カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

徹底検証!カーリースは実際のところお得?それとも損?

今、カーリースのサービスが人気です。カーリースでは毎月のリース料金を支払うことで車を3年、5年、7年などの長い期間にわたって借りられます。しかし、長期間車が必要なのであれば、毎月のローンを支払って購入するという方法もあります。それでは、カーリースはローン購入と比べて「お得」なのでしょうか、それとも「損」なのでしょうか?

カーリースの仕組み

カーリースの料金はどのように設定されているのかを見ていきましょう。

カーリースでは、5年や7年などのリース期間終了時点でその車両の下取り価格がどのくらいになっているかの予想価格を設定しており、この価格を「残価」と言います。この「残価」を「車両本体価格」から予め差し引きます。

例えば、新車価格300万円の車の「残価」が120万円に設定されたとすると、300万円-120万円=180万円がリース料金を算出する上での「車両価格」となります。

この「車両本体価格」から「残価」を差し引いた金額に、契約期間中にかかる「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」「定期点検代」「消耗品交換費用」などを合算した料金が加えられ、その金額を契約月数で割った料金がリース料金ということになります。

※カーリース会社や契約プランによってリース料金にどんな費用が含まれるのかは多少異なります。詳細は各カーリース会社にお問い合わせください。

 

カーリースはここがお得!?

カーリースのどんなところが「お得」なのでしょうか?

先程ご説明した通り、カーリースでは「残価設定」があり、リース料金が「車両本体価格」から「残価」をマイナスした金額を元に算出されます。そのため、ローンで購入する場合よりも「残価」の分だけ車両にかかるお金を節約することができます。頭金を用意しなくても月々の支払額を安く抑えることができますし、ローン購入と同じ予算でワンランク上の車を利用することも可能です。

さらに、リース料金に「諸々の税金」「車検代」「メンテナンス費用」などがコミコミになっているため、月々の出費が安定します。ローンで車を購入した場合には税金の支払いや車検のタイミングなどに合わせてお金を用意しなくてはなりませんが、カーリースではその必要がなく家計のやり繰りがしやすいので精神的に楽です。また、そうした諸経費の支払いや手続きはカーリース会社が代行してくれます。ユーザーが自分で行なう必要がありませんから、労力の節約という意味でもお得だと言えます。

カーリースには色々な車を楽しめるというメリットもあります。契約期間が終了した時に、同じ車に乗り続けたい場合は契約を延長することができますが、新たにリース契約を結んで別の新しい車に乗り換えることもできます。契約期間ごとに車を気軽に乗り換えることができるのです。一方、ローンで購入した場合には、そこまで気軽に車を乗り換えることはできません。

さらに、法人がカーリースを利用する場合は税金面で得をすることになります。例えば企業が車を購入した場合、車をまず「資産」として計上し、減価償却によって6年(軽自動車は3年)に分けて経費化しなければなりません。

車が「資産」として扱われるので「資産税」が課せられますし、購入金額全額を「必要経費」として計上できないということになります。しかし、カーリースの場合はリース料金を100パーセント「必要経費」として処理することができます。これは「車両価格」だけではなく「諸々の税金」「車検代」「メンテナンス費用」なども「必要経費」として扱われることを意味します。このような理由で法人がカーリースを利用すると節税効果を得られるのです。

 

カーリースはここが損!?

カーリースの「お得」な面を見てきましたが、「損」なところもあります。カーリースのどんな点は「損」だと言えるでしょうか?

まず、金利面で損をします。一般的に言って、カーリースの料金にかけられる金利の利率はローンの金利よりも高めです。しかもその金利は「車両価格」だけではなくてリース料金のその他の部分、つまり「諸々の税金」「車検代」「メンテナンス費用」などにもかけられているのです。

そのため、カーリースは金利の面で損だと言えます。そして、カーリースの契約ではリース期間終了時に「残価」を支払うことによってリースしていた車を買い取れる場合がありますが、車を最終的に購入した場合には金利面で損している分、最初からローンで購入した場合よりも総支払額が多くなってしまいます。

また、カーリースでは契約期間終了時に車の査定があります。車の「査定価格」が契約時に設定した「残価」を下回った場合にはその差額を請求されます(逆に上回った場合はキャッシュバックを受けられます)。ですから「査定価格」が低いとカーリースでは損をすることになるでしょう。リース期間中は車を大事に扱う必要があります。

そして、事故などで車を傷つけてしまった時に備えて任意保険に「車両保険」を付帯させることが勧められます。車が損傷したまま査定を受けるなら、かなり低い査定価格となってしまうからです。この「車両保険」を付帯させると任意保険料は高くなってしまいますから、損だと感じる人もいるでしょう。

さらに、多くの場合にカーリースの期間中に走行できる距離が契約で定められています。もしそれを超過して走行した場合には契約終了時に追加料金を請求されます。追加料金は超過距離1kmにつき5円から15円程度です(逆に設定された走行距離よりも短く利用した場合にキャッシュバックを受けられるかと言えばそのようなことはありません)。

リース期間中は走行距離を気にしながら運転する必要があり、精神的に煩わしいと感じるかもしれません。制限をかなり超過して走行した場合、追加料金が高額になり、結果的にローンで購入した場合よりもカーリースの費用面で損をしたということになってしまいかねません。

カーリースの別のデメリットとして、原則として中途解約できないということが挙げられます。カーリース会社が同意すれば解約が可能ですが、解約に伴う費用は高額なものになります。カーリース会社によって詳細は異なりますが、途中で解約しても残りの全期間のリース料金の費用を負担しなければなりません。これはかなりの損と言えるでしょう。そのため、カーリースで損をしないためにも、カーリースを利用する前の段階で「途中で解約する可能性がないか」をよく検討する必要があります。

今回は「カーリースがお得なのか、それとも損なのか?」ということについて見てきました。カーリースには「お得」と言える面もあれば「損」と言える部分もあります。結局のところ、私たちそれぞれがどんな車との付き合い方を望むかによって、カーリースが「お得」なのか「損」なのかは変わってきます。あなたは「お得」と感じましたか、それとも「損」だと思ったでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

話題の軽自動車、月額1万円以下で利用できるカーリース会社をご紹介!

車の利用方法の選択肢として、広まりつつあるのが「カーリース」です。上手に活用すると、手軽に好きな車に乗ることができます。費用の節約として軽自動車の人気が高いですが、カーリースと組み合わせると、さらにコストを軽減できることがあるのです。 カーリース会社やプランを賢く選べば、月額1万円以下で利用することも可能です。それでは、カーリースが安くなるのは、いったいどういった仕組みなのでしょうか。月額1万円以下でカーリースを利用する選び方を見てみましょう。

一括払いのカーリースがあるって本当?どんなサービスで、どんなメリットがある?

近年注目されている自動車の利用方法でもある「カーリース」。簡単に言えば、毎月定額で車を利用できるといったサービスなのですが、利用スタイルによっては、カーリースが最もお得に車を利用できる方法かもしれません。 月額払いのイメージが強いカーリースですが、実は、一括払いができることを知っていましたか?今回はカーリースの一括払いについて、サービス内容やメリットをまとめていきます。