用できたりすることが魅力の出光のカーリースサービスであるオートフラット。中でも、3つの契約プランから選ぶことができるというのがうれしいですね。

主には、メンテナンスにかかる料金をどれくらい含めるかによって契約が異なるのですが、車の利用頻度によって料金を抑えることができるので便利です。

https://www.idemitsu-autoflat.com/

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの仕組みやメリット・デメリットなど、知っておきたい情報の解説まとめ!

カーリースという言葉を聞いたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。一方で、実際にカーリースがどのようなものか知っている人、今まさに利用している人となるとぐっとその数は少なくなるものと考えられます。 今回は、カーリースの仕組みや料金がどうなっているのか、メリットやデメリットなど、特徴をまとめてご紹介します。これから車を持ちたいと考えている人は購入だけでなく、カーリースも選択肢の1つになるので、ぜひ参考にしてみてください。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

リース車の改造はどこまでOK!?違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。