カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

営業車は購入よりもカーリースの方がお得?

営業車を法人向けのカーリースで調達している法人や企業は少なくありません。では、実際のところ、営業車は購入するよりも、カーリースを利用した方がお得だと言えるのでしょうか?

法人向けのカーリースとは?

カーリースでは、車を購入するのではなく、3年や5年などの長期間、毎月のリース料金を支払って、車を利用します。リース契約ですので、車の「所有者」はカーリース会社ということになります。カーリースを利用する法人や企業は車の「使用者」という扱いです。

レンタカーとは違い、在庫の中から車を選ぶわけではありません。契約が成立してからカーリース会社がディーラーに車を発注しますので、多種多様な車種から車をリースできます。つまり、それぞれのニーズに合った営業車を選択できるのです。メーカーオプションやディーラーオプションも付けられます。

法人向けのカーリースには「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」があります。

ファイナンスリースは営業車を調達するための金融的性格が強いリース契約です。リース料金には、車両本体価格、登録費用、契約期間内の自動車税のみが含まれます。

最初の車検までの自動車重量税や自賠責保険料はリース料金に含まれますが、車検代、整備点検費用、エンジンオイルなどの消耗部品の交換費用といったメンテナンスに関わるサービスは含まれません。

メンテナンスリースでは、リース料金に、契約期間内の各種税金、自賠責保険料、車検代、整備点検費用、オイル交換、消耗部品の交換の費用も含まれ、メンテナンスサービスという価値が付加されたカーリースとなっています。

カーリースでは、ファイナンスリースよりもメンテナンスリースが主流となっており、法人や企業が営業車を利用する上でもメリットのあるリース形態です。

 

営業車を法人向けカーリースで調達するメリット

営業車をカーリースで調達することにはどんなメリットがあるのでしょうか?

以下にそのメリットを挙げていきます。

健全な財務諸表を維持できる

営業車を購入する場合には、まとまった資金が必要です。現金での購入の場合には、現金の流失、買掛の場合は買掛金が増加します。結果として、流動資産の減少と流動比率の悪化を招くことになり、その先の事業計画にも影響が出る場合があります。

しかし、カーリースであれば毎月定額のリース料金を費用計上するだけで、営業車を利用することができます。

経費計上の処理が楽

法人が営業車を購入した場合、営業車は固定資産として計上し、購入費用を6年間(軽自動車の場合は4年間)にわたって減価償却しなければなりません。一方でカーリースの場合は、毎月のリース料金をそのまま経費として計上するだけで済みます。

面倒で複雑な事務処理が不要ですので、担当者の負担を減らすことができます。

※契約の種類によってはカーリースでも資産計上しなければならない場合があります。

節税につながる

先に述べた通り、営業車を購入した場合には、車を固定資産として計上しなければなりませんが、固定資産は課税の対象となってしまいます。カーリースであれば、基本的に資産として計上する必要がありませんので、節税につながると言えます。

また、カーリースの中でも特にメンテナンスリースの場合は、車両本体部分のリース料だけではなく、各種税金、車検代、整備点検費用、消耗品交換費用もまとめて経費として計上できるので、節税効果を期待できます。

※契約の種類によってはカーリースでも資産計上しなければならない場合があります。

経費が安定する

営業車を購入すると、車検などのタイミングでまとまったお金が必要になります。購入後も維持費が色々とかかってきますので、経費の額が安定しません。

しかし、カーリースの場合、特にメンテナンスリースは、毎月のリース料金を支払ってさえいれば、他にかかるのは駐車場代やガソリン代くらいになりますので、経費が非常に安定します。

メンテナンスの手間がかからない

メンテナンスリースの場合は、営業車のメンテナンス作業の手間を省くことができます。メンテナンスのほとんどをカーリース会社が行なってくれるからです。営業車を管理するための時間や作業をカットできますので、台数が多くなるほど、カーリース契約を利用するメリットは大きくなります。

営業車の乗り換えも気軽にできる

カーリースの契約期間が終了すると、営業車を返却することになりますが、その際、新たに別の営業車でリース契約をすることができます。つまり、契約期間が終わるごとに営業車を気軽に乗り換えることができるのです。

一方、営業車を購入した場合は、乗り換えるにあたり、売却や新規購入の手続きをしなければなりません。売却の際には車両運搬具売却損益を計上する必要もあり、いろいろと大変です。

このようにカーリースには様々なメリットがありますから、法人や企業が営業車をカーリースで調達することには確かに価値があると言えます。

 

法人向けのカーリースサービスをご紹介!

最後に、参考までに営業車を取り扱う法人向けのカーリースサービスを参考までにご紹介します。

オリックス ビジネスカーリース

国産であれば、全メーカー・全車種に対応しています。また、中古車のリースも行なっています。メンテナンスリースを利用の場合、全国9,000ヵ所以上の提携整備工場で点検サービスを受けることができます。

専門のスタッフが24時間365日フリーダイヤルで契約者の相談に対応する「オリックスセフティーサービス24」も利用することができます。

ニッポンレンタカー カーリース

「ニッポンレンタカー」の特徴的なカーリースプランは「コンビネーションプラン」です。このプランでは、レンタカーとカーリースを組み合わせたシステムでサービスを提供しています。

最低限、必要な台数の営業車をカーリースとして契約し、繁忙期だけ追加で必要になる営業車をレンタカーとして利用するという画期的なプランとなっています。

三井住友オートサービス

質の高いメンテナンスサービス体制を用意しています。万が一の事故や故障の際にも、スピーディに対応してくれます。全国47か所の営業拠点と13か所のサービス拠点を有しており、地域に密着したサービスも行なっています。

コスモスマートビークル

「コスモスマートビークル」は個人向けのカーリースサービスで有名ですが、法人向けのサービスも展開しています。個人向けのカーリースと同様に、法人向けにおいても、ガソリン代割引のサービスを行なっています。

ニコリース

中古車のカーリースを行なっており、営業車や業務用の車も利用できます。中古車ですので、リース料金がリーズナブルですし、最短2か月という短い期間のリースも可能です。

TBカーズ 

中古車をお手頃な価格でリースしており、最短1か月から利用できます。カーリースだけではなく、マンスリーレンタカーのサービスも提供しています。

 

このように、営業車を扱う法人向けのカーリースサービスは数多くあります。利用を検討する際には、用途に合ったサービスプランやリース料金を設定しているカーリース会社を探すようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。