カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

普通自動車も軽自動車もOK!カーリースを賢く利用して好きな新車に乗ろう

カーリースで利用するのは社用車程度だと考えている方も多いようですが、実はカーリースで選べる車種は、実にバラエティー豊かなのです。普通自動車も、軽自動車も、自分の好きなタイプを選ぶことができます。今回はカーリースを賢く利用するための方法をお伝えします。

カーリースの支払いが楽な理由とは?

カーリースの支払いは、マイカーローンとは違い、頭金の支払いがありません。また、ボーナス払いはオプションであることが多く、ボーナス払い無しにもできれば、有りにもできます。ボーナス払い有りの場合、月々の負担が軽くなります。

カーリース会社は独自ルートを用いて、自動車メーカーから新車を卸値で仕入れます。その後、利用者に7年契約、9年契約などで貸し出し、契約期間満了後返却された車は、中古車として販売するのです。

カーリースで借りた車は利用者のものにならず、返却する必要がある代わりに、一般的なカーリースの月々の支払額は、マイカーローンよりも少ないのが特徴です。

冒頭で述べたように、頭金などの支払いもなく、税金や整備費用が全てカーリース料金に含まれているため、少ないイニシャルコストでお気に入りの新車に乗り始められます。

残価設定型のカーリースの場合は、この残価設定がポイントです。

この残価設定があることによって、カーリースの支払いが楽になるからです。残価は、リース期間が満了した際の車の下取り価格で、カーリースの利用者は、この残価を全ての費用から差し引いた金額を支払います。

一般的には7年、9年の長期間にわたって月割りで支払うので、毎月の支払額が少なくて済むのです。車を長く大切に乗れるという方にとって、カーリースはとても魅力的なサービスなのです。

 

普通自動車でも、軽自動車でもOK!カーリースでは希望する車を自由に選べる

カーリースは新車を購入するときの流れに似ており、自分の好きなグレードや色、オプションなどを選択できます。カーリース契約を結んだ後、カーリース会社は車両を発注し、買い付け、仕入れ、納車という流れになります。

カーリースで選べるのは、普通自動車から軽自動車まで様々です。女性には月々の負担額が少ない軽自動車が人気ですが、普通自動車のラインナップもかなり充実しています。カーリース会社がおすすめする特選車から選べば、お得な場合もあります。

レンタカーでは、決められた車にしか乗れませんが、カーリースなら自分の好きな普通自動車に乗れます。一般的な普通自動車なら、納車までは数週間から1カ月程度です。

カーリースでは、普通自動車の他に、介護車両などの特殊な車もリースできます。高齢化社会の日本とあって、ライフステージに合わせて、車を乗り換える事ができるようになっているのです。

ここで、どんな車がどれくらいの負担額で借りられるのか、特にカーリース料金が安いことで知られている、カーコンカーリースもろコミを例にとって考えてみましょう。

まずは、普通自動車のフィット ハイブリッドです。

この場合、もろコミ7の7年リース、合計84回払いで、21,600円(税込み)からカーリースできます。フィットハイブリッドは2018年7月23日の時点で、WEB申込み限定の特選車となっており、カーアクセサリー、メンテナンス、希望ナンバー、ドライブレコーダーの4つの特典が含まれています。

カーアクセサリーにはカーナビ(SDナビ・フルセグTV)、バックアイカメラ、ETC(音声タイプ)が含まれています。また、12ヶ月法令点検(4回)と消耗品交換、エンジンオイル(13回)、オイルエレメント(6回)、ブレーキオイル(2回)、ワイパーゴム(6回)のメンテナンスを受けることもできます。

自分が覚えやすい普通自動車の希望ナンバーを選ぶことができ、高性能のドライブレコーダーがついてくる、まさに至れり尽くせりのカーリースなのです。

この他、カーコンカーリースもろコミでは、ガソリン代キャッシュバックキャンペーンを行っているので、1リッター当たり20円、月最大2,000円のキャッシュバックが受けられます。※ガソリン代キャッシュバックキャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。

カーコンカーリースもろコミでカーリースした普通自動車は、7年の契約期間満了後にそのまま自分のものにできる場合があります。普通自動車の中でも人気車種のフィットなら、7年乗った後でも状態が良ければ、納得の価格で買い取ってくれるかもしれません。

カーコンカーリースもろコミで軽自動車をカーリースした場合はいかがでしょうか?人気のダイハツ タントLなら、もろコミ7、もろコミ9ともに月8,100円(税込み)でカーリースできます。上記のガソリン代キャッシュバックも受けられるので、月々の負担は最小限で済みます。

 

トラックなどの特殊な車や外車もカーリースできる?

カーリースでは、トラックや介護車両などの特殊な普通自動車を選ぶこともできます。カーリースは管理が楽な場合があり、コストダウンにもなるため、カーリースを業務で利用する業者が多いのです。

例えば、オリックスカーリースのトラックだと、普通自動車より軽自動車のラインナップが充実しています。特に、ダイハツ ハイゼットトラックは特選車となっており、毎月低負担でカーリースできます。

ハイゼットトラックだと、契約年数6年で、ファイナンスリースの利用料が月々12,204円(税込み)となります。月間予定走行距離は1,000キロとなっており、このキロ数を超えた場合は、別途料金が必要になる場合があります。

ファイナンスリースは、初回のみの自動車重量税と自賠責保険料しか付いておらず、他の費用はすべて利用者負担となります。一方、メンテナンスリースの場合は月々の料金が18,684円(税込み)と少し割高になるものの、オイル交換などを含むメンテナンスが全て含まれています。

定額ニコノリパックでは、バンタイプのトラックや、軽トラでは小さすぎる場合に使える中型トラックも用意されています。ガソリン車のアトラス24は、5年リースで32,400円(税込み)となります。

BMWやベンツなどの外車をカーリースできる「ジャッジ」や「マリオット・マーキーズ」と言ったカーリースもあります。費用を抑えたいなら、認定中古車の輸入車でも良いかもしれませんね。

 

普通自動車の新車に頭金ナシで乗れるのが“カーリース”の魅力

頭金が要らず、毎月定額で好きな車に乗れるカーリースは、メンテナンスや管理などに煩わされたくない方にオススメです。頭金が必要ないので、まとまったお金がなくても大丈夫なのがカーリースの人気のポイントですから、普通自動車に手軽に乗りたい方は、ぜひとも検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる日数はどれくらい?車検に時間がかかるケースや業者ごとの違いについて解説!

車検は有効期限が切れるまでに受けなければいけません。車検が切れてしまうとその車は公道を走れなくなってしまいます。そこで気になるのは、車検完了までにいったい何日かかるのかということです。 車検にかかる日数は一律なのでしょうか。それとも、年式や業者によって異なるのでしょうか。車検に出すベストなタイミングを決めるためにも、車検にかかる日数についてみてみましょう。

やっぱり日本車がいちばん!カーリースで日本車が人気の理由と、人気の車種を一挙にご紹介

近年、利用する人が増えているカーリース。一定の定額料金を支払い、3年~9年などの期間、一定金額を支払うことで、新車をお得に利用できるサービスです。車検代や整備代がリース代に含まれているので、女性や年配の方に高い人気を誇っています。 カーリースで乗ることのできる車種は豊富に取り揃えられており、憧れの輸入車に乗ることも可能です。しかし、カーリースでは日本車の人気が高いとされています。今回はその理由と、日本車の中でも特に人気の高い車種をご紹介します。

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。