カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

憧れのアウディに乗りたい!カーリースでアウディの車に乗ることは可能?

外車の中でも、特に「アウディ」の車に憧れている人は少なくありません。そんなアウディの車にカーリースで乗ることは可能なのでしょうか?今回は、アウディの魅力などと併せてカーリースの利用方法を解説します。

アウディの車の魅力はどんなところにある?

最初に、アウディの車の魅力について見てみることにしましょう。

アウディは、日本ではベンツ、BMWに並ぶ人気を持つ高級車メーカーで、ドイツに本社があります。1909年の創業と長い歴史を持ちます。1960年代からは「フォルクスワーゲン」の傘下となっていますが、フォルクスワーゲンとは異なるオリジナリティを持つ車の生産・販売を続けています。

アウディの魅力は、まずそのデザインの独特さにあります。かつては直線基調のデザインを多く採用していましたが、2000年代に入ってからは曲線を多用した都会的なデザインを採り入れています。結果として、若者や女性から多くの支持を受けるようになりました。

アウディは、その走りにも定評があります。アウディはスポーツカーのメーカーでもありますので、走りを重視した設計の車を生産してきました。近年では、機構はMTであるにも関わらず、変速はATと同じという、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の市販車への採用を拡大にしています。

また、アウディのインテリアの高級感のあるデザインも、人気の理由の1つです。派手さはありませんが、シンプルさと機能性を両立させたインテリアになっています。

さらに、アウディは輸入車の中では比較的価格が安いというのも魅力です。同じ輸入車のベンツやBMWと比較すると、やや価格がリーズナブルですので、購入しやすいと言えるでしょう。

 

憧れのアウディに乗りたいけれど手が届かない…そんなときはカーリースがおすすめ!

前述の通り、アウディはベンツやBMWと比べるとやや割安ですが、それでも同じクラスの国産車と比べると高価になります。ですから、購入となるとなかなか手が届かないという人も多いでしょう。

そんな場合は、カーリースの利用がおすすめです。カーリースなら無理のない負担でアウディの車に乗れるからです。ここで、お得に車を楽しむことを可能にするカーリースの仕組みについてご説明します。

頭金が不要

カーリースでは、基本的に頭金を用意する必要がありません。ですから、まとまった初期費用を出すことなく、無理のない負担で利用を開始できます。

月々の支払いがフラット

月々のリース料は定額です。しかも、リース料には車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金や自賠責保険料、車検料、部品交換・オイル類の交換などのメンテナンス料(※契約による)が含まれます。毎月のリース料を支払っていれば、車の維持管理の費用をその都度捻出する必要がありませんので、お金のやり繰りが非常にしやすいです。

残価設定がある

カーリースでは多くの場合、残価設定があります。つまり、リース料を決める時に車両代から残存価格(契約満了後の予想査定額)をマイナスするため、月々の支払い額を安く抑えることができるのです。そのため、ローン購入と同じ予算でワンランク上の車を選ぶことも可能になります。

車の維持管理をカーリース会社にお任せできる

カーリースなら、税金の支払いや車検手続き、メンテナンスなどをカーリース会社にお任せすることができますので、車の維持管理に関係する面倒な手間を省き、時間を有意義に使うことが可能です。

 

カーリースではアウディも対象車になる?

カーリースではアウディの車も本当に対象となるのでしょうか?多くのカーリース会社では国産車のみに対応していますが、幸い、アウディを含めた輸入車を取り扱っているカーリース会社もあります。

ここでは、アウディの車を扱っているカーリース会社を一部ご紹介します。

ジャッジ

輸入車全メーカーに対応していますので、アウディの車も利用できます。ユーザーのスタイルに合った契約期間および契約期間満了時に想定される残存価格を設定し、トータル価格からマイナスした金額を月々のリース料として定めています。

トータルの金額には車両代、登録諸費用、各種税金、保険料のほかにも、契約期間中に発生する車検、一般整備費用もすべて含むことができます。

マリオットマーキーズ

幅広い外車メーカーから車を選んでリースできます。アウディの車も利用できます。新車・中古車ともに利用可能です。残価設定があるため、月々の支払いはリーズナブルです。

契約満了時には、「新しい車への乗り換え」、「リース期間延長」、「リース車の買取り」、「リース車の返却」の4つの選択肢があります。

ヤナセオートリース

輸入車販売大手のヤナセのカーリースサービスです。ヤナセ認定中古車をリースしており、アウディの車も取り扱っています。納車前に最大80項目に及ぶ点検を実施していますし、年式と走行距離に応じた保証がつきます。

さらに、契約期間中は365日24時間対応のツーリングサポートが付きますので、中古車でも安心してリースできます。残価設定がありますので、月々の支払いは軽減されます。

 

アウディ専門のカーリースも必見!

「フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン」が運営する「アウディ・ファイナンシャル・サービス」が、アウディ専門のカーリースサービスを展開していますので、アウディの車に乗りたい場合にはそこを利用することもできます。

アウディ・ファイナンシャル・サービスのカーリースでは、「オープンエンドリース」と「クローズドエンドリース」の2種類の契約方式から選ぶことができます。

オープンエンドリースでは、契約期間満了時に、契約時に設定した残価と、実際の車両査定価格との差額を精算することになります(※査定価格が残価を下回った場合にはユーザーが不足分を負担しなければなりません)。

リース期間は、1年~5年の中から1年単位で設定できます。アウディの全車種が対象となります。契約期間満了時には、「車の乗り換え」、「リースの延長」、「車両の返却」の中から好きな選択肢を選ぶことができます。

クローズドエンドリースは、契約時に定めた走行距離と車両の状態が既定の範囲内であれば、契約満了時に車を返却するだけで契約が終了する方式です。残価精算が原則として不要ですので、定期的に車を乗り換えることを考えている人も安心して利用できます。

リース期間は、3年(30,000km以内)と5年(50,000km以内)から選びます。対象車種は「アウディ A6」、「アウディ A7 Sportback」、「アウディ A8」に限定されます。契約満了時には車を必ず返却することになります。

今回は、アウディの魅力やカーリースのメリット、アウディの車を利用できるカーリース会社について見てきました。あなたも、カーリースで憧れのアウディの車を楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

オリックスカーリースの口コミや評価を徹底調査!

長期のリース契約を結んでマイカーのように新車を楽しめる個人向けのカーリースのサービスが人気を集めています。大手の業者の1つがオリックス自動車のカーリースで、全国的な規模でサービスを展開しています。ここでは、オリックスのサービスやプランの内容を解説すると共にカーリースの口コミや評価をお伝えしていきます。

カーリースを利用した時、オイル交換はしてもらえる?知っておきたい車に必要なメンテナンスとは

自分で購入した車のメンテナンスを自分で行うのは当然だけど、カーリースの場合はどうなるのだろうと疑問に思われたことはありませんか?特にオイル交換など、頻繁に行なわなければならないメンテナンスは、カーリース特有のサービスがあれば便利ですよね。この記事では、その点をしっかり説明していきます。