カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

少しでもお得に利用したい方は注目!カーリース料金を安くするための方法とは?

カーリースを少しでも安く利用するには、どうしたらいいのでしょうか?今回の記事では、カーリースでかかる費用を安く抑える方法について、徹底解説します!

カーリース料金を安くするための第一歩!契約の内容をきちんと見直そう

カーリース料金を少しでも安くしたい場合に必要なのは、契約内容やプランを見直すことです。なぜなら、カーリースの月々の料金は契約内容によって大きく変わるからです。

例えば、契約期間について見直すことができるかもしれません。契約期間は短ければ短いほど、トータルで支払う金額は安くなるのが一般的です。逆に、契約期間が長ければ長いほど、トータルの金額は高くなりますが、月ごとの金額は安くなります。

そのため、自分がどれくらいの期間、車を必要とするのか、トータルで支払う金額を安くしたいのか、それとも月々の支払い額を安くしたいのかといったことを、よく吟味して契約期間を選ぶことが大切です。

また、走行距離制限もカーリースの料金に影響します。一般に、走行距離制限の設定が長ければ長いほど料金は高くなり、短ければ短いほど安くなります。なぜなら、カーリースでは残価設定があり、走行距離制限が長いと残価の金額が安く設定されるからです。

あまり長い距離を利用する予定がない人は、走行距離制限が短いプランを選ぶことによってカーリースの料金を安くできるでしょう。

さらに、メンテナンスプランも料金と関係があります。タイヤ交換やバッテリー交換などのメンテナンスサービスが充実していればいるほど、カーリースの料金は高くなり、逆も然りです。

「車のメンテナンスは自分でできる」、「メンテナンスは苦にならない」という人はメンテナンスサービス無し、もしくはメンテナンスサービスが必要最低限のプランを選ぶことによって、カーリースの料金を安く抑えることができます。

 

値引き交渉でカーリース料金を安くすることは可能?

通常の場合、カーリース会社とディーラーとの間で値引き交渉が行われますので、利用者がカーリース会社と料金について交渉をすることはありません。ですから、カーリースの料金を値引きして安くしてもらうことはできないケースが多いです。

しかし、ディーラーにお願いをすれば、カーリース会社との金額交渉をしてもらえる可能性はあります。実際、カーリース会社はたくさんの車を購入していますので、車両代金の大幅な値引きを受けている場合があります。そのため、ディーラーを通して交渉すれば、カーリースの料金を安くしてもらえるかもしれません。

 

カーリース会社のキャンペーンやイベントを活用して料金を安くする!

カーリース会社各社では、期間限定の特別価格で利用できる「特選車」を用意していたり、ポイント付与サービスなどを行なったりしています。さらには、キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているところもあるので、そうしたサービスを上手に利用することによってトータルでの支払い額を安くすることが可能です。

例えば、オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)やコスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)、カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)などは、お得に利用できる特選車のラインナップを用意しています。

また、オリックスカーリース、コスモスマートビークル、リースdeマイカー(日本カーソリューションズ株式会社)、Carsmaプラス(住友三井オートサービス株式会社)を楽天市場から申し込んで利用するとお得な特典があります。

購入額の1%分の楽天スーパーポイントをもらえる上に、100万円以上150万円未満の購入で10,000ポイント、150万円以上200万円未満の購入で20,000ポイント、200万円以上300万円未満の購入で30,000ポイント、300万円以上の購入で50,000ポイントを追加で獲得できます。

カーコンカーリースもろコミは、もろコミ7の「特選車」の成約特典として、折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンを、もろコミ7・9(※特選車を除く)の成約特典として、車載用防災セット、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンをプレゼントしています。

※もろコミ7の「特選車」の成約特典の対象となるのは、10/1(月)~12/31(月)の間にWEBからもろコミ7のプランで特選車の申し込みをして契約した人です。

※もろコミ7・9(※特選車を除く)の成約特典の対象となるのは、10/1(月)~12/31(月)の間にもろコミ7またはもろコミ9を申し込んで契約した人です。

※もろコミ7は7年リース、もろコミ9は9年リースのプランです。

※特典の内容は予告なく変更および終了する可能性があります。

カーリース会社各社のキャンペーンやサービスはほかにもまだまだあります。そうした情報をチェックして上手にサービスを利用することにより、料金を安くしたり、お得な特典を楽しめたりするのです。

 

中古車のカーリース料金は新車よりもぐっと安くなる!

新車にこだわりがなく、とにかく料金を重視するという人であれば、中古車のカーリースもおすすめです。中古車は車両価格自体が安いわけですから、カーリースの料金も安く抑えることができます。

年式が比較的古い中古車のカーリースであれば、契約期間を1カ月や3カ月、半年などの短い単位で設定できる場合もあり、本当に車が必要な期間だけ利用できますので、出費を安くすることが可能です。

最後に、短期の契約期間で利用できる、おすすめの中古車のカーリースサービスをご紹介します。

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

最短1ヶ月から、1日あたり税抜きでワンコインつまり500円(月々税抜15,000円)で利用可能です(※契約時に名義変更費用として税抜38,000円が必要)。リース料には、各種税金や自賠責保険料などが含まれています。全国的に貸出店舗があります(※リース契約は貸出店舗と個別に行なうシステム)。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

1カ月からの短期契約が可能です。車種やグレードによって、月々税抜15,000円から、月々税抜21,000円から、月々税抜27,000円からの3つの価格帯を用意しています(※初回登録等手続き費用として、軽自動車の場合は税抜15,000円、普通自動車の場合は税抜22,000円が必要)。リース料には、各種税金や自賠責保険料なども含まれています。店舗を展開しているエリアは、北海道、東北、東海、近畿、四国です。

今回は、カーリースを安く利用する方法についてチェックしてきました。少しでもお得にカーリースを利用するために、今回ご紹介した方法を是非実践してみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの車は買取可能なの?売却は?

カーリースはリース料金を支払うことで車を長期間借りられるサービスです。車を「借りる」訳ですから、当然、車は自分の所有物ではありません。最後には貸主であるカーリース業者に返却しなければなりません。では、何年も乗って気に入ったカーリースの車を自分のものにすることはできないのでしょうか?言い換えれば、カーリースでの買取は可能なのでしょうか?また、リース車が何らかの理由で不要になった場合にそれを売却することはできるのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします。

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。

新社会人になったら車がほしい!そんな時にオススメしたいカーリースの魅力とは?

新社会人になったら「最初の1年は給料を貯めて、車を買いたい!」と考えているフレッシャーズもいるのではないでしょうか?でも、ちょっと待ってください。車には、車両代金の他、各種初期費用がかかり、新社会人が考えている以上にお金がかかる事があるのです。今回は、そんな新社会人に是非オススメしたい、カーリースという車の乗り方についてご説明します。