カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

新車に乗るなら、分割払いのカーリースと通常の購入、どちらが良いの?

新車を乗るには、通常の購入の他にも分割払いのカーリースという方法もあります。では、どちらの方法がよりお得だと言えるのでしょうか?

こんな人には一括払いよりも分割払いがおすすめ!

一般的に言って、分割払いにはどんなメリットがあるのでしょうか?

分割払いを選べば、ある車の代金を一括で支払うだけのお金を今持っていなくても、その車をすぐに手に入れることができます。例えば、一括購入するにはあと1年くらいかけてお金を貯めないといけない場合に、分割払いを利用することですぐに車を入手できますので、「1年間早く車を利用できる」という利益を得られる訳です。

また、車を一括払いで購入するだけのお金を持っているとしても、それをすると貯金がカツカツになってしまう場合もあるでしょう。そうなると、車を購入した後にかかる車の維持費や、病気やケガによる入院などの突発的な出費に耐えられなくなったり、趣味や娯楽にかけるお金がなくなったりするということが考えられます。分割払いを選択すれば、そのような事態を避けることができます。

まとめると、分割払いは「車は所有したいが収入や貯金がそれほどない」、「車以外の趣味や生活費のために十分なお金を残しておきたい」といった人に向いていると言えるでしょう。

 

カーリース利用時の分割払いの仕組みとは?

カーリースは、リース料を支払うことでカーリース会社から定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。

レンタカーとは違って在庫の中から車を貸し出すわけではなく、ユーザーが選んだ車種をカーリース会社が提携ディーラーから購入してリースするという流れになりますので、いろいろなメーカーや車種から自由に車を選べますし、オプションを付けることもできます。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年、9年などの長期に及ぶのが一般的で、リース車をマイカーのような感覚で楽しむことが可能です。ただし、車の所有権はあくまでもカーリース会社にあり、車検証の所有者欄にもカーリース会社の名前が記載されます。

カーリースの契約が満了した時には、下記の4つの選択肢がユーザーに与えられるのが一般的です。

1 車を返却してリースを終了する
2 車を返却して別の車をリースする(乗り換え)
3 リースを延長する(再リース)
4 車を買い取る

リース料の支払い方法は分割払いになります。ただし、カーリースでは、車両価格をそのまま単純に分割払いするわけではありません。

カーリースの契約には基本的に「残価設定」があります。残価設定とは、契約満了時点での車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ定め、その金額を車両価格から差し引いてリース料を設定することです。例えば、新車価格が300万円の車をリースするとしましょう。

その車の契約満了時点での予想残価が100万円と決められた場合、300万円から100万円を差し引いた200万円が毎月のリース料を算出する際の車両代になります。言い換えると、契約者は200万円を分割で支払っていくことになります。

しかし、リース料として分割で支払っていくのは車両代だけではありません。カーリースの料金には車両代以外にも、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(期間分)、自動車重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、車検基本料なども含まれます。

契約によっては、オイル類の交換や消耗部品の交換といったメンテナンス費用が含まれる場合もあります。

そのため、毎月のリース料には、契約期間中に発生するこうした諸費用の合計を契約月数で割った金額が上乗せされることになります。つまりカーリースは、車両代以外に車の維持にかかる諸費用も分割で支払っていく仕組みになっているのです。

 

分割払いのカーリースと一括払いの新車購入とではどちらがお得?

では、分割払いのカーリースと一括払いの新車購入とではどちらがお得なのでしょうか?

まず、それぞれにかかる費用を簡単に比較してみましょう。例えば車両価格が300万円の新車を購入(リース)する場合、それぞれにかかるトータルの費用は下記の通りとなります。なお、カーリースは5年契約で残価設定が100万円だと仮定します。

・新車一括購入: 300万円+諸経費(自分でその都度支払う)
・カーリース:200万円(車両価格-残価)+諸経費(リース料に含まれる)+金利

カーリースでは残価が差し引かれる分、車両代が300万円ではなく200万円で済みますので、かなりお得に見えますね。ただし、ここで注意しなければならないのが、「カーリースでは契約満了時にそのまま車が自分の持ち物になるわけではない」という点と「金利がかかる」という点です。

