カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

実際にカーリースはいくらかかる?カーリースが向いているのはこんな人!

カーリースを利用するとお金はいくらかかるのでしょうか?今回は、気になるカーリースの料金の相場をご紹介します。また、どんな人がカーリースに向いているのかも併せて解説します。

カーリースの料金の仕組みはどうなっている?

カーリースは、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出してくれるサービスです。契約期間は5年や7年などの長期に及ぶのが一般的で、ユーザーは契約期間中に毎月定額のリース料をカーリース会社に支払っていくことになります。

個人向けカーリースの毎月の料金には、車の使用料だけではなく、契約期間中に発生する各種税金、自賠責保険料、車検代も含まれるのが一般的です。プランによっては、オイル、タイヤ、バッテリーなどの消耗品の交換費用や任意保険料などもリース料に含めることが可能となっています。

カーリースの毎月の料金は、車両価格から契約満了時の車の予想下取り価格を差し引いた金額に、上記の諸々の費用や金利(リース料率)を加え、それを契約月数で割ることで算定されます。

カーリースでは毎月の料金に車の維持管理に必要な諸々の費用が含まれているため、家計のやり繰りがしやすいというメリットを得られます。自動車税で出費がいくら生じるか、次の車検でいくら必要になるかなどについて、心配する必要がほとんどないのです。

 

車種別のカーリース料金の相場はいくら?

カーリースの毎月の料金はいくらくらいなのでしょうか?その料金の相場は車種によって異なりますので、以下で相場を車種別にご紹介します。

低価格帯の軽自動車:月々1万円台

スバル「プレオプラス」、スバル「ステラ」、ダイハツ「ムーブ」、ダイハツ「ミライース」、三菱「EKワゴン」、ホンダ「N-ONE」など。

高価格帯の軽自動車、コンパクトカーなど:月々2万円台

ホンダ「N-BOX」、ダイハツ「タント」、ダイハツ「アトレーワゴン」、スズキ「ハスラー」、スズキ「アルトワークス」、日産「マーチ」、ホンダ「フィット」、スバル「ジャスティ」など。

高価格帯のコンパクトカー、SUV、ステーションワゴン、ミニバンなど:月々3万円台

トヨタ「アクア」、トヨタ「ウィッシュ」、トヨタ「ノア」、三菱「RVR」、スズキ「エスクード」、スズキ「クロスビー」など。

高級車、大型ミニバン、スポーツカーなど:月々4万円代~

スバル「レガシィ」、トヨタ「アルファード」、トヨタ「エスティマ」、日産「ティアナ」など。

※契約期間は7年間と想定した場合の料金の相場です。
※同じ車種でもカーリース会社や契約プランによって料金は異なります。

 

カーリースの月々の支払いをいくらか抑える方法とは

カーリースの毎月の支払いをいくらか抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか?下記で、月々の支払いを抑える方法をご紹介します。

車の下取り

カーリース会社が今乗っている車の下取りをしてくれる場合があります。下取り価格がリース料総額から相殺されますので、毎月の支払いをいくらか安くすることが可能です。

オプション

カーナビやバックカメラなどのオプションを付けると、毎月のリース料はいくらか高くなります。フロアマットなどのちょっとしたオプションでも、複数選ぶと月々の支払いがそれなりに増えてしまいます。ですから、毎月の支払いをなるべく安く抑えたいなら、オプションをなしにするか、最小限にとどめる必要があるでしょう。

グレード

同じ車種でもグレードによって車両価格はかなり異なります。そのため、高いグレードを選ぶと当然リース料も高くなります。グレードに特にこだわりがなければ、低めのグレードを選択することによって、毎月の支払いを抑えることができるでしょう。

頭金

カーリースは基本的に頭金なしで利用できますが、月々の支払いを安くするために頭金をいくらか支払うという選択肢もあります。

ボーナス払い

カーリースでは、ボーナス払いの有無を選択できるのが一般的です。ボーナス払いを選ぶと、ボーナス月の支払いは増えますが、それ以外の月のリース料は大分安くなります。

 

カーリースが向いている人はこんな人!

最後に、カーリースのメリットとデメリット、カーリースがどんな人に向いているのかについて見てみましょう。

カーリースのメリット

今回の記事の前半で見た通り、カーリースの毎月の料金には諸々の費用が含まれているため、月々の支払いがフラットになり、楽に家計の管理をしていけます。「今月はいくら必要、来月はいくら…」などと心配する必要はありません。頭金も不要ですから、まとまったお金を用意しなくても新車に乗り始めることができます。

また、カーリースの場合、税金の支払いや車検、消耗部品の交換などのメンテナンスをカーリース会社に一任することが可能で、車の維持管理の手間があまりかかりません。

さらに、カーリースには手軽に車の乗り換えができるというメリットもあります。契約期間が満了するごとに車を返却して新たに別の車をリースすることによって、簡単に乗り換えができるのです。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリットの1つは、中途解約が原則としてできないということです。やむを得ない事情で解約する場合には、高額な違約金が必要になります。そのため、カーリースを契約する際にはリース期間を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

カーリースの別のデメリットは、車の使用にいくらかの制限があるということです。具体的には、走行距離に制限があったり(制限距離を超過すると追加料金が発生する)、車のカスタムや改造が禁止されていたりします。ですから、自分の車の乗り方に合った走行距離のプランを選ぶことや、どんなカスタマイズがNGなのかを事前に確認したりすることが重要になります。

さらに、カーリースの車は契約期間満了時に買い取ることも可能(契約プランによっては買取不可)なのですが、最後に車を買い取った場合の支払い総額は、車をローンで購入して車の維持費を自分で支払っていった場合の支払い総額よりもいくらか高くなります。なぜなら、カーリースでは車両価格以外の部分にも金利がかかってしまうからです。

カーリースに向いている人

以上のカーリースのメリットとデメリットを考えると、カーリースに向いているのは下記のような人たちと言えるでしょう。

・楽に家計のやり繰りをしていきたい人
・毎月の車に関係する支払いをフラットにしたい人
・まとまったお金を用意できない人
・メンテナンスが面倒な人や苦手な人
・定期的に新車に乗り換えたい人
・日常的に長距離を走行しない人
・車のカスタマイズや改造に興味がない人
・車を自分のものにすることにこだわりがない人

今回は、カーリースはいくらお金がかかるのか、カーリースはどんな人に向いているのかを見てきました。あなたもカーリースを利用して、お得で便利なカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?
人気カーリースを見る

関連する記事

壇蜜さんが出演しているCMのカーリース会社と言えば?

一昔前は、個人向けのカーリースのサービスは一般的ではありませんでしたが、今では個人向けカーリースのCMもよく流れるようになり、かなり認知度が高まってきました。カーリースのCMと言えば、壇蜜さんが登場するCMが有名ですよね。では、壇蜜さん出演のCMは、どのカーリース会社のCMでしょうか?

カーリース料金、マツダの人気車種ではどれくらいで乗れるのか?

クリーンディーゼルエンジンで名を馳せているマツダ。「人馬一体」の走りはもちろん、洗練され高級感のあるエクステリアで、若い世代を中心に大きな人気を集めています。2017年にはマツダのSUVのフラグシップとなるCX-8の登場も話題を呼びました。 近年、マイカー導入の大きな流れとなりつつあるカーリースにおいても、マツダは高い人気を誇ります。ここではマツダの人気車種がカーリースではどのくらいの価格で利用できるのか、ご紹介します。