カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

低コストで車両を所有する!法人の理想的な車両調達手段はカーリース!

オフバランス化による事業運営効率化のためアウトソーシングやリースシステムが積極的に活用されるなか、購入とカーリースのどちらで営業車や社用車の調達を行うかに頭を悩ませるケースも珍しくないようですので法人の理想的な車両調達手段を紹介します。

タイトルアイコン

節税対策!毎月定額で経費計上も簡単

法人・個人事業主の方の社用車調達にはカーコンカーリースもろコミの「もろコミビジネスカーリース」がおすすめ!税金や諸費用が毎月のリース料金に含まれているので経費計上が簡単、節税効果も期待できます。かしこい社用車の調達なら今すぐもろコミへ!

営業車や社用車の調達は購入と法人向けカーリースの利用どちらがお得なのか?

厳しい価格競争と高品質なサービス提供が求められ非常に厳しい条件下での事業運営を強いられているケースが珍しくない時代となった現在、「営業車や社用車の調達手段に購入と法人向けカーリースのどちらを使用するべきか?」は非常に重要な問題となります。

購入した普通自動車の耐用年数は6年間!減価償却期間が過ぎれば経費に計上できない

営業車や社用車などを購入した場合の車両購入費用は経費として計上し減価償却することができますが、減価償却はいつまでも行えるものではなく普通車は6年、ライトバンやワンボックスなどの貨物車は5年、軽自動車は4年の耐用年数内で減価償却を行います。

減価償却の計算には「車両購入費用×償却率×車両使用月数÷12」で行う定額法、車両購入年は定額法で翌年以降「車両の帳簿価額×償却率×車両使用月数÷12」となる定率法がありどちらを利用するか選べますが減価償却が行えるのは耐用年数内のみです。

カーリースの月額料金は期間無制限で経費に計上可能

車両を購入せず月額料金を支払ってリース車両を借り受ける法人向けカーリースは減価償却を行えませんが、月額料金を経費として計上することが可能で購入車両に発生する耐用年数もなく法人向けカーリースの契約期間中は月額料金を経費に計上できます。

購入車両に課税される自動車税や自動車重量税、加入義務のある自賠責保険などの会計処理は勘定科目が複雑となり会計業務の負担が大きくなりますが、これらの維持費用が月額料金に含まれている法人向けカーリースを利用すれば会計業務の負担軽減を行えます。

車両導入コスト以上に重要なのは維持費の負担や車検スケジュール管理

車両を購入すると耐用年数内で購入費用を減価償却する必要があると共に車両維持費を直接負担する必要も発生し、月々の車両費用を安定化することができなくなると共に車検スケジュールの管理などの雑務が増加します。

車両維持費が含まれているメンテナンスリース契約で法人向けカーリースを利用すれば車両維持費を直接負担することなく定額料金でリース車両を使用できるので、月々の車両費用を安定化できるのと共に車検スケジュール管理もカーリース会社に任せられます。

 

購入と法人向けカーリース利用、各車両調達手段のメリットとデメリットは?

車両維持にかかる費用や手間などのコスト面を見る限りでは法人向けカーリースを利用した方が購入するよりお得なように感じられますが、法人向けカーリースにもデメリットが存在しますので購入と法人向けカーリースのメリットとデメリットを紹介します。

車両購入のメリットとデメリット

購入した車両はカーローンを完済すれば所有権が購入者である法人に譲渡されるため購入車両を売却し売却益を得られるのがメリットとして挙げられますが、商用車として使用し走行距離が大きくなった車両は中古車としての資産価値が低下する傾向にあります。

デメリットとして挙げられるのは購入費用の減価償却期間が耐用年数内に限定される点だと言えますが、維持費用を直接負担しなければならないため会計業務の負担が大きくなる点や車検スケジュールの管理などの雑務が増える点も車両購入のデメリットです。

法人向けカーリースを利用するメリットとデメリット

車両購入費用の直接負担がなくなるため複数台の車両導入でも経済的負担小さいのが法人向けカーリースを利用する魅力だと言えますし、定額料金での会計業務の負担軽減やメンテンスリース契約での車両管理の雑務からの解放などのメリットも得られます。

しかし契約期間満了時に車両返却が求められる残価設定を行った法人向けカーリースでは事故や過走行などでリース車両の資産価値が低下したと判断されると違約金や追加料金が生じる点や中途解約できない点が法人向けカーリースのデメリットだと言えます。

法人向けカーリースはメリットの多いお得な車両調達手段

残価設定を下回ると判断されると違約金や追加料金が発生する点はリース車両の使用方法に気を付ければ回避できますし、カーローンでも中途解約の際は一括清算が求められるので法人向けカーリースのデメリットは特に問題視する必要はないと言えます。

月額料金を経費として計上し続けられ、会計業務の負担軽減や車両管理の雑務から解放されるなどデメリットよりメリットの多さが目に付くサービスだと言える法人向けカーリースは、非常にお得な法人の車両調達手段としておすすめのサービスだと言えます。

 

法人向けカーリースでおすすめのカーリース会社は?

カーリース会社といっても、様々なカーリース会社が存在しますが、中でもカーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミは、残価設定なし・契約満了でクルマがもらえるというサービスから非常に人気が高く、ぜひおすすめしたいカーリース会社です。

カーコンカーリースもろコミは7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」でメンテナンスリースの個人向けカーリースの提供を行っていますが、個人向け以外にお得な法人向けカーリースの提供も行っています。

法人向けカーリース「もろコミビジネスカーリース」とは

「もろコミビジネスカーリース」は、頭金0円で全国産メーカーの商用車や乗用車から希望の車両を選んで使用できます。

また「もろコミビジネスカーリース」ではメンテナンス費用やスケジュール管理をもろコミが行わず月額料金を抑えられるプランや、走行距離が多いことが予想されるケースに対応できるプランも存在するので安心して利用できる法人向けカーリースだと言えます。

法人向けカーリース「もろコミビジネスカーリース」で利用できるおすすめの車両は?

国内全メーカーの全モデルに対応する「もろコミビジネスカーリース」ですが、もろコミの法人向けカーリースを利用して手に入れられるおすすめのリース車両が気になるところです。

法人の利用者に人気の車種としてエブリイバンジャンボハイルーフやハイゼットジャンボ、N-BOXなどが挙げられますが、近年新世代の営業車両として注目される超小型モビリティの1人乗りビジネスビーグル「トヨタ・コムス」も人気が高まっています。

 

税制面などでメリットの多い法人向けカーリースは理想的な車両調達手段

個人使用を目的とする場合はデザインや居住性、走行性能の高さなど趣味性の高い車選びが可能ですが、法人が使用する車両は税制面や車両管理なども視野に入れた車選びが必要となります。

車両購入やメンテナンス費用の負担やスケジュール管理もカーリース会社が行う法人向けカーリースは車両維持のアウトソーシングとも言えるサービスですので、法人向けカーリースを使用して効果的にオフバランス化を推し進めてみてはいかがでしょうか?

関連する記事

無免許の人でもカーリース利用は可能?さまざまなケースをご紹介!

一般的に周知されつつあるカーリースですが、まだまだ、その詳しい仕組みはよく知らないという方も少なくありません。車を購入するのと、どんな違いがあるのでしょうか?購入より手続きや条件が複雑なイメージがありますが、実際どうなのでしょうか。 また、ここではカーリースをする際に「もしも免許をもっていなかったら?」というケースも紹介します。無免許なのに車を手に入れるというのは、どういうことなのでしょうか。実はこの状況は誰にでもあり得ることなのです。今はその状況になくても、万が一の時に役立つ情報として知っておきましょう。