カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

利用者から見たカーリースのメリット・デメリットとは?

近年、人気を集めているカーリースは、どんな仕組みのサービスなのでしょうか。利用者から見ると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?徹底解説します!

カーリースの仕組みについておさらい

まず、カーリースの仕組みをおさらいしておきましょう。カーリースは、月々定額のリース料を支払う代わりにカーリース会社から自分が選んだ車を長期間貸し出してもらえる仕組みです。

レンタカーのサービスは、数時間、数日、数週間などの短期の利用を前提としていますが、カーリースの契約は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的で、マイカーのような感覚で車を楽しむことができます。

ただし、車の「所有者」はあくまでもカーリース会社で、車検証にもそのように記載されます。カーリースの利用者は車の「使用者」という扱いになります。

カーリースの場合、車は在庫の中から選ぶわけではありません。契約成立後にカーリース会社がディーラーから車を購入しますので、さまざまなメーカーや車種、グレードから選択でき、オプションも付けられます。

また、カーリースの車はレンタカーとは違って「わ」ナンバーとはなりませんので、外観でカーリースの車だと他の人に知られることはありません。

個人向けのカーリースの契約では「残価設定」があることが多いです。つまり、月々のリース料を設定するに当たって、車両価格から契約終了時の車両の予想残存価値(残価)を差し引きます。

月々のリース料には車両価格、登録諸費用だけではなく、各種税金、自賠責保険料、車検代なども含まれます。また、プランによっては、オイルや消耗部品の交換といったメンテナンスをサービスに含めることも可能です。

契約満了後には、一般的に下記の4つの選択肢が利用者に与えられます。

1 車を返却してリースを終了する
2 新たに別の車をリースする(車の乗り換え)
3 リース期間を延長する(再リース)
4 残価で車を買い取る

 

利用者から見たカーリースのメリットとは?

カーリースには、利用者から見てどんなメリットがあるのでしょうか?

・新車購入よりも経済的負担が少ない

前述の通り、カーリースでは残価設定が行われ、車両価格から残価があらかじめ差し引かれます。つまり、利用者は車両価格全額を負担する必要がありませんので、新車購入よりも車両に対する支払額を抑えることができます。

・頭金が不要である

カーリースでは基本的に頭金を支払う必要はありません。そのため、まとまった初期費用を出すことなく、利用を開始できます。

・車に関係する出費が安定する

各種税金、自賠責保険料、車検などの車の維持費が毎月定額のリース料に含まれますので、出費が安定し、家計の管理が容易になります。

・車のメンテナンスをカーリース会社にお任せできる

プランによっては、オイル交換や消耗部品交換などを契約に含めることで、メンテナンスをカーリース会社にお任せすることができます。

・手軽に車の乗り換えができる

カーリースでは契約が満了する度に車を乗り換える機会が生まれます。数年単位で新しい車種やモデルが登場しますから、定期的に新車に乗り換えたいと考えている利用者は少なくないため、これもカーリースの大きなメリットだと言えるでしょう。

 

利用者から見たカーリースのデメリットとは?

では、カーリースには利用者から見てどんなデメリットがあるのでしょうか?

・最後に残価で車を買い取った場合は総支払額が新車購入よりも多くなる

前述の通り、カーリースの利用者は契約満了時に残価で車を買い取ることができますが、その場合の総支払額は新車購入よりも多くなってしまいます。

なぜなら、月々のリース料には金利が上乗せされているからです。しかも金利は、リース料の中の車両価格以外の部分にもかかりますから、結果としてローン購入よりも支払額が多くなってしまうのです。

・中途解約が原則としてできない

カーリースの契約は原則として途中で解約することができません。やむを得ない事情で解約する場合には、利用者は残りの期間のリース料全額を負担する必要があります。解約のタイミングによってはかなりの費用負担になってしまうでしょう。

・車は借り物なので気を遣う

カーリースの車は自分の物ではなく借り物ですので、大切に扱わなければなりません。車の価値を損なうような乱暴な扱い方をしていると、契約満了時に精算金を請求されることになります。つまり、返却車両の査定額が契約時に設定した残価に届かない場合には、その差額を請求されるのです。

・車のカスタマイズができない

カーリースの車の改造やカスタマイズは、自由に行うことができません。もしも改造してしまった場合には、返却の前に原状回復する必要があります。

・走行距離に制限がある

走行距離には制限が設定されます。制限を超えて走行した場合には、超過距離に応じて追加料金を請求されることになります。

 

カーリース利用者におすすめの個人向けカーリースを紹介!

最後に、カーリース利用者におすすめの個人向けのカーリースサービスをご紹介します。

・カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

諸々の費用コミコミで月々8,000円(税込)からの料金で利用できるおすすめのカーリースです。月々定額のリース料には車両本体価格、自動車取得税、新車登録時手数料、車検基本料、自動車税(期間分)、重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)が含まれています。

さらに、月々2,700円(税込)で「メンテナンスパック」を付けると、タイヤ交換やバッテリー交換、オイル交換などのメンテナンスサービスを受けられます。

※メンテナンスパックは、軽自動車のみ適用可能となっています(特選車を除く)。

利用者は契約期間を7年(もろコミ7)と9年(もろコミ9)から選べます。どちらのプランでも契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却が可能になります。また「残価設定なし」の契約となっていますので、利用者は契約満了時に車をそのままもらうことができるのも大きな特徴です。

・オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

幅広いリース期間やプランが魅力的なカーリースです。個人向けのカーリースのプランとしては「いまのりくん」、「いまのりセブン」、「いまのりナイン」の3つがあります。

「いまのりくん」は5年契約のプランですが、契約から2年経過すると車の乗り換えや返却ができるようになります。「いまのりセブン」は7年契約のプランで、契約から5年経過後に車の乗り換えや返却が可能になります。

契約満了時には、車をもらうか、返却してキャッシュバックを受けるかを選択できます。「いまのりナイン」は9年契約で、契約から7年経過後から車の乗り換えや返却ができるようになり、契約満了時には車をもらえます。

おすすめのカーリースを2つ見ましたが、それぞれが複数のプランを用意しており、他のカーリース会社も同様に様々なプランを提供しています。自分のライフスタイルに合ったプランを見つけて、カーリースを楽しむようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

最近人気のカーリースとは?

昨今、カーリースというサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人向けのカーリースを行なう業者も増えています。ここでは「そもそもカーリースとは一体何なのか?」「リースとローンとではどちらがお得なのか?」をチェックし、「おすすめのカーリース会社」を徹底解説します。

アルバイトでもカーリースを利用できる?気になるカーリースの審査や申し込みの流れについてご紹介!

月々の支払いが安定して経済的なカーリースですが、カーリースを利用するためには一定の審査を通過しなければならないものが多いです。支払い能力によって、審査を通過するか否かがわかれるのですが、その場合、アルバイトをしている人はカーリースを利用することができるのでしょうか。今回はアルバイトの人がカーリースを利用できるのかというポイントを中心に、カーリースの審査や申し込みの流れを解説します。