カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

個人カーリースの使い道はいろいろ!カーリースした車で通勤したい人がおさえておきたいポイントや注意点とは?

単身赴任で住まいから離れている場合や、急に車が必要になった場合など、通勤でもカーリースがお得で便利な場合があります。今回は、カーリースした車で通勤したいと考えている方に、知っておいてほしいポイントと注意点をご紹介します。

カーリース利用する時に注意点として知っておくべきこととは?

カーリースを利用する前に知っておきたい注意点として、まず1つ目に、所有者と使用者に関する事があります。リースカーの車検証を確認すれば分かりますが、カーリース契約における車両の所有者は、カーリース会社となります。

一方、使用者の方はリースカーを借りた側、つまり、あなたです。車検証の所有者に車を管理する責任が求められるので、車検や自賠責保険の加入などの責任は、引き続きカーリース会社にあるということになります。

維持管理に関しては、2種類のカーリース契約があります。1つが「ファイナンスリース方式」で、もう1つが「メンテナンスリース」方式です。

ファイナンスリース方式は、カーリース会社が自動車税や自賠責保険料などを負担します。一方、車のメンテナンスや維持管理にかかる費用に関しては、ドライバーが負担します。ファイナンスリース方式は、車の購入代行に似ています。

メンテナンスリースは、ドライバーがメンテナンスを行う必要がなく、維持管理をカーリース会社側が行います。ドライバーはまさに「乗るだけ」のカーリースで、法人利用などにも適しているカーリース方式です。

カーリースを利用する前に、必ず知っておきたいキーワードとして「オープンエンド契約」と「クローズドエンド契約」という言葉があります。オープンエンド契約の場合、まず契約締結時に予想買い取り価格を設定します。

その後、車を返却する際に査定を行い、その査定額が予想買い取り価格よりも低ければ、差額を支払います。多くのディーラーのカーリースがこのオープンエンド方式を採用しています。

一方で、クローズドエンド方式はカーリース期間満了時にこういった清算が行われません。しかし、クローズドエンド方式の場合は走行距離が制限されていることがあり、毎月の制限距離を超えた場合は、支払いが生じることがあります。

カーリースの契約は基本的に中途解約できないので、カーリース契約締結の際は、以上のことをよく考えて決定しましょう。

 

カーリースした車を通勤に使う際の注意点とは?

もしあなたが、カーリースした車を通勤に使用したいと考えているなら、注意する必要があります。通勤距離によるとはいえ、毎日車を利用して、週末の旅行などでも遠出するなら、上述の制限距離を超えてしまう可能性があるからです。

家から会社までが片道20キロであるとした場合、往復40キロとなり、週休二日制で働いていれば×20日=月800キロとなります。これに加えて週末に旅行したり、実家に帰省したりしていると、月の走行距離が1,000〜1,500キロとなってしまう可能性もあります。

一般的なカーリースの距離制限は月500キロから月2,000キロ程度なので、通勤で距離制限ありのカーリースを利用するのであれば、注意が必要です。距離制限を超過した場合は、超過料金を支払わなければなりません。

カーリースした車を通勤に使用したりして、頻繁に乗ると、それだけ故障の可能性も高くなります。車を返却するときには、故障箇所や破損箇所のチェックが行われ、修理していない場合は、追加料金を支払わなければならない可能性もあります。

また、頻繁に転勤するという方にとって、長期のカーリース契約はふさわしくないでしょう。カーリース契約は転勤先の住まいでも登録できるので、車を使い続けるのであれば問題ありません。

しかし、転勤先が都市部で、通勤には電車やバスを利用するため、車が必要なくなったという場合はどうでしょうか?9年リース契約をしていれば、途中解約ができないため、引き続き月々の使用料は払わなければなりません。

 

通勤にカーリースした車を利用する際に押さえておきたいポイント

カーリースした車を通勤で使用したいなら、まず、自宅から仕事場までの距離を測っておきましょう。「月の出勤日数」×「仕事場から自宅までの往復の距離」で、月のだいたいの走行距離が分かるはずです。

また、休みの日に旅行にリースカーを頻繁に使用するなら、その事も考慮しておく必要があります。通勤およびレジャー用に使うなら、走行距離制限が2,000キロ以上など、距離を走れるカーリース契約にしておくほうが良いでしょう。

メンテナンスリースのカーリース契約で、車の維持管理はカーリース会社がほとんど行ってくれるとはいえ、ガソリンは自費で入れる必要があります。通勤用に使う場合は、会社からの交通費が出るかなどもチェックしておきましょう。

なお、一般的に言われる「カーリースに向いている人」とはどんな方でしょうか?

1つには、頭金などのまとまったお金を出すのが困難な方です。カーリースの場合は頭金が不要であるため、イニシャルコストを最低限に抑えることができます。

税金や保険、車検などの複雑な処理を自分で行う必要がないということもカーリースのメリットです。そのため、「車の維持管理の経験がない」「知識も経験もないので、修理などに無駄なお金を使ってしまいそう」という方は、カーリースに向いている方です。

自分でオイル交換やタイヤ交換ができるならそれが一番理想的ですが、作業には危険が伴いますし、特に女性には難しい作業もあります。この点、メンテナンスリース契約なら、オイル交換など一律、カーリース会社におまかせできるため、負担が少ないと言えます。

「メンテナンスがそもそもできない」「メンテナンスの時間がない」という方は、カーリースに適している方です。

 

残価設定なしのカーリースなら通勤利用も安心!

カーリースした車を通勤用として使おうと考えている方におすすめしたいのが、カーコンカーリースもろコミです。まず、残価設定型ではないため、返却時に高額な清算金を求められることもありません。

また、契約によっては、カーリース期間満了後に車をそのままもらえる事があるので、その点もメリットと言えるでしょう。1つの車を長く乗りたいと考えている方にはカーコンカーリースもろコミの「もろコミ7」や、「もろコミ9」といったプランがおすすめです。

さらに、カーコンカーリースもろコミは、ガソリン代補助が受けられるのもポイントです。現在、月々税込み8,000円からのカーリースを利用すれば、毎月最大2,000円のガソリン代キャッシュバックが受けられるキャンペーンを活用でき、1年間で最大24,000円の経費削減ができます。
※ガソリン代キャッシュバックキャンペーンは予告なく、変更・終了する可能性があります。

通勤用に個人カーリースを利用しようと考えているなら、走行距離に気をつけましょう。なお、単身赴任などで一時的な引っ越しで車が必要なら、短期のカーリースもおすすめです。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。

カーリースの中途解約(途中解約)は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。

カーリースを利用するために必要な年収は?

クレジットカードを申し込む時や、車のローンや住宅ローンを組む時、部屋を借りる時などには必ず年収について聞かれます。これは言い方を変えれば、年収によって、それらを利用できるかどうかが左右される場合があるということです。では、カーリースを利用する上で、年収は関係してくるのでしょうか、関係するとしたら、年収はいくらくらい必要なのでしょうか?