カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

個人向けカーリースのメリット・デメリットとは?カーリースについて徹底解説

カーリースと言えば、法人向けのサービスであるという印象が強かったですが、最近では個人向けカーリースを利用して車を所有する人が増えています。個人向けカーリースにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?ここでは、個人向けカーリースについて徹底解説します。カーリースの利用を考えている個人の方はぜひ参考にしてください。

個人向けカーリースの仕組みとは

カーリースは利用者が乗りたい車をカーリース会社が購入し、契約期間を決めて貸出するサービスです。車の所有者はカーリース会社、車の使用者はあなたになります。基本的に頭金はなく、月々の決められた料金を支払うだけで手軽に新車に乗ることができるということで、注目を集めています。

車の所有者はカーリース会社ですが、利用者は自分の好きな車を選ぶことができ、契約期間中はマイカーとして使用することができます。契約満了時には返却、乗り換え、契約延長などの選択肢があります。月々の支払いには車両本体価格に加えて、車検代、メンテナンス料、自賠責保険料、自動車税などが含まれています。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年、9年が一般的です。一般的なカーリースでは契約満了時の車の価値を予想して、残価設定をします。この残価を車両価格から引いて毎月の支払いをするので、ローンを組むよりも安くなります。

カーリースはレンタカーのように「わ」ナンバーにはならず、普通に車を購入した時と同じナンバーを付けることができます。車検証にも利用者の名前が載るので、カーリースしている車だということがわかりません。

 

個人向けカーリースのメリットとは

個人向けカーリースのメリットについて、さらに詳しく説明します。

まとまったお金を用意せずに手軽に新車に乗れる

現金一括、またはローンを組むにしても、初期費用としてまとまったお金を用意する必要があります。カーリースの場合、基本的に頭金が0円で、車購入時にかかる諸費用がすべて月々の支払いに含まれることになるので、まとまったお金を用意せずに手軽に新車に乗ることができます。

月々の支払額が決まっているので家計管理が安定

車を購入すると、その後、様々な費用が掛かります。自動車税、メンテナンス費用、車検費用、自賠責保険など、忘れたころに請求がくるので、家計にダメージを与えることがあります。自動車保険も事故を起こしてしまえば、等級が下がり、翌年から思っていた以上に保険料が高くなるということもあります。

カーリースの場合は自動車税、メンテナンス費用、車検費用、自賠責保険など、車の維持費すべてが月々の支払額に含まれているので、突発的な出費を抑えることができます。契約期間中はずっと定額なので、家計管理が安定するというメリットがあります。

メンテナンスなど車の維持も楽

カーリース会社の契約プランにもよりますが、メンテナンスを含んだプランや、オプションで付けておけば、点検やメンテナンスの時期に連絡が来るので安心です。うっかりして忘れてしまったり、先延ばしにしてしまったりすることがありません。定期的に点検やメンテナンスをすることによって、車を安全な状態に維持することができます。

 

個人向けカーリースのデメリットとは

メリットの多い個人向けカーリースですが、もちろんデメリットもあります。デメリットについてあらかじめ知っておくと、上手に対処することができ、自分にカーリースが向いているかどうかを知ることもできるでしょう。

契約満了時の車の所有者はカーリース会社

カーリース会社から車を借りている状態なので、契約満了時の車の所有者はカーリース会社ということになります。月々の支払いを長期間にわたって行ったにもかかわらず、車が自分のものにならないのはカーリースのデメリットです。最終的には、返却、再リース、新しい車に乗り換えるかどうかを選ばなければなりません。

カーリース会社によっては、契約満了時に車が貰える契約を用意しているところもあります。満了時のことを考えて、どのような選択肢があるのかしっかりと確認しておけば安心です。

基本的に中途解約ができない

カーリース契約は長期になりますが、中途解約ができないのがデメリットになります。ライフスタイルが変化したり、事故で全損したりした場合には中途解約に至ることがありますが、その際に多額の違約金が発生することになります。

カーリース会社によっては、契約満了の数年前に返却や乗り換えを違約金なしで行えるようにしているところがあります。また、全損事故に備えて中途解約費用を全額カバーするカーリース専用保険を案内しているところもあります。

車の返却を考えて慎重に運転する必要がある

車の所有者がカーリース会社だということを考えると、返却することを考えて車を大切に扱う必要があります。契約満了時には故障個所や凹みなどを修理して返却しなければなりません。走行距離が決められている場合はメーターを気にしながら運転することになるでしょう。

また、返却時には原状回復が原則なので、ドレスアップやカスタマイズなど改造したいと思っている場合は注意が必要です。

 

おすすめ個人向けカーリースをご紹介!

ここでは、おすすめの個人向けカーリースサービスを紹介します。契約プランや取り扱い車種など、カーリース会社によって異なりますので、ご自身の希望に沿うカーリース会社を見つけてください。

「コスモスマートビーグル」

コスモ石油のマイカーリースで、インターネットやコスモ石油のガソリンスタンドで契約することができます。契約期間は3年、5年、7年から選ぶことができ、メンテナンスパックも必要に応じて3つの中から選ぶことができます。コスモ石油のガソリンが月間100リットルまで最大5円/L割引という、うれしいサービスが付いています。

いつも利用するコスモ石油で定期的にメンテナンスをお願いすることができるので、車に詳しくないという方でも車を常に安全な状態に保つことができて安心です。

「オリックス カーリース・オンライン」

オリックス自動車のカーリースサービスです。インターネットで手軽に手続きができ、5年、7年、9年から契約期間を選ぶことができます。それぞれ契約満了の2年前に、乗り換えか返却を自由に選択することができます。

また、中古車のカーリースも行っており、リーズナブルな料金でカーリースすることも可能です。

「カーコンカーリースもろコミ」

カーコンビニ倶楽部株式会社のカーリースサービスです。頭金0円、初期費用はなしで「月々税込8,000円~」というリーズナブルな価格で新車に乗り始めることができます。

7年リースの「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」から選べます。契約満了の2年前から車の乗り換えか返却も可能で、契約満了時には車を貰うこともできます。

このほか、メンテナンスなどがコミコミになっている「もろコミ特選車」や、契約期間が短い「もろコミ+」もありますので、気になる方は公式HPをチェックしてみてください。

さらに、カーコンカーリースもろコミでは、契約中の万が一の事態に備えて「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」も案内しているので、カーリースのデメリットを最小限に抑えて、安心して利用することができるサービスだといえるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

最強の国産オフロード車!ジムニーを手に入れるならカーリースがおすすめ

1970年から販売され根強いファンが多いスズキのジムニーは、本格オフロードで国内だけでなく海外からの人気もある車です。オフロード車は数多くありますが、これだけ長い間愛される魅力はなんでしょうか。 そんな人気のジムニーに乗りたいのであれば、カーリースがおすすめです。カーリースであれはお得に、手軽にジムニーに乗ることができるのです。今回は、カーリースの仕組みをご紹介しつつ、お得にジムニーに乗れる理由をみてみましょう。

リース契約で車を購入する際の流れと注意点

リース契約は月々一定の支払いで車に乗ることができ、各種手続きや支払いなどをすべてリース会社に一任することが出来る手軽さから、最近話題になっている新しい車の所有方法です。しかし、気軽に車に乗れるからと安易に手を出してしまい失敗したといケースも増えています。リース契約で失敗しないためにも、ここでは購入する際の注意点についてご紹介していきます。