カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

個人向けのカーリースは実際のところお得なのか?

個人向けのカーリースの認知度は高まっており、メリットやデメリットについての情報もネット上に溢れています。実際のところ、個人向けのカーリースはお得だと言えるのでしょうか?

カーリースのメリットとは?

カーリースのサービスには、実際にどんなメリットがあるのかを最初に見てみましょう。

・毎月の車に関わる出費が安定する

多くの場合、月々のカーリース料金には「新車登録費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」が含まれています。

さらに、カーリース会社や契約プランによっては「整備点検費用」「オイル交換費用」「消耗部品交換費用」などのメンテナンスサービスもリース料金に含まれます。「任意保険料」をリース料金に組み込むことができる場合もあります。

諸々の費用がコミコミとなっているカーリースを利用すると、毎月の車に関わる出費はリース料金の他には「ガソリン代」「駐車場代」程度になります。

リース料金は毎月定額ですし、車検などのタイミングで大きなお金を準備しなくても済みますから、出費が非常に安定します。これは家計のやり繰りが楽になるという実際的なメリットにつながります。

・車の維持や管理をカーリース会社がしてくれる

カーリースの場合、各種税金の支払いや車検手続きは車の所有者であるリース会社が行ないます。さらには、メンテナンスサービスがリース料金に含まれている場合には、車両のメンテナンスもリース会社にお任せできます。

このように、カーリースでは車の維持や管理を実際に行なうのはリース会社ということになります。ユーザーが面倒な手間を避けられるという点で、実際的なメリットがあると言えます。

・車両価格に対する出費を安く抑えられる

個人向けのカーリースでは多くの場合、月々のカーリース料金を設定する際に「車両価格」から「契約期間満了時点での車の予想残存価値(残価)」をあらかじめ差し引きます。

各種税金や車検費用、メンテナンスサービスの費用などを加えた金額を契約月数で割ることによりリース料金が算出されます。

実際に車を購入する場合は当然「車両価格」全額を支払うことになりますが、リースの場合はそれから「残価」をマイナスした金額を負担することになります。つまり「残価」の分だけ支払い額を安く抑えることができるのです。

・気軽に車を乗り換えることができる

カーリース会社や契約プランにもよりますが、リース期間満了時には下記の4つの選択肢がユーザーに与えられます。

・車を返却して契約を終了する
・車を返却して新しく別の車をリースする
・契約を延長して同じ車に乗り続ける
・車を買い取って契約を終了する

ユーザーは車を乗り換えたい場合には2を選択することになります。つまり、カーリースでは契約期間が満了するごとに車を乗り換えるチャンスが与えられることになるのです。

購入する場合とは違って、乗り換えるごとに車を売ったり買ったりする必要がありませんから、気軽に車の乗り換えができます。実際に、このメリットがあるために車を購入するのではなくカーリースを利用するという人も少なくないようです。

 

カーリースのデメリットとは?

今まで見てきたように、カーリースにはたくさんのメリットがあります。しかしながら、実際問題としてデメリットもいくつかあります。どんなデメリットがあるのでしょうか?

・リース車を買い取った場合、支払い総額がローン購入よりも多くなる

前述の通り、カーリースの契約期間の終了時点でユーザーにはリース車を買い取るという選択肢があります(買い取り価格は基本的に契約時に設定した車の残価となります)。リース車を気に入った場合には自分の物にすることが可能です。

ただしリース車を買い取ることにした場合、全期間のリース料金と車の買い取り価格を合わせた支払い総額は、車をローンで購入して維持管理を自分で行なう場合にかかる総費用と比べると高くなってしまいます。

なぜ、カーリースの方が高くついてしまうのでしょうか?

なぜなら月々のリース料金には「金利」やメンテナンスの「サービス料」などが上乗せされているからです。「金利」はリース料金の「車両価格」以外の部分にもかかってきますので、ローンで購入する場合よりも金利面で実際に損していることになります。

・途中で解約することが原則としてできない

カーリースの契約は原則として途中で解約することができません。やむを得ない事情により解約が認められる場合もありますが、その際には「残期間リース料金」や「解約手数料」を請求されることになります。

特に「残期間リース料金」は解約のタイミングによっては相当な金額になります。そのため、カーリースの契約をする前に、期間満了まで実際に車を利用し続けることができるのかを十分に考える必要があります。

また、リース車で全損事故を起こしてしまった場合、契約の継続が不可能となりますので強制的に解約となります。

その場合は「残期間リース料金」や「解約手数料」だけではなく、車の「残価」も請求されることになります。そのため、万が一の場合の費用を補償してもらえるように「車両保険」やカーリース専用の特約に入っておくのが、実際的な備えとなります。

・車の返却時に清算がある

カーリースの契約終了時には、車の清算が行なわれます。返却車両が査定され「設定残価」と実際の「査定額」との差額清算が行なわれるのです。

車のコンディションが良ければキャッシュバックしてもらえる場合もありますが、逆に車の損耗がひどいと追加料金を請求されることになるため、リース期間中は車を大事に扱う必要があります。

・車の使用に制限がある

カーリースの契約では多くの場合に、走行距離制限が設定されます。走行距離を超過した場合には距離に応じて追加料金を請求されることになります。

少し超過したくらいでは大きな金額にはなりませんが、毎月のように超過しているとそれなりの請求金額になる可能性もあります。契約する前に、制限距離と実際に走行する距離がマッチしているかを確認するようにしましょう。

また、リース車に改造やカスタマイズを加えることは原則としてできません。もし改造した場合には車の返却前に原状回復する必要があります。これは自分好みに車をいじりたい人にとって実際問題としてデメリットとなるでしょう。

 

カーリースは実際のところお得なのか?

ここまでカーリースのメリットとデメリットについて見てきましたが、実際のところカーリースはお得だと言えるのでしょうか?結局のところ、カーリースが実際にお得かどうかを一概に決めつけることはできません。

例えば、「月々の出費を安定させたい」「車の管理は業者にお任せしたい」「少しでも月々の支払いを安くしたい」という方にとって、カーリースはお得と言えるでしょう。一方で「車を自分の所有物にしたい」「車を自由に扱いたい」という方にとっては、実際のところお得とは言えないかもしれません。

ですから、各自がカーリースのメリットとデメリットをよく吟味して、自分自身にとって実際にお得なのかを十分に考えることが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでは勝手に車修理をしても良い?車に傷がついたり故障してしまったりした時の対処法を知っておこう!

カーリースの車が破損したり故障したりしてしまったらどうすればいいのでしょうか、自分の判断で車修理をしても構わないのでしょうか?万が一の時に慌てないように、車に傷がついたり故障してしまったりした場合の対処法を事前に理解しておくのは大切です。

カーリースを利用したらどんなサポートが受けられる?カーリースのメリットを購入した場合と比較してみよう

「車が欲しいけどお金がない…」「メンテナンスや、保険、税金など、何のことかよくわからない…」そんな方に向けて、カーリースのサポートサービスを紹介します。カーリースは「今はまとまったお金がない」「車のことにあれこれ時間や労力を回したくない」といった現代人にぴったりのサービス内容です。それでは、以下で具体的に解説していきます。

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

気になるあの車、いくらで乗れる?カーリースの見積もりを行う際の注意点や方法をご紹介!

車を購入することなく所有できるカーリースは近年、その市場規模を着実に拡大しています。そういった背景もあって、カーリースに興味がある人も多いのではないでしょうか。一方、カーリースを利用するにあたって気になるのは、その利用料金です。そこで今回は、カーリースの利用を検討している人に向けて、カーリースの見積もりを行う際の注意点についてご紹介します。

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。