カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

多面的な魅力と価値を持つ人気車!ヴェゼルに乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

SUVに乗りたい人なら必ず候補に挙がると言ってもいいのがホンダのヴェゼルです。今回は、ヴェゼルに魅力に徹底的に迫ってみましょう。またSUVに乗るには予算が多くなりがちです。その中でもお得にヴェゼルに乗るにはどのような購入方法がいいのでしょうか。通常購入とカーリースを比較して、おすすめの買い方を見てみましょう。

ヴェゼルが高い人気を誇る理由とは?

SUVとして国内トップクラスの売り上げを誇るヴェゼルは、走りやすさとSUVの重厚感を併せ持つ、バランスがいい車です。ガソリン車の展開もありますが、ヴェゼルならハイブリット車が断然人気です。

コンパクトなSUVと言われているだけあって、小回りの利くボディで街中での走行や駐車がしやすいというメリットがあります。コンパクトの中にもスポーティなデザインがあることで、「都会派SUV」として人気を得ているのでしょう。

ヴェゼルは発進や加速がいいだけでなく、静粛性を極めているので、安定して快適なドライブを楽しめます。振幅感応型ダンパーで大きな振動を吸収するため、長距離の移動でも安定した走りをしてくれます。

ヴェゼルのスペックは走行だけではありません。近代の車らしく様々な安全アシスト機能を標準装備として備えています。ブレーキを掛けた際の車輪ロックを防ぐ4輪アンチロックブレーキシステム、車輪の空転を抑えるトランクションコントロールシステム、車体の安定させるための所領挙動安定化制御システム標準装備しています。

これらの性能は、雨や雪などの悪天候時やハンドルを切った際の横すべりに備えたものになっています。また、急ブレーキ時にはブレーキランプだけでなくハザードランプを自動で点滅させるエマージェンシーストップシグナルが働きます。

坂道発進の後進を防ぐ、ヒルスターアシスト機能など安全性能を備えているため、予防安全性能評価にて、最高ランクの「ASV++」を獲得しています。快適、安全かつ運転しやすいので、重厚感のある車に乗りたいけれど、大きな車の運転に自信がないという人でも乗りやすい車です。

 

ヴェゼルの新車に乗るなら、購入よりもカーリースがおすすめ!

個人で車を手に入れる方法と言えば、現金一括購入かオートローンを思い浮かべることが多いかと思います。これまでカーリースは法人での利用が多かったのですが、ここ最近個人でもカーリースを利用する人が増えてきています。その理由は、カーリースの方がお得に車に乗れることがあるからです。

なぜ、お得に乗れるのか知るために、まずはカーリースの仕組みを見てみましょう。カーリースは、カーリース会社所有の車を一定期間借りて、車の「使用者」として乗る方法です。契約期間中は車を手元に置いて管理できますが、あくまで「所有者」はカーリース会社のままです。

契約期間が終われば、カーリース会社の元へ返却します。契約プランによっては、買い取ったり契約延長をしたりできることもあります。

長期レンタカーのような感覚ですが、車のナンバーは「わ」ナンバーではなく通常のナンバーを取得できます。また、車の通常の新車購入時と同じように、自由に乗りたい車やオプションを選び契約者のための新車として用意されます。

ここまで見ると、新車の通常購入とあまり変わらないように思えますがカーリースのメリットは料金形態にあります。通常、新車を購入するとまず車両代金がかかります。一括で支払うか、頭金を支払って分割にします。

それに加えて、新車購入の登録諸費用がかかります。自動車取得税、重量税、自動車税、自賠責保険料などの諸費用を車両代金の他に支払わなければいけません。このように新車購入時にはある程度まとまった額の初期費用が必要なのです。

一方、カーリースの場合、車両代金と諸費用を合わせた金額をカーリース料金として設定しています。その金額を契約期間の月数に合わせて割るので、最初の月から一定の金額を支払っていきます。

