カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

充実したカーライフの実現!カーローン繰り上げ返済とカーリースどちらが有利?

新たなカーライフをスタートさせるために最初に行うのが車両の調達ですが、新車価格は高額であることからカーローンを利用して購入するのが一般的な車両調達手段でした。しかしカーローンで購入するとローン返済と車両維持費用を直接負担しなければなりません。 近年さまざまなサブスクリプションサービスが提供され賢い消費者から高く評価されており、自動車のサブスクサービスと言える個人向けカーリースで車両調達を行うケースが増加していますのでカーローンとカーリースはどちらがお得なのかを紹介します。

愛車の調達手段として広く用いられるカーローンとカーリース!どちらがお得?

ローン会社から車両購入費用の借り入れを行うカーローンに対して利用者の希望する車両をカーリース会社が代理購入し車両と使用権を借り受けるのがカーリースで、カーローンとカーリースの違いはお金を借りるか車両を借りるかという点です。

ローンで購入した車はローン完済までローン会社に所有権保留されるため、所有権はローン会社に帰属し利用者は使用者として車両を使用しますが、カーリースの場合も車両の所有権はカーリース会社に帰属し利用者は使用権で車両を使用します。

使用権で車両を使用する点はカーローンもカーリースも同様ですが車両を購入した場合は維持費用を利用者が直接負担する必要があり、カーローンを利用すると月々のローン返済と共に自賠責保険や自動車諸税、車検費用などの直接負担が発生します。

カーローンは繰り上げ返済が可能!しかしローン返済中でも維持費は利用者負担

カーローンの魅力はローン返済中に臨時収入などでまとまった金額が手に入った際に、一部繰り上げ返済や全額一括返済などでローンの返済総額を抑えることができる点だと言えます。

またローンを完済すれば車両の所有権が利用者に帰属しますので、カーローンを繰り上げ返済すれば、当初の予定よりもお得に車両を手に入れることが可能です。

しかし既述のとおりカーローンを利用する場合はローン返済中でも車両維持費用を利用者が直接負担する必要があるため、繰り上げ返済できない場合はローン完済までの経済的負担は決して小さなものではないと言えるのも事実です。

契約内容で車両維持費の直接負担を大幅に抑えることができるカーリース

カーリース会社が利用者の希望する車両を代理購入し車両を借り受けるカーリースの場合、お金を借り入れるカーローンと異なり繰り上げ返済はできませんが、契約期間中の車両維持費用を利用者が直接負担することなく車両を使用できる契約が存在します。

カーリースの契約にはファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類があり、ファイナンスリースはカーローンで購入した車両のように車両維持費用を利用者が直接負担しますが、メンテナンスリースでカーリース契約を結べば車両維持費用を直接負担せずに車両を使用できます。

 

カーローンと似たシステムでコスパの高いカーリースサービスが存在する

メンテナンスリース方式のカーリース契約を結ぶことで、月々の定額料金でサービスを利用できるサブスクリプションサービスとしてリース車両を使用できるので、個人向けカーリースを利用する場合はメンテナンスリース契約を選ぶのがおすすめです。

しかしメンテナンスリースは非常にお得なカーライフを実現できるカーリースプランだと言えますが、車両を借り受けるカーリース契約に変わりないので臨時収入などが発生しても残念ながらカーローンのように繰り上げ返済することはできません。

車両維持費用の直接負担を大幅に抑えられるメンテナンスリースとは?

既に紹介したとおりカーリースの契約にはファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類があり、個人向けカーリースではカーリース会社が維持費用の大部分を負担することで月額料金だけでリース車両を使用できるメンテナンスリースが採用されています。

メンテナンスリースで契約すれば登録費用を含む車両調達費用以外にも自賠責保険料や自動車諸税、車検基本料や法定点検、一般整備費用などが月額料金のなかに含まれていますので利用者は駐車場代や燃料費、任意保険料の負担で車両を使用できます。

また法定点検や車検のスケジュール管理もリース会社が行うので、利用者はストレスなく車両を使用することができるのがメンテナンスリース方式のカーリースを利用する魅力だと言えます。

