カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

新社会人になったら車がほしい!そんな時にオススメしたいカーリースの魅力とは?

新社会人になったら「最初の1年は給料を貯めて、車を買いたい!」と考えているフレッシャーズもいるのではないでしょうか?でも、ちょっと待ってください。車には、車両代金の他、各種初期費用がかかり、新社会人が考えている以上にお金がかかる事があるのです。今回は、そんな新社会人に是非オススメしたい、カーリースという車の乗り方についてご説明します。

車にかかる支出は想像以上に大きい?

「新社会人になったら、新しい車でフレッシュにスタートしたい」と考えている新卒の方も多いようです。しかし、新社会人の中には、ローンで購入したのは良いものの、ローン以外の費用が予想外に高くて、途中で手放してしまったという方もいます。

また、車にかかる費用は毎月一定というわけではありません。ドライブや帰省で遠出をすれば、当然ガソリン代が余計にかかりますし、車検の年は各種税金や整備代がかかります。支払い金額は月によって大幅に異なるのです。

新車の価格はどれくらいと予想していますか?軽自動車なら、下のグレードでも100万円とちょっと、ある程度良い車に乗りたいなら、200から300万円はかかります。しかし、新車購入にかかる費用は、この車両代金だけではないのです。

車を購入しようとすると、他にも、

・自動車登録料
・車庫証明取得費用
・納車費用
・リサイクル費用

などといった初期費用が必要になります。

自動車登録料は、新車を買うあなたの名前で車を登録するためにかかる手数料です。ディーラーなどに代行してもらうと、20,000円から40,000円ほどかかることがあります。

手数料だけでなく、印紙代が2,000円から4,000円ほどかかってしまうため、少なくとも合計22,000円ほどの出費は考えておかなければなりません。

新社会人のあなたが車を購入する際には、車庫証明取得費用がかかります。車庫証明は、車の路上駐車や盗難を減らすために警察によって定められている制度で、新車購入の際には、車庫証明が必要になります。

これは、車庫証明を取ることによって「車庫を確保しているので、路上駐車などで近隣住民に迷惑をかけることはありません」ということを表明する重要な書類です。

車庫証明もディーラーが代行を行ってくれますが、手数料に15,000円程度かかることがあります。これにも印紙代がかかり、だいたい1,500円くらいです。車庫証明を取るのに、16,500円くらいの出費は考えておかなければなりません。

新社会人のあなたが車を購入するすると、ディーラーや販売店の方があなたのお家まで車を届けてくれます。しかし、車を納車するための費用が別途かかる場合があります。この費用も10,000円程度と予想しておいたほうが良いでしょう。

日本は車社会です。日本には、トヨタ、ホンダ、マツダ、ISUZUなど世界に名を馳せる自動車メーカーがあります。日本はドイツやアメリカなどと並ぶ、最大の自動車生産国の1つなのです。そのため、毎年日本国内で生産される新車の数も相当数に及びます。

新しい車が作られるだけでは、日本の道路はパンク状態になってしまいます。日本では毎年500万台以上もの車が廃車になっています。そして、車を廃車にするためには、費用がかかります。この費用を新車購入者に一部負担してもらおうというのがリサイクル費用です。

車を廃車にするためにはお金がかかります。エアバッグにはフロンガスが含まれており、それを処理するのにも費用がかかります。また、乗れなくなった車を解体、破砕するのも相当な労力が必要なのです。

リサイクル費用は車の種類によって異なりますが、7,000円から16,000円、普通車なら10,000円から18,000円程度が相場です。料金を合算すると、最低でも50,000円以上の費用になります。新社会人が新しい車を購入する際には、これらの出費についても考えておきましょう。

 

新社会人こそカーリースがおすすめの理由とは?

