カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

新車購入後、最初の車検にかかる費用ってどれくらい?

新車購入後、最初の車検のタイミングはいつやって来るのでしょうか。また、最初の車検では、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?徹底解説します!

新車を購入して最初の車検のタイミングとは?

車検の有効期間は、車種や車の用途ごとに、以下のように法律で決められています。

車種や用途 初回 2回目以降
自家用乗用車 3年 2年
軽乗用車 3年 2年
小型自動車二輪(250cc超) 3年 2年
レンタカー(乗用自動車) 2年 1年
バス・タクシー 1年 1年
軽貨物自動車 2年 2年
大型特殊自動車 2年 2年
貨物自動車(8t未満) 2年 1年
貨物自動車(8t以上) 1年 1年

※250cc以下の小型自動車二輪は車検を受ける必要がありません。
※2019年1月29日現在の情報です。

多くの方は、自家用乗用車か軽乗用車を所有していると思いますが、その場合の初回の有効期間は3年となっています。つまり、最初の車検のタイミングは新車を購入してから3年後ということになります。一方、バスやタクシー、貨物自動車などの業務用および運送用の車については、新車登録から1年後や2年後に車検を受けなければなりません。

 

車検費用は大きく分けて3つの費用がかかってくる

車検費用の内訳は大きく分けると「法定費用」、「車検基本料」、「消耗品交換代」の3つです。以下で、それぞれについて詳しく見てみましょう。

法定費用

法定費用とは、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料(印紙代)のことです。自動車重量税と自賠責保険料は、次の車検までの2年分をまとめて支払います。法定費用は金額が法律で定められているため、どの車検サービス会社に車検を依頼しても同じ額になります。

自動車重量税(2年分)

軽乗用車 6,600円
0.5t以下の車 8,200円
~1.0t以下の車 16,400円
~1.5t以下の車 24,600円
~2.0t以下の車 32,800円
~2.5t以下の車 41,000円
~3.0t以下の車 49,200円

※新車登録から13年と18年が経過した車については、段階的に増税となります。
※エコカー減税対象車には、税額の減免措置があります。
※2019年1月29日現在の金額です。

自賠責保険料(2年分)

自家用乗用車 25,830円
軽乗用車 25,070円

※2019年1月29日現在の金額です。

検査手数料

指定工場 認証工場
自家用乗用車 OSS申請: 1,000円

窓口申請: 1,200円

小型車: 1,700円

普通車: 1,800円

軽乗用車 1,100円 1,400円

※2019年1月29日現在の金額です。

車検基本料

車検基本料には、整備が必要な箇所を見定める検査の料金、法定24ヶ月点検の料金、検査場まで車を持っていき、車検に通す代行手数料などが含まれます。車検基本料は、車検サービス会社によって金額設定が異なります。

消耗品交換代

点検の結果、部品交換が必要になれば、その料金も上乗せされることになります。どの程度の部品が消耗していたら交換を勧めるのかの基準や金額設定は、車検サービス会社によって異なります。新車購入から初回の車検であれば、交換部品はさほど多くはならないでしょう。

 

新車購入後の車検費用相場を会社別に紹介

ここで、新車購入から最初に受ける車検の費用相場を、車検サービス会社別にご紹介したいと思います。「ディーラー」の相場は高めとなっていますが、自社メーカーの強みを活かして高い質の点検をしてくれる、車に長く安全に乗っていくための予防整備を実施してくれるなどのメリットもあります。

また、「車検代行業者」は一番安いですが、検査場に車を持って行って車検に通す代行作業のみを請け負う業者で、点検整備は基本的にしてくれませんので注意しましょう。

自家用乗用車の場合

自家用乗用車の場合は、前の項目の内容からお分かりの通り、車の重さによって自動車重量税が変わってきます。そのため、車検費用全体の相場ではなく、法定費用に加えてどれくらいの料金が相場としてかかるのかをご紹介します。

・ディーラー: 法定費用+40,000~100,000円程度
・民間整備工場: 法定費用+25,000~80,000円程度
・車検専門フランチャイズ店: 法定費用+25,000~80,000円程度
・カー用品店: 法定費用+25,000~60,000円程度
・ガソリンスタンド: 法定費用+20,000~60,000円程度
・車検代行業者: 法定費用+10,000~30,000円程度

軽乗用車の場合

軽乗用車の場合、重さに関係なく自動車重量税は同じになり、6,600円(2年分)となります。また、自賠責保険料は25,070円(2年分)で、検査手数料は1,100円または,1,400円です。よって、法定費用の合計は32,770円または33,070円となります。下記でご紹介するのは、この法定費用を含んだ車検費用全体の相場です。

・ディーラー: 60,000~80,000円程度
・民間整備工場: 70,000円程度
・車検専門店: 50,000~60,000円程度
・カー用品店: 50,000~65,000円程度
・ガソリンスタンド: 55,000円程度
・車検代行業者: 45,000円程度

 

最初の車検のタイミングでの乗り換えで得することも?

車の査定価格は新車から3年目のタイミングで大きく下落する傾向にあります。つまり、新車登録から初回の車検のタイミングで価格が下がるということです。そして、前の項目でご紹介した相場からお分かりの通り、新車登録から初回の車検においても、それなりの費用がかかります。

そのため、初回の車検というのは、車を乗り換える良いタイミングの1つだと言えます。そのタイミングなら、査定価格が大きく下がる前に車を売れますし、車検費用を次の新車を手に入れるための資金に回すことが可能となります。

そして、ここでお勧めしたいのが、次の新車を入手するにあたって、車を購入するのではなく、カーリースを利用するということです。

なぜなら、カーリースの場合、ローン購入とは違って頭金が基本的に不要で、まとまった初期費用を出さずに新車を手にすることができるからです。そして「リース」とは言っても、契約期間が5年や7年などの長期に及びますから、マイカー感覚で新車を楽しんでいけます。

また、カーリースなら毎月の料金に、車両代や新車登録諸費用だけではなく、毎年の自動車税や車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料などがすべて含まれているケースが多いため、楽に家計の管理をしていけるというメリットもあります。

毎月定額のリース料を支払ってさえいれば、税金や車検などのタイミングでまとまった出費に慌てる必要はないのです。さらに、契約プランによっては、定期的な点検整備やオイル類、消耗部品の交換といったメンテナンスもサービスに含めることが可能ですから、車にあまり詳しくない人や、車のメンテナンスが苦手な人でも安心して利用できます。

このように、カーリースにはたくさんの魅力やメリットがあります。もし、新車購入から初回の車検での乗り換えを考えているのであれば、カーリースの利用をぜひとも検討してみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとオートローンはどちらがお得なのか?

カーリースが車を「借りる」ためのサービスなのに対して、オートローンは車を「購入する」ためのものですから、それぞれの目的は違います。一方で、数年にわたって毎月コンスタントにお金を支払っていくという点で共通点があります。 さらに、カーリースでも購入の場合と同じように全メーカー・全車種から車を選ぶことができ、オプションも付けることが可能です。そのため、実際のところ両者にはかなり似ている部分があります。では、そんなカーリースとオートローンではどちらが一体お得なのでしょうか?

困ったときに知っておきたい!パンクやすり減りなどカーリース中のタイヤ問題について

車の生命線とも言える大事な部品のタイヤは、消耗品ですので定期的に交換することが不可欠です。また、寿命が来ていなくても、鋭利なものが刺さったりしてパンクしてしまうこともあります。では、カーリースの車でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が必要になったときにはどうしたらいいのでしょうか?

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。