カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

仕事でカーリースを使いたい人必見!法人や個人事業主にカーリースをおすすめする理由とは?

個人向けのカーリースが近年注目されていますが、仕事でカーリースした車を使用することは可能なのでしょうか?今回は、法人や個人事業主に対してもカーリースをおすすめする理由をご紹介します。

カーリースと購入の違いとは?

毎月の支払いがあるという点では、カーリースとマイカーローンによる購入は似ていますが、具体的には異なります。

たとえば、カーリースには基本的に頭金の支払いがありません。頭金0円から新しい車に乗り始められるので、まとまったお金がない方にもハードルが低い選択肢と言えるでしょう。

一方、マイカーローンで新車を購入するとなれば、頭金の他、取得税など様々な費用が購入段階でかかってきます。購入時には数十万円などのまとまったお金が必要になることもあります。

毎年、忘れた頃に請求され、慌ててしまう自動車税。この自動車税もカーリースなら、月々の料金に含まれています。「今月は自動車税の支払いがあったから予算オーバーとなってしまった!」などというアクシデントも減らせます。

なんと言っても、気軽に乗り始められるというのが、カーリースのメリットです。ウェブサイトから申し込むだけで、審査が行われ、納車されます。新車購入と同じように、納車までの時間は少々かかります。とはいえ、中には即納車可能なカーリースもあります。

乗り換えが楽な点も、カーリースがマイカーローンによる購入より優れている点です。中には、5年契約で2年乗れば、乗り換えが可能なカーリースもあります。結婚、子育て、転勤など、ライフスタイルに合わせて乗り換えができるのがカーリースのメリットです。

また、名義に関して、購入の場合、車の名義は所有者、使用者ともにあなたの名前になります。一方、カーリースの場合は、所有者のみがカーリース会社の名前となり、使用者はあなたの名前になります。

毎年の自動車税、オイル交換の費用、車検代など、車に関係するいろいろな費用を、月々のカーリース料金に含められます。支払うお金は常に一定なので、たとえば、車検の時期にまとまったお金を用意する必要はありません。

購入の場合は、カーディーラーとの面倒な交渉や手続きが必要ですが、カーリースの場合は必要ありません。カーリースは、車庫証明書が必要だという点では購入の場合と同じですが、他の面倒な処理はカーリース会社に任せられるので、とても気楽です。

カーリースの場合、リース期間中にはカスタマイズやドレスアップができないということも購入とは異なる点です。購入した車は、改造、カスタマイズが自由ですが、カーリースだとノーマルで乗り続ける必要があります。

また、当然のことながら、カーリースの場合は、カーリース会社への手数料がかかります。そのため、最終的には、一括によるマイカー購入よりも割高になる可能性もあります。

 

個人事業主や法人が仕事でカーリースを利用するのはお得?

法人や個人事業主が仕事でカーリースを利用する場合もあります。

この場合、カーリースの一番のメリットとしては、税金や保険を経費として計上できるという事です。カーリースした車は自分の財産とはならず、仕事のためにかかった経費として見なされるため、節税に繋がります。

法人や個人事業主の場合は、コスト管理が重要になりますが、仕事にカーリースした車を使用することによって、管理が楽になります。頭金は必要なく、予想外の出費はないため、コストの見通しが立てやすいのです。

毎月の車へのコストがどれだけかかっているのかが分かりやすくなります。以下でも説明しますが、特に、メンテナンスリースの場合は、車両の点検代や整備代がリース料金に含まれているので、予算計画が立てやすくなります。

法人でカーリースした車を利用すると、管理の手間が省けます。会社が全ての車を管理するのは大変ですが、メンテナンスが含まれているカーリースなら、カーリース会社に全てをお任せして、仕事に集中する事ができます。

仕事にカーリースを使用する場合、車両の入れ替えも簡単です。中にはトラックや作業車のカーリースもあります。最短1年で別の車両に乗り換えたり、返却したりできるため、仕事量に合わせて、年ごとに車の台数を変更するのも容易です。

このように、仕事でカーリースを利用するなら、個人事業主や法人でもたくさんのメリットがあります。

 

