カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。

カーリースってどうなの?利用者のレビューで実態を知ろう

カーリースとは、月々のリース料を支払う代わりに希望する車を定められた期間貸し出してもらえるサービスのことです。契約期間は数年間と長期にわたるのが一般的で、新車をまるでマイカーのような感覚で楽しむことができます。

カーリースで利用する車は、レンタカーとは違って在庫の中から選ぶわけではありません。契約成立後にカーリース会社がディーラーから車を購入して貸し出すという流れになりますので、あらゆるメーカーや車種から自由に車を選択することが可能です。購入する場合と同じように、オプションも付けられます。

カーリースの契約満了時には、リースを延長したり、別の車で再度リースを利用したり、リースしていた車を買い取ったりすることも可能です。

個人向けのカーリースは便利で近年人気を集めていますが、比較的新しいサービスですので、「まだ一度も利用したことがない」、「利用したことがある知人もいない」という人も少なくないでしょう。

なお、個人向けのカーリースについての経験談やレビュー、口コミはインターネット上に多数上がっていますから、カーリースを利用するかどうかを決める際にはそれらを参考にすることができます。

 

レビューや口コミから見るカーリースのメリットとは?

ここでは、カーリースを利用して良かったと感じている人のレビューや口コミと、それらを通して見えてくるカーリースのメリットをご紹介したいと思います。

カーリースについての良いレビュー

・月額料金に諸費用がコミコミになっているカーリースなら、忘れた頃に車検がやってきて焦るということはないですし、リース期間中に税率が変わっても契約時の税率のままでリース料金が変わらないのが良いと思います。

・車検、自動車税、点検費用などの諸費用が含まれている契約なので、月々の支払い以外の突然の出費がなくていいのが魅力的です。

・まとまったお金が必要ないし、車検代や税金も込みで、車の維持で突出した費用が生じる月がないことが最大のメリットですね。

・カーリースにした一番の理由は、車の維持費を一定にするためです。

・新車で好みのグレードの車を利用できることが何よりです。リース料金以外には消耗品にかかる費用だけで済み、必要経費が算出し易いというメリットもあります。

・リース期間中の定額が便利です。納車までの流れがスムーズで、ネットで手続きを完結できるので満足です。

・まとまったお金が出て行かないことと、面倒な手続きがいらないことがメリットだと感じました。

・頭金が不要なのと、月々の支払いが安く済む(残価設定があるため)のが魅力的です。

・メンテナンスがきっちりと予定に組まれているのと、些細なことでも相談できたりするのが良いです。

・車屋さんのメンテナンスも「これでもか!」というくらい、しっかりしています。

レビューから見えてくるカーリースのメリット

上記のレビューを見ますと、「カーリースの料金が車の維持費込みで毎月定額であるため、出費が安定して助かる」という声がかなり多いことがわかります。事実、これはカーリースの最大のメリットだと言えるでしょう。

他にも、利用の手続きが簡単なこと、頭金が不要なこと、月々の支払いが安く済むこと、メンテナンスをしっかり実施してもらえることなどを評価するレビューがありますね。これらも、カーリースを利用するメリットと言えます。

 

レビューや口コミから見るカーリースのデメリットとは?

次に、カーリースを利用して失敗したと感じている人のレビューや口コミと、そこから見えるカーリースのデメリットについてご説明します。

カーリースについての悪いレビュー

・カーリースでかかる総額の方が、ローンで車を買って自分で整備した場合にかかる総額よりも高いことに気づきました(契約満了時にカーリースの車を買い取ることにした場合)。

・返却時期が近づくにつれて、走行距離制限超過による料金請求や、破損修理代の中の免責額を超える部分の請求などの、カーリースならではの精算について心配になります。

・指定の整備工場が自宅と同市内にあると思っていたが、実際は隣の市だったので不便に感じます。

・指定の整備工場が土日に営業していないのがネックです。

・カーリース会社とディーラーとのやりとりがスムーズでなかったと思います。

・納車のために約80km自走してきたのが不満です。シートにビニールもなく、中古車みたいでした。

レビューから見えてくるカーリースのデメリット

レビューの中にある通り、契約満了時に車を買い取ることにした場合、カーリースでかかる費用の総額は、車を最初から購入して維持管理のために、その都度お金を支払っていく場合にかかる費用の総額よりも高くなります。なぜなら、カーリースの料金には金利やカーリース会社の利益分が上乗せされているからです。

また、走行距離制限を超過すると追加料金が発生しますし、返却時の車の損耗状況によっては修理代を請求されることがあります。

これらは、車が「借り物」であることに伴うデメリットだと言えるでしょう。ちなみに、今回調べたレビューにはありませんでしたが、カーリースの車に勝手に改造やカスタマイズを加えることも、原則としてできません。

指定整備工場の立地や営業日について不便に感じる、納車が自走で行われた、などのレビューもありましたね。こうしたトラブルや問題は、契約前にカーリース会社によく確認することによって、未然に防ぐことができるでしょう。

 

レビューを踏まえた結論、カーリースが向いているのはこんな人!

ここまで見てきたカーリースについての良いレビューと悪いレビューを踏まえると、カーリースに向いているのは、おおむね以下のような人たちだと言えます。

・月々の支払いを安定させたい人
・面倒な手続きをせずに車に乗りたい人
・まとまった額の出費を避けたい人
・車のメンテナンスや車に関する手続きを業者にお任せしたい人
・走行距離があまり長くない人
・車を大切に扱える人
・車の改造やカスタマイズに興味がない人
・車が自分の物にならなくていい人(数年後に車が不要になることがわかっている人)
・車を購入するかどうかはリース期間を経てから決めたいという人

今回は、カーリースについてのレビューや口コミを見ることによって、カーリースにどんなメリットやデメリットがあるか、カーリースにどんな人が向いているか、などについて考えてきました。カーリースの利用を検討する際には、是非レビューや口コミを参考にしてみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの残価精算とはどんな仕組み?メリットやデメリットを解説!

新しいマイカーの導入方法として、近年浸透しつつあるカーリースですが、一般的な個人向けカーリースと残価は切っても切り離せない関係にあります。 カーリース会社によっては「残価清算なし」を宣伝文句に掲げているところもありますが、そもそも残価とは何なのか、残価清算とはどんな仕組みなのでしょうか。ここでは、残価設定のあるカーリース契約の場合のメリット、デメリットとともに徹底解説します。

カーリースを利用する場合、保険料はどうなるの?カーリース料金の内訳や保険の種類について解説!

車を利用する上で欠かせないのは保険です。万が一の備えとして、ほとんどの人が自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しています。では、カーリースを利用する場合、保険料はどうなるのでしょうか。カーリース料金に、保険料は含まれているのでしょうか?

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

車検証とはどんなもの?発行や再発行にはどのような手続きが必要?

車を保有するのであれば欠かせないのが車検ですが、車検証の重要性を実感する機会は少ないのではないでしょうか。普段は、自賠責保険証と一緒にグローブボックスに入れっぱなしになっていて、しっかりと内容を確認したことがないという方も多いのではと思います。 ここでは、車検証とはどういうものなのか、氏名や住所変更の際にはどんな手続きが必要なのか、また万が一、紛失してしまった場合にはどうすればいいのかなどをご紹介します。