最初の月にまとめて初期費用を払う必要がなく、契約期間に分割して支払っていけるのです。そのため、少ない初期投資で新車に乗ることができるというメリットがあります。

また、カーリースでは、車両代金から残価を差し引いて金額を設定することがあります。これは、契約期間満了後の車の予想査定価格を残価として、その分はカーリース料金に含めない方法です。

契約期間中の車両価格だけを支払えばいいので、同じ車に乗る期間によっては通常購入よりお得な価格で乗ることができます。また、お得な料金設定や毎月の定額の支払いで新車に乗れるので、その分、車のグレードやオプションに回して好きな車に乗りやすいというメリットもあります。

 

ヴェゼルに乗れるカーリース会社をご紹介!

カーリース会社によってプランや料金、特徴など様々です。どのカーリース会社がいいかは、ライフスタイルやどのようなオプションを付けたいかによって異なります。そこで、ヴェゼルに乗れるカーリース会社とその特徴を紹介します。

オリックス自動車

契約期間が異なる3つのプランから選べ、どれも車検無料クーポン、オイル交換無料クーポンをつけて車の管理もサポートしています。5年契約の「いまのりくん」では、2年経過すると自由に乗り換えや返却ができます。

7年契約の「いまのりセブン」と9年契約の「いまのりナイン」はそれぞれ5年、7年が経過すると車を返却、乗り換えができ契約期間満了後は車を自分のものにすることも可能です。

コスモスマートビーグル

コスモ石油のカーリースなので指定カードでのガソリン給油時の割引サービスが受けられます。最大の特徴は契約年数だけでなく、走行距離、メンテナンスパック、頭金とボーナス払いの有無を好きな組み合わせで設定できることです。生活スタイルや予算に合わせて自分に合ったカーリースプランを作れます。

定額ニコノリパック

一般的なカーリース会社と比べて低価格の秘密は「お値引き」のシステムです。きちんと定期点検を受け、走行距離の指定を守ることで車の残価を高め、その分、事前にカーリース料金から値引きしています。また、万が一残価と実際の価格の差額が生じた際の残価精算のリスクを負わないクローズドエンドでのカーリースです。

クローズドエンドだと通常車の買い取りはできません。しかし、定額ニコノリパックなら契約満了後は返却、延長、買い取りから選べます。リスクが少なく、かつ安くカーリースを提供しています。

 

ヴェゼルに劣らぬ人気のC-HR!カーリース料金ではどちらがお得?

人気の高いSUVにはトヨタのC-HRもあります。コンパクトなクロスオーバーSUVでヴェゼルのライバル車とも言われています。ヴェゼルと並んで人気を誇るC-HRをカーリースで乗る場合、どちらの方がお得な料金で乗れるのか比較してみましょう。

オリックス自動車

ヴェゼル

5年契約 43,740円税込

C-HR

5年契約 47,196円税込

コスモスマートビーグル

ヴェゼル

5年契約 メンテナンスシルバーパック付き 40,176円税込

C-HR

5年契約 メンテナンスシルバーパック付き 46,980円税込

定額ニコノリパック

ヴェゼル

5年契約 21,600円税込
年2回ボーナス月加算額 85,536円税込

C-HR

5年契約 32,400円税込
年2回ボーナス月加算額 46,008円税込

このように、各カーリース会社によってカーリース料金は様々です。

比べるとC-HRよりヴェゼルの方がお得な料金で乗れる傾向にあることがわかります。しかし、定額ニコノリパックだと、ヴェゼルの方が月額はお得ですが、ボーナス月に支払う額は多くなっています。ボーナス月の支出を抑えたいなら、C-HRの方が良いかもしれません。

このように、どちらにするか決める際は、月額だけでなくプラン内容も考慮して比較すると良いでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

カーリースの仕組みをきちんと理解しよう

ここ最近、新しい車の購入方法として人気急上昇している「カーリース」。気軽に車を所有することができるため、今まで金銭的に車を所有できなかった人も購入できる可能性が大きくなりました。しかし、その一方で契約をして失敗したという話も少なくありません。まずは、リース車がどのようなものなのかしっかりと知る必要があります。