カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

低予算で新車に乗り始められる?カーリースの魅力を徹底解説!

車をローンで購入する場合、頭金を支払わなければならないことも多いので、最初に一定の予算が必要になります。では、カーリースの場合はどうでしょうか。低予算で利用を開始できるのでしょうか?

カーリースは低予算で乗り始められるって本当?

カーリースは、頭金0円で契約できることが多いです。ですから、低予算で気軽に車に乗り始めることが可能です。

カーリースは、在庫の中から車を選ぶのではなく、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出す仕組みになっていますので、いろいろなメーカーや車種から車を選ぶことができます。

そして、低予算で利用を開始できますから、購入する場合よりもワンランク上の車種を選ぶことが可能で、車の選択肢が広がります。

 

カーリースなら月々の予算計画も簡単!

カーリースのメリットは低予算で利用を開始できることだけではありません。

月々定額のリース料には、車の将来の維持費がコミコミとなっているため、毎月の支払額が安定し、予算の計画も立てやすくなります。

つまり、リース料には、車両価格、自動車取得税、登録諸費用だけではなく、毎年の自動車税、車検時に支払う自動車重量税や自賠責保険料、整備点検費用などがすべて含まれているのです。

また、オイル交換や消耗部品の交換などのメンテナンスサービスも契約に含めることが可能な場合もあります。中には任意保険料もリース料に組み込めるカーリース会社もあります。

ですから、カーリースを利用すれば、税金の支払いや車検、メンテナンスなどのタイミングでその都度費用が発生することはありません。リース料以外に必要なのは、ガソリン代や駐車場代程度になります。

 

予算を少しでも抑えたい方におすすめのカーリース会社とは?

ここで、予算を少しでも抑えたい方におすすめのお得な料金でサービスを提供しているカーリース会社をご紹介していきます。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

個人向けのカーリースとしては珍しく「残価設定なし」の「クローズドエンドリース方式」を採用しており、契約満了時に車をそのままもらえます。車の損耗や損傷、走行距離設定の超過などによって精算金が発生する心配がありません。

契約プランとして、9年契約の「もろコミ9」と7年契約の「もろコミ7」の2つを用意しています。

一般的なカーリースは中途解約ができませんが「もろコミ9」と「もろコミ7」は契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却ができるようになります。

※返却車両の損耗状況によっては請求が生じる場合もあります。

リース料は月々8,000円(税込)からと非常にリーズナブルですし、頭金は0円ですので低予算で利用を開始できます。

しかもリース料には、車両価格、車両登録時手数料、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料がコミコミとなっています。また契約期間中の「車検基本料金」が無料になる「車検無料クーポン」も付きます。

カーコンカーリースもろコミの料金例を見てみましょう。

「スズキ ワゴンR HYBRID FX」

もろコミ9の場合 月々8,100円(税込)、年2回のボーナス月加算額58,320円(税込)
もろコミ7の場合 月々8,100円(税込)、年2回のボーナス月加算額76,464円(税込)

「ニッサン ノート X」

もろコミ9の場合 月々13,500円(税込)、年2回のボーナス月加算額66,744円(税込)
もろコミ7の場合 月々13,500円(税込)、年2回のボーナス月加算額88,128円(税込)

※料金は2018年6月18日現在の情報です。料金は変更になる場合があります。

オプションも充実しており、月々2,700円(税込)で「メンテナンスパック」、月々2,160円(税込)で「カーアクセサリーセット」を付けられます。低予算でメンテナンスサービスを充実させたい方や各種アクセサリーを付けたい方におすすめです。

※メンテナンスパックは軽自動車のみの適応となります。

さらに今なら、ガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施中です。

※キャンペーンは、2018年4月1日から2018年9月30日までに、もろコミのWEBサイトまたは販売店でお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。キャンペーンの詳しい内容については、カーコンカーリースもろコミのHPかもろコミ販売店でご確認ください。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

