カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

介護のためにカーリースを検討している方へ!介護用車両を扱っているカーリース会社をご紹介

個人向けカーリースは、新車に乗りたい方に対してのみならず、介護に車を利用したいと考えている方にとっても便利です。この記事では、介護に便利な、介護用車両を扱っているカーリース会社をご紹介します。

カーリースはどんな人に向いているサービス?

カーリースに向いている方の特徴として1つ目に挙げられるのが、頭金を払うのが難しい方です。価格の高い新車をローン購入するとなると、頭金を払うためにまとまったお金が必要になります。カーリースでは、基本的に頭金を払う必要がないため、まとまったお金がなくても大丈夫です。

また、残価設定ができるというのが、2つ目の特徴です。残価設定をする事により、月々の支払額を低く設定できます。契約満了後には、別の新車に乗り換えるか、カーリース会社に返却するかを選択できます。このように、マイカーローンの月々の支払いが厳しいという方にもカーリースはオススメです。

メンテナンスが苦手な方にもカーリースが向いています。車はメンテナンスが命です。例えば、オイル交換を定期的に行っていれば10万キロ、20万キロと走るはずの車でも「オイル交換を怠ったために、エンジンが壊れてしまった」などという事があり得ます。

カーリースの場合は、カーリース料金にメンテナンス費用を含める事ができるため、「メンテナンス費用を払っているので、オイル交換などのメンテナンスサービスを利用しないともったいない」というように、メンテナンスの必要性を自覚しやすいといったメリットもあります。

また、定期的に新車に乗り換えたいという方にもオススメです。

カーリースには5年契約があり、2年経てば新車に乗り換える事ができるカーリースもあります。2年経てば新しいモデルも発売されるため、乗り換えにはちょうどいいタイミングと言えるでしょう。オリックスカーリースの「いまのりくん」は、2年経ったら乗り換え、返却ができるカーリースの代表的な例です。

メンテナンスが自分で行えない方や、誰かに任せるのが怖いという方にも、カーリースは向いていると言えます。カーコンカーリースもろコミのサービスを提供する、カーコンビニ倶楽部株式会社は、修理・メンテナンスや、パーツ交換・取り付けなど、プロのサービスも提供しています。

また、一部のカーリースは一般の車両だけでなく、介護用の介護車両も提供しています。高齢者の世話などで車椅子のまま乗せたい場合、スローパー車両やリフトアップ車両をリースできます。椅子が動く車両や、手摺り付き車両もカーリースできます。

 

カーリースでは介護に必要な介護車両の取り扱いもあり!

カーコンカーリースもろコミやスマイルカーリースといったカーリース会社は、介護に便利な介護車両を提供しています。

カーコンカーリースもろコミの介護車両

カーコンカーリースもろコミでカーリースできる介護車両に、タントスローパーL 介護車両 フレンドシップシリーズがあります。後部座席を前に倒す事ができ、スロープにより、車椅子に乗ったままで乗車できます。

この特別仕様のタントは、両側のドアが大きく開くようになっており、高齢者を介護するヘルパーさんが乗り降りしやすいようになっています。また、車椅子仕様車専用のバイザーやマットなどのカーアクセサリーもセットです。

車両本体価格は149万円(非課税)ですが、9年リース「もろコミ9」の108回払いなら、月々10,000円(税込)からカーリースできます。年金生活を送っている高齢者にとって、月々の負担額が小さい事はメリットですよね。

スマイルカーリースの介護車両は豊富

スマイルカーリースの福祉・介護車両はバリエーションが豊富で、スローパー車両やリフトアップ車両、手摺り装備車両があります。小回りのきく軽自動車から、セレナやハイエースなどのミニバンタイプまで利用できます。

スローパー車両は、車椅子に乗っている高齢者が、自分でスロープを上がれる場合に便利です。しかしながら、高齢者によっては、スロープを自力で上がる事ができない場合もあります。また、ヘルパーさんの腕力が足りない場合だと、後ろから車椅子を押すのも大変です。

上記のように、スローパー車両が大変だという方は、リフトアップ車両がオススメです。リフトアップ車両は、車椅子をリフトアップ台まで移動すれば、後は自動で車に乗せられます。介護者の腕力が足りない場合や、1日に何度も乗り降りする場合に利用できます。

なお、車椅子に乗るほどでもないものの、足腰が弱いので、車の乗り降りが大変だという場合は、シートが動く車両も用意されています。

助手席が回転するタイプもあれば、後部座席が外に出るような仕様になっているものもあり、高級ミニバン、エルグランドやアルファードのリフトアップシート仕様もあります。

その他、高齢者の送迎に特化した福祉・介護車両も存在します。手摺りがあるだけで、転倒などの事故も防げるため、乗り降りが大変な高齢者にとっては必要不可欠な仕様と言えます。一例として、トヨタ ハイエースワゴン ウェルジョインは月額42,800(税抜)からカーリースできます。

 

介護車のカーリース利用がオススメの理由

介護車両をカーリースする事には、様々なメリットがあります。カーリースはカスタマイズや改造ができません。その点、介護車両の場合、カスタマイズや改造を行う事はないため、安心してカーリースを利用することができます。

介護車両の場合、用途がはっきりしているというのもオススメの理由の1つです。介護車両はデイサービスセンターや病院までの送り迎えなどに用いる事がほとんどです。家からの距離が決まっているため、毎月どれくらい走るかが、ある程度分かります。

カーリースの場合は「月間走行距離が1,000キロまで」などと、距離制限があり、距離を超過すると、返却する際に清算しなければなりません。この点、介護車両は月に何キロ走るかが分かりやすいので、カーリースに適しています。

また、流行り廃りがある普通車や軽自動車と違い、介護車両はデザインがオーソドックスで、頻繁に乗り換える必要性もありません。そのため、7年契約や9年契約ができるカーリースに適しています。

 

介護車を取り扱っているオススメのカーリース会社をご紹介!

上述の通り、カーコンカーリースもろコミは介護車両を扱っているカーリース会社の1つです。

オンラインでいつでもどこでも申し込みでき、そのまま審査を受けられます。審査結果が出るまでには、1〜2営業日かかります。審査結果の通知は本人のみに行われるため、他の人に知られる心配がないので安心できます。その後、介護車両の選択やオプション、契約内容を確認して、車の手配となります。

スマイルカーリースは、ファイナンスリースの60回払いとなり、WEBか電話で申し込めます。スマイルカーリースは、関東圏外に介護車両を納車する際には、陸送費用がかかる場合があるので、注意しておきましょう。

介護車両の購入を考えている方なら、利用上のメリットがたくさんあるカーリースを選択肢に入れるのがオススメです。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検代のクレジットカード払いは可能?方法や注意点をご紹介!

車の状態や受ける場所にもよりますが、車検にかかる費用を合計するとある程度まとまった金額になります。この車検代を、クレジットカード払いできるお店はあるのでしょうか。 実は、車検代のクレジットカード払いを上手に活用すると様々なメリットがあります。ここでは車検をクレジットカード払いにする方法と、お得にカード払いするための注意点を見てみましょう。

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。