カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

安い車検サービスを提供している会社はなぜ他社より安くできる?トラブルの心配は?

車検には多額の費用がかかります。そのため、安い車検サービスの利用を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「安いからには何か問題があるのではないか?」と心配されている方も少なくないはずです。そこで、今回の記事では、安い車検サービス提供会社がどうやって料金を安くしているのかについて解説します。

車検料金の内訳はどうなっているの?仕組みを説明!

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」といいます。車が安全に道路を走れるかどうか、保安基準に照らして確認するための検査です。国土交通省によって定期的に行われます。この車検に通らないと、道路運送車両法の規定により、走ることが認められません。そのため、忘れずに車検を受ける必要があります。

自家用乗用車および軽自動車を所有した場合、新車登録から初回の車検までは3年、それ以降は、2年ごとに車検を受けることになります。「車検満了日」と呼ばれる、いわゆる「検査の期限日」がありますので、この日までに車検を受けなければなりません。車検満了日は車検証で確認できます。また、フロントガラスに貼られたシール(検査標章)でも確認できます。

車検は、この車検満了日の1ヶ月前から受けられます。希望があれば、1ヶ月以上前からでも車検は受けられますが、必要以上に前倒しすると、前回の車検時に支払った車検費用がムダになってしまいます。そのため、満了日までの1ヶ月以内に受けるのがベストです。時期によっては車検が混雑しますので、予約は早めに取ることをおすすめします。

点検項目は、エンジンルームや下回りの状態、ライト類やタイヤ、オイル漏れや違法改造の有無などで、車全体のあらゆる部分をチェックします。もし不具合があったり、故障したりしている場合は、整備が必要になる場合もあります。

車検にかかる料金ですが、どうやって車検を受けるかで費用は大きく変わります。15万円近くかかる場合もありますし、10万円を切る安い値段でできる場合もあります。なぜこんなに金額に違いが出るかというと、車検にかかる費用の仕組みが関係しています。

車検費用の内訳は、「国に支払うための費用」と「車検サービス提供会社に支払うための費用」の2つに分かれています。「国に支払うための費用」とは、「自賠責保険料」「重量税」「印紙代」の3種類です。この3種類については、車検を受ける人は全員同じ金額です。そのため、どんな車検サービス提供会社で車検を受けたとしても、この費用は1円も変わりません。

つまり、車検が安い費用で済むかどうかは、「車検サービス提供会社に支払うための費用」にかかっているというわけです。「車検サービス提供会社に支払うための費用」は会社によって異なりますが、例として「車検基本料」「申請代行料」「点検料」「検査料」「登録事務手数料」などがあります。見積もりを取る際は、項目をチェックしてみましょう。

 

安い車検サービス提供会社は、このように料金を安くしている!

結論からいえば、「無駄な費用を削減しているから安い料金でできる」のです。前述のとおり、「車検サービス提供会社に支払うための費用」が安ければ安いほど、車検費用も安くなります。つまり、車検に通ることだけを目的として、本当に必要な作業だけに特化すれば、最小限の安い費用で済みます。

たとえば、格安車検会社として有名なコバックでは、国に支払う費用のほかは、点検料、検査料、申請代行料などをすべて含めた「車検基本料」のみの料金体系となっています。車の所有者から依頼されないかぎり、不必要な整備を行いません。そのため、安い料金でサービスを提供できています。

また、ホリデー車検では、「立会い説明者」が直に車の状態について説明してくれます。車の所有者は、その説明を聞いてから整備作業や追加項目の有無を選べますので、車検に不必要なコストを抑えられます。洗車や塗装、ワックスがけなど、車検の点検項目に含まれていない作業は原則カットしているので、そのぶん、費用が安くなります。

 

一見安い車検でも、後から割高な追加料金がかかることがあるので注意!

