カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

常に新しい車に乗りたい人は必見!カーリースを賢く利用して2年ごとに新車へ乗り換えする方法とは?

車は長く乗れば乗るほど愛着が湧いてくるという方もいれば、常に新しい車に乗っていたいという方もいます。今回は後者のような、頻繁に新車乗り換えをする方にはなぜカーリースが向いているのかを、詳しくご説明します。

たった2年で新車乗り換えができるカーリースサービスとは?

カーリースと聞くと、5年、7年、さらには9年という長い期間同じ車に乗り続ければならないというイメージが強いかもしれませんが、カーリースの中にはそうではないものもあります。もちろん、一般的なカーリースは7年や9年のものが多いですが、中には2年程度で乗り換えられる、比較的短期間のカーリースがあるのです。

「いまのりくん」はオリックスカーリースのプランです。5年を基本契約期間と定めているものの、契約開始から2年経てば自由に新車乗り換えができるのです。新車乗り換え時には違約金や解約金は発生しないので安心です。

カーリースでお客さんから返ってきた車は、中古車市場に出回る事があります。

中古車の状態が良ければ高く売れるため、カーリース会社としてもきれいに乗ってもらったほうが良いというのは想像できますよね。そのため、「いまのりくん」では、走行距離が毎月2,000キロメートルに制限されています。

毎月2,000キロメートルは日割りにすると毎日66キロ。毎日60キロ乗ったとしても月2,000キロメートルは超えません。頻繁に遠出するという方以外なら、走行距離制限は大きな問題にはならないでしょう。

万が一、2,000キロメートルを超えてしまった場合は、1キロ8円の追加料金が発生します。また、2年経って返却し、新車乗り換えする時に損耗が激しい場合は請求が発生するケースがあるので、カーリースした車はきれいに乗るのが鉄則です。

2年経ったら自由に乗り換えができるので、いつも新車に乗っていたいという方には、この「いまのりくん」がオススメです。新しい車が出たら試してみたくなるという方にもオススメできます。いろいろな車種を試せるので、車好きの方にはもってこいのプランなのです。

また、20代〜30代などの若い時期はライフステージが移り変わる時期です。

結婚や出産など様々な出来事で、必要な車のタイプも変わってきます。例えば、独身時代は二人乗りの車で良くても、結婚して子供ができるとそうはいきません。5人乗りか、ミニバンタイプの車に乗り換える必要性が出てきます。

オリックスカーリースの「いまのりくん」なら、ライフステージの変化に合わせて2年スパンで乗り換えていけるので、とても便利です。1台の車を乗り続けなくてはならないというプレッシャーもありません。

車に飽きやすいという方も、この2年で乗り換えられる「いまのりくん」が適しています。車を購入するとなると、大きな買い物のため、慎重に車種を選ばなければなりません。いまのりくんなら2年先には乗り換えられるので、「今のりたい車」に乗れます。

いまのりくんで2年乗り換えができる車種には、豊富な軽自動車のほか、人気のハイブリッド車、プリウスがあります。また、トヨタヴォクシーやニッサンセレナなどの人気のミニバンもあります。

 

新車を買って2年で売るのと、カーリースで2年契約ではどちらがお得?

新車を購入してから2年で下取りに出し、新車乗り換えをするのと、オリックスカーリースのいまのりくんで新車乗り換えをするのは、どちらがお得なのでしょうか?

