カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

半年などの期間で利用可能!短期のカーリース

近年、カーリースが注目を集めています。カーリースとはリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。ユーザーはリース会社に毎月リース料金を払います。リースの契約期間の長さは3年間とか5年間などが一般的ですが、半年など短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。短期のカーリースですと1年単位、半年単位、1か月間単位などでも契約できます。短期間だけ車を利用したい人のニーズに応えたサービスです。ここでは短期のカーリースについて解説し、おすすめの業者もご紹介したいと思います。

半年などの短期のカーリースのメリットとは?

例えば半年だけカーリースで車を利用したい場合について考えてみましょう。

従来のカーリース契約をするとどうなるでしょうか。通常のカーリース契約ですと数年単位でしなければなりません。半年だけカーリースを利用する場合には途中で解約することになります。

しかしながら、一般的に言ってカーリース契約は途中で解約できません。どうしても解約したい場合には高額な違約金を支払う必要が生じてしまいます。そのため、半年だけカーリースを利用してその後に解約するという方法は事実上取ることができません。

レンタカーのサービスを利用するとどうなるでしょうか。レンタカーと言えば数時間から数日のみ利用するのが普通ですが、最近は1週間もしくは1か月のレンタルをする業者も出てきています。

では料金はどれくらいでしょうか。一例として軽自動車をレンタルした場合を考えましょう。料金を調べたところ、あるレンタカー業者では1か月あたり40,000円程でした。これでは半年で合計240,000円もかかってしまう計算です。そのため、半年という期間でレンタカーを利用するのは現実的ではないでしょう。

このように、従来のカーリースでは半年間だけの利用はできませんし、レンタカーの場合は高額になってしまいます。そこで登場するのが短期のカーリースのサービスです。

後程ご紹介するおすすめの業者のプランを見ていただければ分かる通り、短期のカーリースであれば軽自動車ですと1か月あたり15,000円程の料金で利用できます。初期費用で20,000から30,000円程かかる場合もありますが、それを含めても半年のカーリースで合計110,000円から120,000円程です(ただし、必要に応じて自己負担で任意保険に加入する必要があります)。レンタカーと比べると約半分程度の出費で済ませることができますね。

ですから、半年などの期間限定で車が必要な人にとって短期のカーリースのサービスはとても便利なわけです。実際、短い期間だけ車が必要になるというのは誰にでも起こり得る話です。

例えば、仕事で数か月や半年の間、田舎に滞在しなければならなくなる場合があるかもしれません。普段生活している都市部では、電車やバスで用を済ませることができていたので車は所有していなかったとして、滞在先では電車が通っておらずバスもわずかな本数しかないとします。車がないと仕事もできなければ生活もできないという環境です。こんな場合には車を切実に必要とするでしょう。

他にも、家族が怪我をしたり病気になったりしてしばらくの間、車での送迎が必要になるなど、いろいろなケースが考えられます。そういう場合に短期のカーリースのサービスがとても助けになるのです。

 

短期のカーリースならココがおすすめ!

半年などの短期のカーリースが利用可能なサービスを提供しているお勧めの業者をご紹介します。

リボーン・カーリース

「リボーン・カーリース」は北海道エリア、東北エリア、東海エリア、近畿エリア、四国エリアと広範囲に店舗を構えています。最短契約期間は1か月です。

車種などによって月額15,000円から、月々21,000円から、月々27,000円からの3つのコースを用意しています。リース料金には車両使用料のほかに、自動車税、重量税、自賠責保険料、納車前の整備点検費用やエンジンオイル交換費用などが含まれています。

初回登録等手続き費用として軽自動車の場合は15,000円、普通自動車の場合は22,000円かかりますが、走行距離の制限はありません。

例えば「リボーン・カーリース」でスズキのワゴンRを半年間カーリースするといくら必要になるでしょうか。料金が月々15,000円ですから、半年でカーリース費用は90,000円です。車両準備費用が15,000円なので合計105,000円になります。これにプラスアルファで車庫証明取得費用や任意保険料などがかかります。

とてもお手頃な料金ですので、期間限定で車が必要な場合には利用価値がありますね。

ニコリース

「ニコリース」は神奈川県横浜市、平塚市などを中心に店舗を展開しています。埼玉県所沢市にも1店舗あります。最短契約期間は2か月で、利用期間を1か月単位で選択できます。

さまざまな車種の中古車を月々15,000円からの料金でリースすることができます。リース料金には車両使用料の他に、自動車税、重量税、自賠責保険料、車両償却費用が含まれています。

契約時に車両準備費用として35,000円がかかります。車両準備費用には納車前の車検代、点検費用、エンジンオイル交換費用、各種油種類の補充費用などが含まれています。月間走行距離制限は2,500kmまでです。これはゆとりのある距離制限と言えるでしょう。

例えば「ニコリース」で日産のモコを半年間カーリースすると合計いくらになるでしょうか。料金が月々16,500円ですから半年間のカーリース費用は99,000円です。車両準備費用が35,000円ですから合計134,000円になります(契約時に保証金として50,000円が必要になりますが契約終了時に返金されますので費用には含めません)。これに加えて任意保険料などがかかります。

アラジンスタジアム

「アラジンスタジアム」は九州に数多くの店舗を展開しています。山口県にも店舗があります。

月々10,000円からの料金でカーリースのサービスを提供しています。車両使用料に加えて車検代、自動車税、タイヤなどの消耗品の交換費用もリース料金に含まれています。

カーリース契約期間は基本的に半年や1年などになり、さまざまな車種から選択が可能です。任意保険は必要な時期のみの加入が可能ですので不必要な出費が発生しません。

車種によって月間1,500kmから2,000kmまでの走行が可能です。

 

最後に

ここでは1か月、数か月、半年などの期間で利用可能な短期のカーリースについて考えてきました。
短期のカーリースでは必要な期間だけ車を利用できますし、料金もお手頃なものとなっています。

「短期間だけ車が必要になった」という方は、是非短期のカーリースの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

※注意すべき点として、同じ短期のカーリースでも業者によってサービスや契約の内容は異なってきます。ですからトラブルを回避するためにご自分でよく内容を確認するようにしてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検の有効期間は何年か? 10年過ぎた車は間隔が変わる?

車を維持していく上で、必ず受けなければならない車検。何年でその必要が来るのか、また何年毎に受けなければならないのかしっかりと把握していますか?車検にはまとまった費用が必要となるため、「何年」という間隔がわかっていれば、前もって準備をしておくこともできますよね。今回は、新車と中古車での変化や、車種別の違い、また10年経過した車は間隔が短くなるのかなど、車検の年数についてご説明していきます。

ネット審査が可能な注目のカーリースをご紹介!

カーリースの利用を申し込むうえで必ずといっていいほどあるのが審査ですよね。カーリースを利用する上で、料金を支払う能力があるかどうかを審査されるのですが、この審査に通過できないとカーリースを利用することができません。また、カーリースの審査は店頭だけではなく、ネットでも可能なカーリースが多くあります。今回はカーリースのネット審査を中心にまとめていきます。

新潟県のおすすめのカーリース会社をピックアップ!

最近は、車を保有する方法の一つとしてカーリースが増えています。法人向けだけではなく個人向けのカーリースのサービスも数多く見られるようになりました。今では全国どこでも個人向けのカーリースを利用することができるようになっています。ここでは、新潟県で利用できるおすすめの個人向けのカーリースの会社をピックアップしてみたいと思います。