カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

月々1万円以下!おすすめのカーリースサービス

カーコンビニ倶楽部  もろコミ

「もろコミ」は「カーコンビニ倶楽部」が展開するカーリースサービスで、月々1万円以下の料金でカーリースを利用できる業者の1つです。

「もろコミ」では月々のリース料金に「車両本体価格」の他に「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。さらに、契約期間中の車検が無料になる「車検無料クーポン」がサービスで付きます。

「もろコミ」では7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」という2つのカーリースのプランを用意しています。

どちらのプランでも残価設定なしのクローズドエンドリース方式をとっています。残価設定ありの方式の場合は、最初に設定した「契約終了時の車両の予想査定額」と「実際の査定額」に差が生じた場合にその差額を支払う必要が生じます。しかし「もろコミ」は残価設定なしのプランとなっていますので、その心配は必要ありません。

いずれのプランも「契約期間終了の2年前から違約金なしで乗り換えや返却が可能になる」という特徴があります。カーリース契約は途中で解約ができない場合が多いので、これはありがたいですね。

カーリース契約終了時には車が自分の所有物となりますので、返却したり、買い取ったりする必要はありません。

リース料金は、ボーナス併用払いではありますが、月々8,000円という1万円以下の価格からとなっています。それではここで、「もろコミ」で月々1万円以下のカーリース料金で楽しめる車種の例を見てみましょう。

「スズキ ワゴンR HYBRID FX」

料金は「もろコミ7」で、年2回の76,464円のボーナス払いを付けると、月々1万円以下の8,100円です。ちなみに、ボーナス払いなしの均等払いの場合は月々20,844円となります。「もろコミ9」のプランでは年2回の58,320円のボーナス払いを付けると月々1万円以下の8,100円、ボーナス払いなしの場合は月々17,820円です。

「スズキ スペーシア G」

「もろコミ7」で、年2回の83,592円のボーナス併用払いを付けると、月々1万円以下の8,100円です。均等払いの場合は月々22,032円となります。「もろコミ9」のプランですと年2回の64,800円のボーナス払いを付けて月々1万円以下の8,100円で、均等払いですと月々18,900円です。

「ホンダ 新型 N-BOX G HONDA SENSING」

「もろコミ7」で、年2回の92,644円のボーナス払いありの場合だと、月々1万円以下の8,532円です。均等払いの場合は月々23,976円となります。「もろコミ9」のプランですと年2回の73,872円のボーナス払いを付けて月々1万円以下の8,100円、均等払いで月々20,412円です。

「もろコミ」で月1万円以下の価格で利用できる車種は他にも多くあります。

オートコミュニケーションズ フラット7

「フラット7」は「オートコミュニケーションズ株式会社」が展開している軽自動車のカーリースサービスです。一括大量購入により車両の仕入れ値を安くしてリーズナブルなサービスを行なうことができ、「フラット7」も月々1万円以下の料金からカーリースサービスを提供しています。契約期間は7年間です。

月々のリース料金には「車両本体価格」の他に「車検代」「各種税金」「自賠責保険料」「オイル交換」「フロアマット代」「ドアバイザー代」が含まれています。

オプションとして、フルメンテナンスが付いた「安心パック」を付けることができます。「安心パック」には、タイヤ4本とバッテリー交換2回が付いている「スタンダードプラン」と、そのサービスに加えてカーナビ、ETC、ガラスコーティングがプラスアルファで付いている「プレミアムプラン」があります。

また「フラット7」専用の自動車保険も利用することができます。一般的な自動車保険では補いきれない、カーリースならではの保険です。

「フラット7」ではカーリース契約終了時に以下の4つのプランの中から希望に合うものを選ぶことできます。

 

1 新しい車に乗り換える

2 リース契約を延長して同じ車に乗り続ける

3 車を買い取る

4 車を返却する

 

ではここで、「フラット7」で月々1万円以下のカーリース料金で乗れる車種を見てみましょう。

「スズキ アルト F」

「ダイハツ ミラ イース L」

「スズキ エブリィバン PA」

これらの料金は月々8,640円で、すべてボーナス払いありでボーナス月の加算額は32,400円です。

 

月々1万円以下は魅力的!しかし、カーリースには注意点もある

ここまで、月額1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介してきました。なお、参考までに、カーリースを利用する前に把握しておいた方がよい注意点を挙げたいと思います。

リース料金にすべての費用が含まれている訳ではない

一般的に言って、カーリースの料金には「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」が含まれています。「メンテナンス代」や「消耗部品交換費用」も含まれていることが多いですが、具体的にどこまでがカバーされているかは業者や契約によって異なりますので、よく確認した方がよいでしょう。

また「自賠責保険料」は含まれていますが「任意保険料」は含まれていませんので、任意保険に加入する場合は1万円以下のカーリース料金とは別に費用が掛かります。さらに当然のこととして「ガソリン代」「駐車場代」などがさらに掛かります。

カーリースの利用を検討する際には、月々のリース料金だけではなく、それとは別に掛かる費用も予想して計算してみるべきでしょう。そのため、実際に車に掛かるカーリースの総費用は「月々1万円以下」とはならない場合もあります。

原則として中途解約することができない

「もろコミ」のように契約期間終了がある程度近づいた段階で解約できるシステムにしている業者も少なくありませんが、カーリース契約では自由な中途解約は原則としてできません。どうしても解約しなければならない場合は、高額な違約金が発生してしまいます。

カーリース契約の期間は決して短くはありませんから、契約期間満了まで本当に車を利用し続けるのかどうかをよく吟味する必要があります。

走行距離に制限がある

カーリースでは、契約期間中に走行できる距離に制限が設けられているのが一般的です。走行距離制限を超過した場合には、契約終了時の清算で追加料金を請求されることになります。

「月々1万円以下でカーリースを利用できるはずだったのに、結果的に費用がもっと掛かってしまった」ということになりかねませんので「距離制限はどれくらいなのか」「自分は月々どれくらい車を利用するのか」といったことをよく確認する必要があるでしょう。

 

最後に

ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介してきました。利用できるのは軽自動車ばかりですし、ボーナス払い有りという条件もありますが、ピカピカの新車を月額1万円以下の料金でカーリースできるというのは本当にリーズナブルです。是非利用を考えてみて下さい!

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。

業務で使うトラックは購入とリースどっちがお得?トラックをカーリースする場合のメリットとデメリット

「事業でトラックを使いたい」「トラックのカーリースってあるの?」「購入とリース、どちらが良いのだろう」そんな風に悩む方に向けて、今回はトラックをカーリースした際のメリットとデメリットについて解説します。法人リースを検討している方は必見です。