カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

右肩上がりの個人向けカーリース、今後の市場規模の動向は?

「車に乗りたいけれど購入する余裕がない」そんな人たちの選択肢となるのが、カーリースです。近年はカーリースをはじめとして車の乗り方の多様化が進んでいて、購入するということ以外の選択をすることもできるようになりました。 今回はカーリースに関して、その市場規模に注目し、カーリース市場が近年どのように拡大および成長を続けているのかについてご紹介します。

市場規模の拡大・成長が続くカーリース、購入と比べた場合のメリットは?

カーリースの市場規模を確認する前に、まずはカーリースのメリットを確認しておきましょう。車を所有するということに違いはありませんが、車を購入するのとでは違いも少なくありません。

カーリースとは、カーリース会社と契約を結び、リース料金を支払うことで車を所有することができるというものです。カーリース会社は自社の資産として車を所有していて、その車を有料で貸し出しているというわけです。

そんなカーリースのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

初期費用を抑えられる

メンテナンスや面倒な手続きをカーリース会社に任せることができる

車にかかる料金がリース料金に一本化される

では、それぞれ確認していきましょう。

初期費用を抑えられる

新車で購入しようとした場合、車体の代金だけでも100万円以上の費用が必要になることがほとんどです。これに加えて、税金や各種手続きにもお金が必要となるなど、ある程度まとまったお金を用意しなければいけません。

一方で、カーリースの場合は基本的に必要になるのは毎月のカーリース料金を支払うだけです。どのカーリース会社を利用するか、どの車を選ぶのかによって違いはでてきますが、安いものだと月額1万円ほどで済むケースもあります。

まとまったお金を用意する余裕がないという人にとって、カーリースは大きなメリットとなるのです。

メンテナンスや面倒な手続きをカーリース会社に任せることができる

車を所有するとなると税金の支払いや車検などさまざまな手続きが発生します。これらの手続きはどんなに慣れていても面倒なものです。しかし、カーリースであればこれらの手続きは全てカーリース会社に任せることができます。

先ほども紹介したとおり、カーリースの場合、車の利用者はカーリース会社から車を借りているのであり、車の本来の所有者はカーリース会社となります。そのため、税金や車検といった手続きを任せることができるのです。

車にかかる料金がリース料金に一本化される

カーリースの場合、車両代金や税金、車検代などの車を所有するにあたってかかる費用は全て毎月のリース料金に集約されます。例えば月額2万円であれば、その2万円の中に必要なお金が全て含まれるというわけです。

ガソリン代や駐車場代などは利用者負担となりますが、毎月必要になるお金が一本化され、計算することができるので、家計の管理も楽になるはずです。

以上がカーリースのメリットです。車は買うものと思っていた人も、カーリースが意外と便利なことを理解していただけたでしょうか。

 

2018年時点の個人向けカーリースの市場規模は前年比2割増の26万台!

利用者にとってさまざまなメリットを持つカーリースですが、その市場は、一体どのようなものになっているのでしょうか。ここからが今回の本題です。

一般社団法人日本自動車リース協会連合会が発表したデータによると、2018年時点における個人向けのカーリース車両の保有台数は25万6,936台となっています。この数字は前年同期比で120%であり、カーリースの市場自体が成長していることがわかります。

また、個人向けのカーリースと法人向けのカーリース車両を合わせた総車両台数は約360万台で、そのうち個人向けのカーリース車両は約7%を占めています。

約7%という数字をまだまだ少ないと感じる人もいるかもしれませんが、ここ数年でその車両数が約10万台近く増加しており、個人向けのカーリースはまさに今、成長している最中であると言えます。

このように、カーリース業界は成長中の市場であり、規模も大きいため、今後も新たな企業が参入してくる可能性は十分に考えられます。

また、利用者としても、先ほど紹介したメリットを抑え、各カーリース会社のサービスの特徴を把握しておくことで、購入するよりも、かなりお得な状態で車を利用できるようになることも期待できます。

 

個人向けカーリースの2022年の市場規模は93万台を超えると予測

2018年の時点ですでに、個人向けのカーリースの市場規模が少しずつ拡大していることがわかりました。この勢いはどこまで継続していくのでしょうか。

そこで、2022年のカーリースの市場規模予測についてご紹介します。

2018年の時点で前年同期比120%という成長を見せていますが、これが2022年度になると現状の3~4倍にあたる93万台を突破するとみられています。

先ほど紹介したように、2018年度時点では個人向けのカーリースの車両台数は25万6,936台でしたが、これが2022年には約93万台になるというものです。

さらに、これが2024年になると個人向け、法人向けを合わせたカーリースの車両台数は約480万台を超えるとも予測されています。2018年時点の台数が約360万台であり、わずか6年で100万台以上増加するとされているわけです。

数字だけだと、なかなかイメージしにくい部分もあるかもしれませんが、新車販売が落ち込み気味であるということに加え、カーリースの契約年数が伸びている傾向にあることから、カーリースは今、まさに成長段階であり、これから先の成長も予測されているのです。

 

個人向けカーリースの成長は整備工場などの参入による影響大

市場規模が拡大し、これから先もさらなる成長が期待されるカーリース市場ですが、なぜここに来て成長しているのでしょうか。最後にカーリース市場規模成長の要因に迫ります。

個人向けカーリース市場が成長している要因として考えられるのは、整備工場やガソリンスタンドなどによるカーリース参入が増えていることが挙げられます。

カーリースというと、自動車メーカー系のディーラーがサービスを展開しているイメージがあるかもしれません。しかし、実際には先述のような整備工場やガソリンスタンド、さらには中古車販売店など非ディーラー系の事業者も少なくないのです。

このような事業者は、カーリースを行うことで、本業の部分の需要を確保することができるというメリットがあります。

例えば、整備工場がカーリースを行うことで、メンテナンスや車検を自分たちの工場で行うことができ、本業の「整備」の部分での仕事を獲得することができるというわけです。

そのほかにも、ガソリンスタンドであれば、カーリース利用者にたいしてガソリンの割引サービスを行うこともできるなど、自分たちが本来持っているサービスとの相乗効果も期待することができるのです。

カーリースの市場規模が成長している要因としては、他にも個人向けのカーリースそのものの認知度が向上し、知名度も上がりつつあること、カーリース会社の各社の評判が口コミなどで広がっていることなども考えられます。

 

まとめ

今回は、カーリースに関してそのメリットと、市場規模について紹介してきました。カーリースの市場は今まさに成長段階にあり、今後もますます、その市場規模が大きくなっていくものと考えられます。

もしかしたら、車というと購入するのが一般的であるという従来のイメージが変わってくるかもしれません。これから車を所有しようと検討している人は、購入だけでなくカーリースも選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

困ったときに知っておきたい!パンクやすり減りなどカーリース中のタイヤ問題について

車の生命線とも言える大事な部品のタイヤは、消耗品ですので定期的に交換することが不可欠です。また、寿命が来ていなくても、鋭利なものが刺さったりしてパンクしてしまうこともあります。では、カーリースの車でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が必要になったときにはどうしたらいいのでしょうか?