忘れてはいけない“メンテナンスリース”と“ファイナンスリース”の違い

カーリースには2つの種類があります。

メンテナンスリースとファイナンスリースで、ファイナンスリースは購入に近いリース方法になります。一方、メンテナンスリースは車両管理をカーリース会社にお任せできるので、仕事などでカーリースを利用する方にオススメです。

メンテナンスリースは全ての管理をカーリース会社が行います。カーリース会社が管理する事には、例えば、以下のような項目があります。

・車両購入の際の手続き
・車両の点検、整備
・修理
・租税公課
・事故
・車検
・消耗品の交換
(・任意保険を付けることも場合によっては可能)

車に乗るあなたは、メンテナンスを自分で手配する必要がないので、とても気楽です。また、仕事で利用するなら、多くの手間を省け、省力化にも繋がります。

一方、ファイナンスリースは、メンテナンスリースよりシンプルです。ファイナンスリースには以下が含まれます。

・車両購入の際の手続き
・租税公課
(・任意保険を付けることも場合によっては可能)

ファイナンスリースは、まとまったお金を支払うことなく、月々定額で支払いたいという場合にふさわしいと言えます。仕事で使用するなら、月々のカーリース料金を経費として計上できます。

 

仕事に使える商用車向けのカーリース会社ってあるの?

日産 法人カーリース

大手のカーディーラーでは、日産の法人カーリースがあります。仕事用として重宝するバンなどが揃っており、ドライブレコーダーによる安全管理や、「e-CLICK」という独自のシステムでコスト管理が行えるのが特徴です。

オリックスカーリース

オリックスカーリースも仕事で使える法人向けカーリースを行っています。仕事でのちょっとした市内の移動に便利なアルトバンや、荷物の納品に便利なハイゼットトラック、配達などの仕事に適したエブリイバンがあります。

リースパートナー

全国対応可のリースパートナーは、起業などで初期費用をかけずに仕事用の車が欲しいという方にピッタリのカーリースです。車種が豊富で、商用バンやトラック、バス、高級ミニバンが揃っています。

 

「初期費用が安い」「費用として計上できる」など、仕事でカーリースを利用する事には多くのメリットがあります。仕事の性質に合った車をカーリースすれば、経営改善にも繋がりますので、個人事業主や法人の方は、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。

車検って時間や日数はどのくらいかかるの?手続きの流れを徹底解説!

自動車検査登録制度を採用する日本では、国内で登録される自動車には車検を受ける義務があり、車検では自動車が国土交通省の定める基準を満たしているかを検査します。車検費用もさることながら、車検に要する時間に対して疑問を感じる方も少なくないのではないでしょうか? 短時間な即日車検や1週間近い時間を要する場合もあり、車検に要する時間は業者によってさまざまです。忙しい毎日を送る方にとって愛車が使用できない車検に要する時間は切実な問題ですから、ここでは車検の流れや必要な時間を解説します。

カーリースでスバルの車に乗ろう!カーリース料金を徹底調査

日本の中堅自動車メーカーである「スバル」は、販売台数こそ少ないものの品質の高い車を提供することによって確固たる地位を築いてきました。その走行性や乗り心地の良さは多くの人の心を掴んでいます。現在では、そんな「スバル」の車をカーリースして乗ることができます。今回は「スバル」の魅力を解説すると共に、「スバル」の人気車種である「ステラ」、「インプレッサ」、「フォレスター」にカーリース業者の「オリックスカーリース」、「定額ニコノリパック」でどれくらいの料金で乗ることができるのかを調べてみました。

車を買うなら購入とカーリースどっちがお得?カーリースを選ぶ際の比較ポイント

今流行のカーリースですが、契約するためにはプランを選ぶ必要があり、通常では聞き慣れないような言葉も多く、お得なのはわかるけどその仕組みがわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。 とはいえ、今は大手車メーカーをはじめ、楽天市場でも手軽にインターネットから契約してカーリースを利用できる時代です。カーリースの会社ごとの仕組みを比較して後悔のない契約をしたいものですよね。たくさんある会社のなかでもなにを基準に選べばいいのか、実際にカーリース会社を比較してみましょう。