カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

憧れのルノーの車を気軽に!カーリースでルノーの新車に乗ってみよう

ルノーはフランスを代表する自動車メーカーで、「日産」や「ルノーサムスン」などを子会社とし、グループ全体ではヨーロッパ最大の自動車メーカーとなっています。 ルノー車は日本にも輸入されており、カーリースを利用すれば、気軽にルノーの新車に乗ることが可能です。今回はルノー車の魅力やルノー車をカーリースする方法について解説します!

今、ルノーをはじめとした高級車のカーリースが人気

今、ルノーをはじめとした高級車のカーリースが人気を集めています。「高級車には憧れるけれど、購入するのは費用面の問題で躊躇する」という人も多いですが、「カーリースなら月々の無理のない支払いで高級車を利用できる」ということで注目が集まっているのです。

実際、カーリースにはさまざまなメリットがあります。そのいくつかを下記でご紹介します。

初期費用を抑えられる

カーリースでは頭金が基本的に不要ですので、まとまった額の初期費用が出るのを避けられ、無理なく利用を開始できます。

車に関わる支払いがフラットになる

カーリースの月々のリース料には、車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金や自賠責保険料、車検代などが含まれていることが多いです。また、契約によってはオイル交換や部品交換などのメンテナンス費用も含まれます。

そのため、税金の支払いや車検、消耗部品の交換などのタイミングでその都度、支払いが発生するということはありません。

ルノーなどの高級車や外車の場合は、維持管理費用が割高で苦労することもありますが、カーリースであれば月々のリース料にすべて含まれているので安心なのです。そして、車に関わる支払いがフラットになりますので、家計のやり繰りがとてもしやすいと言えるでしょう。

車の維持管理をカーリース会社にお任せできる

カーリースでは、税金の支払いや車検、メンテナンスなどをカーリース会社が行ってくれます。楽に車を維持管理でき、常に車を良好な状態に保つことが可能です。

月々の支払いがリーズナブル

カーリースでは、契約年数に合わせてあらかじめ「残価設定」をします。残価設定とは、契約満了時の車の予想下取り価格を設定し、あらかじめ車両価格からその金額を差し引いた上でリース料を算定することです。

つまり、カーリースの契約者は車両価格全額を負担する必要がありませんので、車を購入するよりも支払いを抑えることができます。ですから、ルノーなどの高級車も無理のない支払いで利用することが可能なのです。

 

カーマニアなら一度は乗りたいルノーの魅力とは?

日本国内におけるルノー車のシェアは決して高くはありませんが、車好きの人やカーマニアから高い評価を受けています。

他のフランス車にも言えることですが、ルノー車のエンジンはハイパワーで、その力強い走りは魅力的です。また、エンジンや足回りの耐久性が高く、ルノー車は丈夫で長持ちすることでも知られています。

ルノー車の洗練されたデザインも人気があります。芸術の国フランスのメーカーだけあって、細部までこだわったデザインは多くの人を魅了しています。

さらに、古くから安全性向上に力を入れているのもルノー車の特徴と言えます。例えば、市販車で初めて四輪ディスクブレーキを採用したのもルノーです。

 

ルノーのカーリース「ルノー・ファイナンス」とは

では、ルノー車をカーリースしたい場合にはどうしたらいいのでしょうか?

日本にも輸入車を取り扱っているカーリース会社がありますのでそうしたところを利用できますし、特にルノーの新車をリースしたい場合には「ルノー・ファイナンス」の新車オートリースプランがおすすめです。

ルノー・ファイナンスの新車オートリースプランは、諸費用を含んだ一定の支払い額だけでルノー車を利用できる合理的なサービスです。

具体的には、毎月のリース料に、登録手数料、自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料が含まれます。契約時のまとまった購入資金や毎年の納税手続きは必要ありません。

また、残価設定がありますので、毎月の支払いを大幅に軽減することができます。

 

乗るならコレ!カーリースでおすすめのルノー車ベスト3

ここで、カーリースでおすすめの人気のルノー車ベスト3をご紹介します。

1位 カングー

カングーは、ルノーが1997年から生産する小型フルゴネットで、「ルノー・ジャポン」のラインナップの中で大黒柱となっている車種です。フルゴネットは日本国内ではほとんど見掛けないデザインの車種ですので、ライバルとなる車が存在しないのが強みとなっています。

背が高くてスライドドアを装備しており、ミニバンを思わせるデザインなのですが、シートは2列で、後方には観音開きのリアゲートからアクセスできる、広々としていて使いやすい荷室を用意しています。

カングーは、積載性が高くて実用的な車ですが、それだけではなく、デザインやフォルムも個性的でおしゃれです。また、価格も輸入車としてはリーズナブルな設定となっています。まとめると、カングーには「価格が安めの実用車でありながらデザインがオシャレなので安っぽく見えない」という魅力があるため、日本でも人気を集めているのです。

日本でのカングーの人気の高さを示しているのが、毎年日本で「カングージャンボリー」が開催されていることです。このイベントでは、全国から何千人ものカングーファンが集まります。2018年には過去最大の1373台のカングーが結集しました。

2位 ルーテシア

ルノーが1990年に発売したコンパクトカーです。現行は4代目となっており、日本以外の市場では「クリオ」の名前で発売されています。「恋に落ちる」をテーマに設計された艶のあるデザインが印象的です。

フランス国内においては、2009年から昨2017年まで、8年連続で乗用車の販売台数ランキング1位、さらにヨーロッパにおいては「フォルクスワーゲン」の「ゴルフ」に次いで2位と、ベストセラーモデルとなっています。

ルーテシアはデザインだけではなく、走行性も抜群です。1.2ℓ直列4気筒ターボ(120ps/190Nm)に6速DCTを組み合わせたパワートレーンで軽快な走りを実現させています。

3位 トゥインゴ

トゥインゴは、ヨーロッパではAセグメントに分類されるコンパクトカーです。1993年から発売が開始されました。現行トゥインゴは「ダイムラー・グループ」の「スマート」との共同で開発された車です。

トゥインゴは、現代の車としては珍しくエンジンを車体後部に搭載しており、リアエンジンによる個性的な走りが魅力的です。さらに、スマートより価格がリーズナブルであることからも人気があります。

今回は、ルノー車の魅力やルノー車をカーリースする方法について見てきました。カーリースなら憧れのルノー車にも気軽に乗ることができます。あなたもカーリースでルノーの新車を楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる費用は高い?安い?気になる費用の内訳も解説!

車検は車を保有している限り、避けては通れませんが、その費用がどのような内訳になっているのかまではあまり把握していないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、車検制度そのものについてと、車検費用の詳細な内訳、そして車検費用が高くなるのはどんな場合なのかをチェックしてみましょう。

カーリースを利用したらキズをつけてしまった!保証はどうなる?

車は欲しいけれど維持費が高額だし、毎日乗るわけでもない、残念だけどマイカーを所有することはできない、と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかしカーリースを利用すれば、簡単・安全に車のある便利な日常が手に入ります。 そこで「カーリース車にキズをつけたときの保証はあるの?」「どういう仕組み?」と、まだまだ分からないことだらけという人のために、ここではカーリースでキズをつけてしまった場合の保証について詳しく解説していきます。

カーリースサービスにはどのようなタイプがある?特徴ごとにカーリース会社をご紹介!

「カーリース契約したいけれど、どのようなタイプがある?」「何を基準にカーリース会社やサービスを選べばいいの?」と疑問を持たれている方もいるかと思います。そこで今回は、カーリースのタイプ、カーリース会社、サービスを選ぶ際の指標について紹介します。