カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

最近人気のカーリースとは?

昨今、カーリースというサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人向けのカーリースを行なう業者も増えています。ここでは「そもそもカーリースとは一体何なのか?」「リースとローンとではどちらがお得なのか?」をチェックし、「おすすめのカーリース会社」を徹底解説します。

カーリースとは?

カーリースの「カー」とはもちろん車のことです。「リース」とは機械や設備などの賃貸のことで、一般には長期に渡る賃貸のことを指します。カーリースとは「カー」を「リースする」、つまり月々のリース料金を支払うことでリース会社から車を長期間貸し出してもらえるサービスのことです。

カーリースとは、レンタカーと似て非なるものです。不特定多数の人に貸し出すレンタカーとは違って、特定の契約者に貸し出します。レンタカーのサービスは数時間から数日の短い期間の利用を前提としていますが、カーリースの契約は5年や7年などの長い期間に及ぶのが一般的です。さらに、レンタカーとは異なり、様々な車種からグレードやオプションを自由に選択することができます。購入する場合と同じように「自分好みの車」に仕上げることができるのです。

リース車の見た目は自家用車と同じですが、リース会社の資金で車両を調達しますので、車検証上の所有者はそのリース会社となり、ユーザーは借受人名義となります。「各種税金の支払い」「車検の手続き」「基本的なメンテナンス」などは、所有者であるリース会社が行なってくれます。

リース料金は「車両の価格」から「契約終了時の中古車市場における予想残存価値」を差し引いた金額を元に算出しますが、それには「各種税金」「車検代」「整備費」も上乗せされます。

カーリースの契約は長期間に及びますので、新車をマイカーのような感覚で楽しむことができます。契約期間が終了した後も車に乗り続けたい場合は、リース契約を延長したり、残価を支払って車両の買い取りをしたりできます。別の車に乗り換えたい場合は新しく他の車をリースすることも可能です。

 

カーリースとローン購入はどちらがお得なの?

カーリースがローン購入と比べて優れている点とは何でしょうか?以下の通り、3つが挙げられます。

1 ローン購入より「車両価格」に対する支払い額が安くなる

先程も説明しましたが、リース料金は「車両の価格」から「契約終了時点の予想残価」を差し引いた金額を元に算出します。例えば「車両価格」が200万円の車を7年契約でリースしたとします。7年後の「予想残価」が80万円だとすると、200万円から80万円を差し引いた120万円がリース料金を算出する上での金額となる訳です。「車両価格」全額を負担する必要がありませんから、ローン購入よりもお得になります。

2 「頭金」が不要である

「頭金」とはローン払いなどで最初に支払うある程度のまとまったお金のことです。カーリースの場合は、ローン購入とは違ってこの「頭金」を支払う必要がありません。「頭金」は「車両価格」の20~30%が目安とされていますのでそれなりの金額になります。高額な初期費用を避けられるという点でローン購入よりもメリットがあると言えます。

3 月々の出費の変動が少ない

ローンで車を購入する場合には、月々の支払額の他に「税金」「車検代」「自動車保険料」などの出費の用意が必要になります。また車両のメンテナンスにも費用が掛かります。カーリースの場合はリース料金に「税金」「車検代」「自動車保険料」「基本メンテナンス費用」などが含まれています。さらに「任意保険料」をリース料金に組み込むことも場合によっては可能です。リース料金以外に必要な出費は駐車場代やガソリン代くらいになりますから、月々の出費の変動が少なくて済みます。

逆にカーリースがローン購入より劣っている点とは何でしょうか?以下の3つが考えられます。

1 支払い総額がローン購入よりも大きくなる

契約の種類にもよりますが、カーリースでは契約期間終了後に残価を支払うことによって車を自分の所有物にできます。この場合、ローンで購入したケースよりも結果的に支払総額は割高になります。なぜならカーリースの場合、「車両価格」以外に「税金」「車検代」などのリース料金に上乗せされている費用にも金利が掛けられているからです。

2 中途解約ができない

カーリースは契約期間が決まっています。契約期間中に解約する場合は高額の違約金が発生してしまいます。例えば、大きな事故で車が全損になってリース契約が解約になった場合、残りの契約期間のリース料金と車両の残価に加えて解約手数料を支払わなければなりません。ローン購入の場合にはこのようなリスクはありません。

3 車の利用に制限がある

自家用車とは違ってリース車の所有者はあくまでリース会社ですから、好き勝手にカスタマイズしたり改造したりすることはできません。走行距離に制限が設定されている場合もあり、制限を超過した場合にはその距離に応じて追加料金を支払わなければなりません。

このようにカーリースにはローン購入よりも優れている点と劣っている点があります。カーリースかローン購入かで迷っている場合、それぞれの利点と難点とは何なのかをよく把握して、それらを比較検討してみることは大切です。

 

おすすめのカーリース会社

もろコミ

「もろコミ」とは「カーコンビニ倶楽部」が展開するカーリースサービスです。高い人気を誇る一押しのカーリースサービスです。

「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランがあります。「もろコミ7」と「もろコミ9」は、一般的に見られるカーリース契約とは異なり、残価の設定がありません。 契約期間満了まで利用すると車両が自分の所有物になります。車両の損耗や損傷による精算がありませんし、走行距離制限超過による追加料金発生の可能性もありませんので安心ですね。

リース料金はボーナス併用払いで月額8,000円からとリーズナブルな価格となっています。料金には「車両価格」の他に「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。

いずれのプランでも契約期間が終了する2年前から、違約金なしで乗り換えや返却ができるようになります。先程も説明したようにカーリースは中途解約できないのが一般的ですから、これはありがたいですね。

コスモスマートビークル

「コスモスマートビークル」とは「コスモ石油」が運営するカーリースサービスのことです。

「コスモスマートビークル」のおすすめポイントは、予算に合わせて「メンテナンスサービスの充実度」「走行距離制限の長さ」「契約期間の長さ」「頭金やボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定できることです。

メンテナンスサービスは「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3段階から選べます。走行距離は「月500km以内」「1,000km以内」「1,500km以内」から選び、リース期間は「36か月」「60か月」「84か月」から選択できます。また、頭金は「なし」「10万円」「30万円」「50万円」から、ボーナス払いは「なし」「3万円」「5万円」から選びます。

 

今回は、おすすめのカーリース会社を2つご紹介しました。もちろん他にも優良なカーリース会社はたくさんあります。あなたのライフスタイルに合うサービスやプランとは何なのかを考えて、それを提供している最適なカーリース会社を見つけ出してください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースは学生でもOK!?カーリースの”イロハ”とオススメのカーリース業者をご紹介!

最近人気のカーリースですが、学生でもリース契約をすることは可能なのでしょうか?大学のために地方で一人暮らしを始めた学生、週末は友達と遊びに出かけたい学生、免許取り立ての学生などでもリースが可能な業者を、カーリースの”イロハ”と共にご紹介します!

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。