5年契約のカーリースサービスを提供しています。

残価設定はありますが、「クローズドエンドリース方式」を採用しているため、契約者は残価精算のリスクを負う必要がありません。契約満了時には、契約延長、車の買い取り、契約終了(乗り換え)の選択肢から自由に選ぶことができます。

車種によって、月々10,800円、月々21,600円、月々32,400円の商品があります。どれも頭金は不要ですので、やはり低予算で新車に乗り始めることができます。

リース料には、車両価格、各種登録費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、車検代、エンジンオイル交換費用(計9回)、ウォッシャー液補充費用、バッテリー液補充費用、クーラント液補充費用などが含まれています。契約期間中にガソリン代が1リットルあたり5円引きになる特典も付きます。

定額ニコノリパックの料金例を見てみましょう。

「スズキ ハスラー G」

月々10,800円、年2回のボーナス月加算額67,392円

「トヨタ アクア」

月々21,600円、年2回のボーナス月加算額76,464円

※料金は2018年6月18日現在の情報です。料金は変更になる場合があります。

メンテナンスパックとして、月額2,160円(税込)で「ライトプラン」、月額3,240円(税込)で「バリュープラン」を用意しており、メンテナンスサービスをさらに充実させることが可能です。

 

中古車カーリースならもっと予算を抑えられる!おすすめの中古車カーリース業者をご紹介

予算を安く抑えるために、新車ではなく中古車のカーリースサービスを利用するという方法もあります。ここで、おすすめの中古車のカーリース会社をご紹介します。

ワンプライス中古車リース My Car(オリックス自動車株式会社)

頭金0円で、月々定額の支払いで利用できます。

月々のリース料には、車両本体価格、登録手数料、登録時車検整備費用、納車陸送費、自動車重量税、自賠責保険料、自動車税が含まれています。

※北海道、沖縄県、離島等での納車には、別途追加陸送費が必要となります。

また、メンテナンスクーポンも特典として付きます。このクーポンを利用することで、車検時の基本点検整備や、エンジンオイル交換、タイヤローテーション、ブレーキオイル交換などをサービスしてもらえます。

中古車のリースではありますが、NAK(日本オートオークション協議会)が定める基準に基づいて、修理歴や機関部に支障のない車両だけを扱っています。

また、車両納車日から1年間(走行距離は無制限)、消耗品を除くすべての部品を保証してもらえますので、安心して利用することができます。

さらに、契約満了時には車をそのままもらうことができます(車が不要な場合は返却することも可能です)。

 

今回の記事では、低予算で気軽に利用できるカーリースについて見てきました。低予算で車に乗りたい方は、カーリースをぜひとも検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

高級車のカーリースでお得に憧れの車に乗ろう

独身時代や結婚して子供が生まれる前、あるいは子供が大きくなり夫婦2人だけの生活に戻ったときなど、憧れの車に乗りたいなという方もいるのではないでしょうか。特に男性はスポーツカーや外車などの高級車に1度は乗ってみたいという願望があると思います。そんな憧れの車にお得に乗れることが出来たら嬉しいですよね。ここでは高級車のカーリースについてご紹介します。

カーリースでダイハツの軽自動車“タント”へお得に乗り換え!人気のカーリース会社で費用を比較!

ダイハツのタントは1人乗りからファミリーまで幅広い層に人気の軽自動車です。このタントはどのような車なのか、人気の秘密に迫ってみましょう。また、軽自動車は人気が高いこともあり、タントを新車購入しようとすると意外と費用がかかります。 このタントに、できるだけお得に乗る方法が「カーリース」です。ここでは、どうしてカーリースがお得なのか、また、実際にかかる費用はどうなのかも紹介します。

憧れのルノーの車を気軽に!カーリースでルノーの新車に乗ってみよう

ルノーはフランスを代表する自動車メーカーで、「日産」や「ルノーサムスン」などを子会社とし、グループ全体ではヨーロッパ最大の自動車メーカーとなっています。 ルノー車は日本にも輸入されており、カーリースを利用すれば、気軽にルノーの新車に乗ることが可能です。今回はルノー車の魅力やルノー車をカーリースする方法について解説します!