カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

困ったときに知っておきたい!パンクやすり減りなどカーリース中のタイヤ問題について

車の生命線とも言える大事な部品のタイヤは、消耗品ですので定期的に交換することが不可欠です。また、寿命が来ていなくても、鋭利なものが刺さったりしてパンクしてしまうこともあります。では、カーリースの車でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が必要になったときにはどうしたらいいのでしょうか?

パンクした!カーリース中、タイヤなどのメンテナンス費ってどうなるの?

 

カーリースにおいて、タイヤのパンク修理やタイヤ交換などのメンテナンス費が自己負担かどうかは、契約内容によって異なります。細かい契約内容はカーリース会社によって様々なのですが、大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つがあります。

ファイナンスリース

ファイナンスリースは、リース料金に車両代、登録諸費用、各種税金、保険料のみが含まれる契約です。つまり、メンテナンスに関係する費用は料金に含まれません。ですから、タイヤ交換などの消耗部品、オイル類の交換は自己負担で実施しなければなりませんし、車検料も自分で負担することになります。

ファイナンスリースには、月々のリース料とは別にメンテナンス費をその都度捻出しなければならないというデメリットがありますが、契約内容がシンプルなのでリース料を安く抑えられるというメリットもあります。

メンテナンスリース

ファイナンスリースは、リース料金に車両代、登録諸費用、各種税金、保険料に加えて、車検料、整備点検、修理、消耗部品の交換などのメンテナンス費が含まれる契約です。

ただし、契約に含まれるメンテナンスの具体的な内容はカーリース会社によって異なります。場合によっては、メンテナンスリースを謳いながらもタイヤのパンク修理やタイヤ交換は契約に含まれていない、ということもあり得ます。

また、消耗部品を交換してもらえる回数もカーリース会社によってさまざまです。ですから、契約前にメンテナンスサービスの内容を十分確認するようにしましょう。

メンテナンスリースはファイナンスリースよりも料金が高めになりますが、諸々のメンテナンス費が月々定額のリース料に含まれるので、車の維持管理がしやすいという大きなメリットがあります。

 

タイヤ交換など、メンテナンスリースに含まれるものと含まれないものとは?

ここで、メンテナンスリースに含まれるものと含まれないものを具体的にご説明します。

ただし、前の項目でご説明した通り、同じメンテナンスリースでもカーリース会社によって契約内容は異なります。以下はあくまでも一般的な例に過ぎませんので、最終的には必ずカーリース会社に確認するようにしましょう。

メンテナンスリースに含まれるもの

車両関連

車両代、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険、賠償保険、車両保険

メンテナンス関連

車検、定期点検、法定点検、スケジュール点検、正常使用中の故障修理やパンク修理、エンジンオイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換、各種消耗部品の交換

メンテナンスリースに含まれないもの

各種諸費用

ガソリン代、駐車場料金、洗車代、有料道路利用料金、ユーザーの過失で起きたトラブルの対処費用、ホイールキャップおよびタイヤなどの盗難や紛失の場合の補填、ロードサービス、法令の制定や廃案に起因する費用、官公庁の指示指導によって生じる費用

メンテナンス関連

指定メンテナンス工場以外での無断修理、ユーザーの過失による故障の修理、経年劣化による腐食や退色が原因の修理、水抜き剤など各種添加物の費用、タイヤチェーンやジャッキなどの各種用品、車載工具の補充、パンク修理などの出張費、タイヤ保管に関わる費用

装備品(※特約で契約した場合を除く)

車両に付属するカーナビやオーディオ装置などの修理や整備、改造部分の故障修理および取り換え費用、エアバッグの取り替え費用(※事故で使用した場合は保険対応となります)、内張りやダッシュパネルなどの外装品の修理および交換費用

事故

外部要因によって生じた破損の修理費、天災などの不可抗力に起因する損傷や不具合の修理費、保険でカバーできない修理費や賠償金

タイヤについての注意点

メンテナンスリースに含まれるものとそうではないものについての具体的なイメージが湧いたでしょうか?

メンテナンスリースにはタイヤのパンク修理が内容に含まれていますので安心できますね。ただし、出張費は自己負担になっている点に注意しましょう。また、正常使用中以外のパンク、つまり事故などによるパンクは対象外となります。その場合は保険で対応することになるでしょう。

メンテナンスリースの場合、タイヤ交換なども契約に含まれることが多いですが、契約回数を超えた場合には自己負担となります。

また、上記の例からもわかる通り、指定工場以外の場所で、無断でタイヤを交換した場合にも契約の対象外となってしまうことがありますので注意しましょう。さらに、パンク修理と同様、事故によるタイヤ交換についても保険で対応することになります。

 

カーリースの車にスタッドレスタイヤはつけられるの?

雪が降ったり、路面が凍結したりする地域では、冬場に「スタッドレスタイヤ」をつけておくと安心です。スタッドレスタイヤとは、文字通りには、鋲(=スタッド)が無い(=レス)タイヤのことです。

以前は冬用タイヤとして、鋲がついた「スパイクタイヤ」が主流でしたが、路面を削って粉塵を出しながら走るという問題点があったため、使用されなくなり、現在は鋲がついていないスタッドレスタイヤが主流となりました。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの大きな違いは、そのゴムの質にあります。スタッドレスタイヤは低温域でもしなやかさが保たれるゴムを使用していますので、冬道でも滑りにくいのです。

では、カーリースの車にスタッドレスタイヤをつけることはできるのでしょうか?

もちろん、スタッドレスタイヤをつけることは改造には当たりませんので、カーリースの車にスタッドレスタイヤをつけることに特に問題はありません。

ただし、その費用が自己負担になるかどうかは契約内容によって異なります。前述の通り、ファイナンスリースの場合は、基本的に自己負担でスタッドレスタイヤをつけることになります。

では、メンテナンスリースの場合はどうでしょうか?

この点についてもカーリース会社によって対応が異なります。交換用タイヤとして、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤをセットで提供しているカーリース会社もあれば、追加料金を支払ってオプションとしてスタッドレスタイヤをつけなければならないカーリース会社もあります。

今回は、カーリース中のタイヤ問題にどう対応できるかを見てきました。メンテナンスリースであれば、多くの場合、パンク修理やタイヤ交換などをカーリース会社の負担で対応できます。タイヤに関係するトラブルが心配な方はメンテナンスリースを利用するとよいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検で失敗しないために…車検ではどんな項目が検査されるのかを知っておこう!

車検で車の検査が行われることは知っていても、具体的にどんな項目が検査されるのかは知らない方も多いのではないでしょうか?しかしながら、車検の検査項目を知っておくことにはいろいろなメリットがありますので、今回の記事では、車検で検査される項目について徹底解説します!