下取り価格は、その車の状態や人気度に大きく左右されるので、はっきりと予想する事はできませんが、大抵は1年間約10,000キロの走行距離で、60%の価値になると考えられています。新車価格が150万円だとすると、約90万円で売れるという事です。

新車購入の場合、2年間で60万円ほどの料金がかかることになります。その場合、月々で考えると、2.5万円となります。例えば、スズキ・ハスラーをいまのりくんでカーリースした場合、月々の料金は、27,108円(税込)となります。

新車購入で2年後に新車乗り換えをする場合と、オリックスカーリースのいまのりくんで2年後新車乗り換えをする場合とでは、金額的にはほぼ同じです。

しかし、カーリースの場合、新車購入時の諸費用や車検、オイル交換のクーポンが付くことがあります。こういった諸費用や手間のことを考えると、カーリースの方がお得になる事があります。

また、2年間乗った車を下取りに出す場合は、売却となり、様々な手続きを行わなければなりませんが、カーリースなら、返却するだけでOKです。仕事が忙しく、時間のない人なら、カーリースの方が良いでしょう。

 

新車乗り換えではなく、長期利用や車を自分のものにしたい人向けのカーリースサービスはある?

新車乗り換えが自由にできるのも、カーリースのメリットの一つですが、他にも、長期利用や期間満了後に車を自分のものにできるプランがあります。

オリックスカーリースの「いまのりナイン」は9年リースですが、7年経過後、新車乗り換えか返却を自由に選べます。9年間乗り続けて契約満了となった場合は、その車をそのまま自分のものにできます。

長期間のカーリース利用や、車をそのまま自分の物にしたい人にオススメできるカーリースにカーコンカーリースもろコミがあります。カーコンカーリースもろコミは、まとまった出費を抑えたい方や楽に車を維持したい方にピッタリのカーリースです。

月々8,000円(税込)という低価格から新車に乗れ、別途カーアクセサリーセットやメンテナンスパックを付けることもできます。7年、9年のカーリースが選べ、期間満了後はそのまま車を自分の物にできる場合があります。

カーコンカーリースもろコミで車を借りると、ガソリン代キャッシュバックを受けられます。1リッターあたり20円で、1ヶ月最大2,000円までキャッシュバックされます。年間で考えると24,000円となり、とてもお得です。※ガソリン代キャッシュバックキャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、もろコミのWEBサイトまたはもろコミ販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。

カーコンカーリースもろコミは月々固定の低価格から新車に乗り始められ、車に詳しくない女性の方や、まとまった出費を抑えたい若い方にオススメです。

 

カーリースは自分のライフスタイルや用途に合わせて賢く利用しよう!

カーリースには大きく分けて、比較的短期のプランと長期プランの2種類あります。2年毎に新車乗り換えがしたいなら、オリックスカーリースの「いまのりくん」。7年、9年で1台の車を大切に乗りたいなら、月々の負担額が小さいカーコンカーリースもろコミなどがおすすめです。

ご自分のライフスタイルや必要に合わせて賢くカーリース会社を選択しましょう!

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース中の税金は誰が納めるの?車の購入や維持に必要な税金の種類も知っておこう!

車を購入・維持していくためには様々な「税金」を納める必要があります。どんな種類の税金があって、それは誰が納めるものなのか?カーリースを検討している方であればぜひ知っておいて欲しい部分でもあります。今回は税金の種類と誰が納めるのかを解説します。

軽自動車にかかる車検費用ってどれくらい?安く抑えるにはどうすればいい?

お洒落なデザインとリーズナブルな維持費で人気の軽自動車も、定期的に車検を受ける必要があります。車検費用は普通自動車よりも格安ですが、2年ごとの車検に経済的負担を大きく感じる方も少なくないのではないでしょうか? リーズナブルな維持費が軽自動車の魅力の1つですから、車検費用も安く抑えたいものです。軽自動車の一般的な車検費用や車検費用を安く抑えるポイントなどを紹介します。

カーリースを利用する?それとも車を買う?どっちがお得かをズバリ検証!

ものをなるべく増やしたくないと考えている方にとって、車を購入するか否かの判断は難しいものです。その点、カーリースは毎月一定の額を払ってさえいれば車に乗れるので、車を買うかどうか迷っている方にオススメです。今回の記事は、車を買うか、カーリースを利用するかで迷っている方へのアドバイスです。

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。