車を一括購入した場合には当然、車は自分の持ち物になります。しかし、カーリースの場合はそうではありません。契約満了時に車を自分の物にするには車を買い取らなければなりませんが、その際には残価(上記のケースでは100万円)を支払うことになり、車を買い取った場合の総支払額は一括購入よりも高くなります。

なぜなら、リース期間中に金利を支払うからです。しかも、金利の対象となるのは車両価格だけではなく、リース料に含まれる諸経費(上記の例では5年分の各種税金や車検代など)も含まれます。ですから、カーリースで最後に車を買い取る場合の総費用は一括購入よりも高くなることを覚えておきましょう。

しかし、だからと言って「分割払いのカーリースは一括購入よりも損である」ということにはなりません。最初の項目でご説明した通り、分割払いには一括購入にはないメリットがあるからです。

上記の説明はあくまでも契約満了時に車を買い取ることにした場合に当てはまることであり、最後にカーリース会社に車を返却するのであれば残価を支払う必要はなく、出費を抑えられます。

さらに、リース料に車両代以外の諸費用が含まれていることで、家計のやり繰りがしやすいというメリットもあります。税金の支払いや車検などのタイミングでリース料とは別にお金を用意する必要がないからです。車の維持管理をカーリース会社に一任できるので、手間があまりかからないという利点もあります。

 

同じ分割払いの「残価設定ローン」とカーリースはどう違う?

さて、カーリースと似た商品に「残価設定ローン」があります。残価設定ローンは、分割払いであるという点でカーリースと共通しているだけではなく、ローン期間満了時点の予想残価をあらかじめ設定して車両価格から差し引くという点も同じです。

そのため、ローン期間が満了しても車は自分の所有物にはならず、そうするためには残価を支払わなければなりません。「車を買い取らずに返却する」、「新しい車に乗り換える」という選択肢もあります。

こうして見ると、カーリースと残価設定ローンはよく似ていますが、両者には違いもあります。例えば、カーリースでは車の維持費用が料金に含まれますが、残価設定ローンの分割払いにそれらの費用は含まれません。そのため、自分でその都度お金を用意して車の維持費用を支払っていくことになります。また、カーリースでは契約満了時に利用期間を延長できますが、残価設定ローンにはそのような選択肢はありません。

このように、同じ分割払いの残価設定ローンはカーリースと似てはいるものの異なる商品であることを覚えておきましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

オリックスカーリースともろコミはどっちがお得?評判やサービス内容の違いとは

希望する車種を月々の定額料金でお得に利用できる自動車のサブスクリプションサービスとしてカーリースに対する注目が高まるなかで、多くの企業がカーリースサービスの提供を開始しています。 数あるカーリースサービスのなかでも特に人気が高いと言えるオリックス自動車が提供するオリックスカーリースとカーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミに注目し、提供されるサービスの内容や評判などを紹介します。

中古車のカーリースについて徹底解説!

最近、「カーリース」のサービスが注目を集めています。このサービスでは毎月リース料を支払うことによりリース会社から車を借りることができます。車を借りるという点でレンタカーと同じですが、カーリースはレンタカーと比較すると長期間の契約になる点が特徴です。カーリース業者は新車を扱っているところが多いですが中古車のカーリースも存在します。ここでは、中古車のカーリースサービスを比較して、メリットやデメリットを解説します。さらに、おすすめの中古車のカーリース業者もご紹介したいと思います。

カーリースの仕組みやメリット・デメリットなど、知っておきたい情報の解説まとめ!

カーリースという言葉を聞いたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。一方で、実際にカーリースがどのようなものか知っている人、今まさに利用している人となるとぐっとその数は少なくなるものと考えられます。 今回は、カーリースの仕組みや料金がどうなっているのか、メリットやデメリットなど、特徴をまとめてご紹介します。これから車を持ちたいと考えている人は購入だけでなく、カーリースも選択肢の1つになるので、ぜひ参考にしてみてください。

カーリース業車の評判を徹底調査!人気のカーリース業者3選

カーリースの人気が急上昇するにつれて、リース業者もどんどん増えてきています。多様な車種やプランの中から選べるのは利用者にとっては嬉しいことですが、「どの業者が自分にとって最適なのか?」と考えた時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?カーリースの利用を考えている方のために、今回は選ぶ際のポイントとともに人気のカーリース業者をご紹介します。