新社会人は、いろいろな事に慣れる必要がありますし、会社でのイベントも多いため、時間がないこともあるでしょう。新車で車を購入して、自分で維持管理するのは、困難な場合もあります。そこで、新社会人でも気楽に新車に乗り始める事ができるおすすめのサービスこそが、カーリースです。

カーリースの最大のメリットとも言える点として、「車の維持費が明確になる」という点が挙げられます。カーリースの費用は自分で車を管理する場合とは違い、毎月固定なので、予想外の出費がないのです。

車によっては予想以上に維持費がかかってしまったりするため、貯金もそこまで多くないという新社会人にとっては、車にかかる費用はある意味、脅威であると言えるでしょう。しかし、カーリースなら、毎月固定費用であるため、そのような心配がありません。

カーリースの中には、残価設定型のものがあります。

残価設定は、返却時の車の価格をあらかじめ定めるもので、高く設定すればするほど、月々の支払い金額を低くする事ができます。人気がある車は下取り価格も高くなるため、残価を高く設定でき、結果、毎月のカーリース料金を低くする事ができます。

 

新社会人がカーリースで希望の車に乗ることは可能?

カーリースできるのは基本的には新車ですが、中には、中古車のカーリースもあります。また、中古車であれば、1カ月からの短期でカーリースできるところもあるのです。

さらに、カーリースは基本的には国産車になりますが、カーリース会社によっては、外車を扱っているところもあります。選択できるプランや料金はカーリース会社によって異なるため、事前によく考えて、自分のライフプランに合ったカーリースを選択しましょう。

新社会人にオススメしたいカーリース会社には以下があります。

・カーコンカーリースもろコミ

月々8,000円(税込)から軽自動車をカーリースできる、低負担のプランが魅力のカーリースです。ガソリン代キャッシュバックキャンペーンも行っているので、月々の燃料代を削減することもできます。※ガソリン代キャッシュバックキャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、もろコミのWEBサイトまたはもろコミ販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。

・チューレン汰

カーリースの中でも、中古車のラインナップが揃っています。最短で1カ月からカーリースできるのも、他のカーリースにはない魅力です。フルプランならオイル交換やメンテナンスが含まれています。時間がない新社会人にもオススメですよ。

・マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズは、3〜5年のカーリースができます。ベンツやポルシェなど、人気の外車のラインナップが豊富です。

 

新社会人がカーリースを利用する際、審査は大丈夫?

マイカーローンと同じく、カーリースにも審査があります。

カーリース会社にもよりますが、そこまで厳格でないことも多く、ローン審査を比べて通りやすい場合もあります。特に、新社会人の場合は、貯蓄が少ない事が多く、持ち家などもない方も多数であるため、高額なマイカーローンの審査は通りにくいのが現実です。

一方、カーリースなら、新社会人でも審査に通りやすいと言えるでしょう。

カーリースの場合は、安定収入のある家族などを保証人とすることもできます。その場合、審査に通る確率は更に高くなります。憧れの新しい車をカーリースして、新社会人生活を気持ちよくスタートさせましょう!

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとオートローンはどちらがお得なのか?

カーリースが車を「借りる」ためのサービスなのに対して、オートローンは車を「購入する」ためのものですから、それぞれの目的は違います。一方で、数年にわたって毎月コンスタントにお金を支払っていくという点で共通点があります。 さらに、カーリースでも購入の場合と同じように全メーカー・全車種から車を選ぶことができ、オプションも付けることが可能です。そのため、実際のところ両者にはかなり似ている部分があります。では、そんなカーリースとオートローンではどちらが一体お得なのでしょうか?

福祉車両をリースすると消費税が減税される?お勧めのリース会社とは

月々のリース料を支払うことにより長期間車を利用できるカーリースのサービスは、近年人気を集めており、多くの人が利用しています。普通車や軽自動車だけではなく、福祉車両をリースしている会社もあります。今回は、福祉車両とはそもそも何なのか、福祉車両をリースすると消費税が現在されることがあるなど、詳しいメリットをご説明したいと思います。また、福祉車両をリースしている優良会社もご紹介します。

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。