車検サービスを選ぶ場合は、単純にチラシや広告の料金だけで判断しないようにしましょう。安い車検サービスを提供している会社の中には、驚くほどの格安料金をアピールしているところがあります。

安い値段に思わず車検を依頼したくなりますが、実は、その費用の中には、車検に必要なサービスの料金が含まれていない可能性があります。そのため、後からいろいろな追加作業を上乗せすることになり、結果的に費用が割高になってしまう場合も少なくありません。

また、中には、頼んでもいないのに不要なサービスを追加してきて、安いはずの費用が高くなってしまう場合もあります。このように、一見安い車検でも、後から割高な追加料金がかかることがあるので、十分注意しましょう。

対策としては、「相場よりはるかに安い料金の場合は、まず疑ってかかること」「見積もりを取って料金の内訳をしっかり確認すること」「複数の会社で見積もりを取り、比較検討すること」などが挙げられます。

いくら安い費用で済んでも、肝心の車検に通らなければ意味がありません。また、安い費用と引き換えに安全性を失ってしまってもいけません。しかし、だからといって割高な料金を支払い、本来は必要ない過剰なサービスまで受ける必要はありません。車検には費用がかかります。後悔のないよう、安心でできるだけ安い車検サービス提供会社を選びましょう。

 

車検のことで悩みたくなければ、全部コミコミのカーリースがおすすめ!

車検にかかるお悩みを解決する方法として、カーリースの利用がおすすめです。カーリースとは、リース料金を支払うことで車を長期間借りられるサービスのことです。レンタカーと異なり、貸出期間は「年単位」と長期間となります。賃貸アパートと似たような仕組みだと考えていただければよいでしょう。

多くの場合、カーリースでは、リース料金の中に税金やメンテナンス料金が含まれていますが、その中には車検整備料金も入っています。そのため、車検に関する面倒な手続きやトラブルの心配がなく、安心して車を使うことができます。

たとえば、業界トップクラスのカーコンカーリースもろコミでは、車検基本料はもちろんのこと、自動車税や自賠責保険料、自動車重量税など、すべてもろもろコミコミでプランに含まれています。毎月ほぼ一定額のリース料金を支払えばいいので、忘れた頃にやってくる「車検」という名の多額の出費で慌てる必要がありません。

実際に、毎月いくら払うかというと、業界最安クラスの「月々税込8,000円~」からプランをご用意しています。他にも、お客様が金額を選べる「自由設計」など、お客様1人1人に合わせたお支払いが可能です。車検については、契約特典として「車検無料クーポン」が付帯していますので、こちらを使うことで、無料で車検を受けられます。

以上、安い車検サービス提供会社がどうやって料金を安くしているのかについてまとめました。車に乗る以上、車検は避けて通れないものです。できるだけ車検は安い費用で済ませ、安全で快適なカーライフを過ごしましょう。また、トラブルの心配をできるだけ無くすには、カーリースという選択肢もあります。ぜひご利用を検討してはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

車のリースは個人にもお得?個人向け車リースのメリットとおすすめリース業者のご紹介

近頃、新しい車の利用方法として「個人向けの車のリース」に注目が集まっています。 今までは欲しい車があれば自分で購入する費用や税金などを賄う必要があり、毎月の車にかかる固定費がどうしても高くなってしまうため、車を所有するのを諦めていた人もいるかと思います。しかし、個人向けの車のリースであれば余計な負担を感じることなく、車を使えると人気が出ているのです。

カーリース契約満了時に車はどうなる?4つの選択肢について解説

カーリースを利用して長年乗った愛車が契約満了を迎えると、いったいどうなるのでしょうか?「カーリースの仕組みがよくわからない」「契約満了後の手続きが複雑そう」などと考え、カーリースの利用を躊躇している人もいるかもしれませんね。今回は、契約満了時に選べる4つの選択肢について解説します。

カーリース業車の評判を徹底調査!人気のカーリース業者3選

カーリースの人気が急上昇するにつれて、リース業者もどんどん増えてきています。多様な車種やプランの中から選べるのは利用者にとっては嬉しいことですが、「どの業者が自分にとって最適なのか?」と考えた時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?カーリースの利用を考えている方のために、今回は選ぶ際のポイントとともに人気のカーリース業者をご紹介します。

専業主婦でもカーリースの契約は可能?その条件と契約方法をご紹介!

初期費用が不要で、毎月定額の利用料を支払うことで車に乗ることができる「カーリース」。車を購入するときの頭金など、まとまったお金を用意する必要がなく、月々の支出を安定させることができます。そんなカーリースですが、専業主婦でも利用できるのでしょうか。今回は、専業主婦がカーリースを利用するための条件や契約方法などをまとめていきます。

カーリースで新車にお得に乗るにはどんなところに気をつければ良いの!?知らないと損するポイントも知っておこう!

「カーリースは新車にお得に乗ることができる」という話は聞いたことがある方も多いかも知れませんが、具体的にどのような点がお得なのでしょうか?リーズナブルに新車に乗るためのポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。