カーローンとカーリースの最大の違いは契約期間満了後の車両の使用権

車両購入費用を借り入れるカーローンの場合、ローン完済時には車両の所有権がローン会社から利用者に譲渡され繰り上げ返済を行えば当初の予定より早く、お得に車両の所有権を手に入れることが可能です。

カーリースは月額料金を抑えるために契約期間満了時の車両に見込める資産価値を事前に算出し車両購入費用から差し引く残価設定を行うのが一般的ですので、契約期間満了時にはカーリース会社にリース車両の返却が求められます。

月額料金を支払い続けても最終的に手元に車両が残らないため「カーリースは割高」と捉えられるケースがありますが、現在は契約期間満了時にカーリース会社から使用中のリース車両の返却を求められないカーリースサービスも存在していて注目されています。

契約期間満了後に車両返却を求められないカーリースサービスも存在する

頭金0円で利用開始できる車のサブスクリプションサービスでありながら契約期間満了時には使用中のリース車両がプレゼントされる驚異のサービスとして、カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」が挙げられます。

現在もろコミでは7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランでカーリースサービスを提供していますが、「もろコミ7」と「もろコミ9」双方とも契約期間満了時には使用中の車両がプレゼントされる驚きのカーリースサービスです。

 

カーローン同様のライフステージに合わせた乗り換えはカーリースでも可能?

カーローンで車両購入した場合は繰り上げ返済を行うことでライフステージに合わせた乗り換えが可能ですが、通常のカーリースサービスでは契約期間完了まで車両返却や乗り換えを行うことができないためカーリースは融通が利かないと捉えられがちです。

しかし契約満了時に車両返却を行う必要がなく車両がプレゼントされるカーリースプランを提供するもろコミなどでは、契約締結から一定期間が経過すると車両返却や乗り換えが可能となるので自由度の高いカーライフを実現できます。

カーローンは繰り上げ返済が可能!カーリース契約期間中の乗り換えは可能?

既に紹介したとおり車両購入費用を借り入れるカーローンは借入額を完済すれば車両の所有権が利用者に譲渡されるため、繰り上げ返済を行なえばいつでも車両乗り換えを実現することが可能です。

しかし繰り上げ返済を行わずに乗り換えを行う場合は新たなローンを組み車両購入を行う必要があるため、カーローンを利用した場合の乗り換えの条件は繰り上げ返済でローンを完済させる必要があると言えます。

車両を借り受けるカーリースの場合繰り上げ返済は不可能ですが、既述のとおり契約締結から一定期間が経過すれば車両返却や乗り換えが可能になるカーリースサービスが存在します。

一定契約期間が経過すれば車両返却や乗り換えが可能なカーリースサービスも存在する

既述のとおり頭金0円で利用でき契約期間満了時には使用中の車両がプレゼントされる驚異のカーリースサービスを提供するカーコンビニ倶楽部の「カーコンカーリースもろコミ」では

・7年契約の「もろコミ7」は契約から5年
・9年契約の「もろコミ9」は契約から7年

が経過した時点で車両返却や乗り換えが可能になります。

 

カーローンより車のサブスクサービスであるカーリースを選ぶ消費者が急増中

カーローンを利用した車両購入は広く利用されてきた車両調達手段であり、繰り上げ返済を行えばお得に車を手に入れることが可能ですが、繰り上げ返済を行うことでカーローンの返済総額を抑えるためには早めに繰り上げ返済を行う必要があります。

一般的に繰り上げ返済でカーローン返済額を効果的に抑えられるのは返済が半分以上残っているタイミングで行う繰り上げ返済までで、ローン残額が少なくなるほど繰り上げ返済のメリットが小さくなると言われています。

逆にもろコミをはじめとする自由度の高いカーリースを利用すれば繰り上げ返済は行えないものの、車のサブスクサービスを利用して自由度の高いカーライフを実現することが可能です。

カーローンを利用した購入という従来型の車両調達手段ではなく、お得なカーリースプランを活用することでより理想的なカーライフを実現することができると言えるでしょう。

関連する記事