カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

月々一万円で軽自動車に乗れる!?カーリースの仕組みとおすすめリース業者のご紹介

突然ですが、月々一万円で軽自動車に乗ることのできるカーリースがあることを知っていますか?「そんなに安い料金で本当にリースできるの?」と疑問をお持ちの方に月々一万円で軽自動車に乗れるカーリースの仕組みから、リース車使用のメリット・デメリット、厳選おすすめカーリース会社一覧のご紹介などをまとめました。これから軽自動車を手に入れる検討をされている方は、必見です。

月々一万円で軽自動車に乗れる仕組みとは

 

毎月低料金で使用できるカーリースの仕組みとは以下のようなものになります。

まず、新車購入価格から契約満了時の残価設定を差し引いた総額を分割してリース料金を決定します。この残価設定とは契約満了時の下取り価格を先に確保する状態のことをいい、カーリース社は主にこの方法でリース契約を行っています。

これによって、毎月低料金で利用できる仕組みを作り出しているのです。また、中には「もろコミ」のように残価設定なしでリース契約を提供している業者もあります。

 

 

カーリースを利用するメリット・デメリット

 

カーリースのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。以下にメリットをまとめてみました。

 

■メリット

1)初期費用なしで契約できる

高額な頭金を用意せず、初期費用0円でリース契約が行えます。

2)月々の支払いが安定しており、急な出費がない

ガソリン代を除き以下の項目がリース料金に含まれているので急な出費が発生しません。そのため、月々一万円で軽自動車に乗ることができるなど、定額制となります。

・自動車税

・車検

・各種保険

・メンテナンス等

 

3)手続き全般をカーリース会社が対応

次の面倒な手続きや更新、支払いから手配までを一括して一任することができるので手間がはぶけます。

・車検

・各種保険

・自動車税

・メンテナンス等

 

4)車種の選択肢が幅広い

車種の指定もないのでリース料金に合わせて様々な車から選定することが可能です。

5)数年ごとに乗り換えが可能

リース契約満了時に手軽に新しい車種へ乗り換えることができます。

一方で、カーリースを利用する際のデメリットは以下のようなものが考えられます。

 

■デメリット

1)所有権がない

契約者は料金を支払うことで、使用権のみを得ている状態なので、所有権はあくまでリース会社にあります。そのため、契約満了時であっても車は契約者のものになりません。

2)事故が起きた際の出費

大きな事故が発生した際、リース契約が強制解約となり残金、違約金、残リース料を支払う場合がありますので、低価格でリースをしていても高くついてしまうことがあります。

3)改造ができない

車内外のカスタマイズができません。リースしている車なので、契約満了時の返却の際に貸し出し時と同じ状態で返却をする契約となっているからです。

 

 

軽自動車が月々一万円で乗れる人気リース業者

 

1) フラット7

参照URL:https://10000en.jp/

・プラン料金:1万円~

・取り扱い車種:タント、ハスラー、スペーシア、ワゴンR等

▽おすすめポイント

車検、自動車税、自賠責保険に加えオイル交換、マット・バイザーまでリース料金に含まれるので低価格で契約が可能です。

 

2)定額ニコリパック

参照URL:https://www.niconori.jp/

・プラン料金:1万円、2万円、3万円のコースから選択

・取り扱い車種:国産車であれば全メーカー、全車種完備

▽おすすめポイント

1万円からの定額料金で新車をリースできます。全国に加盟店があるので気軽に相談、問い合わせが行いやすいです。ガソリン代、5円引きなど特典が満載です。

 

3) 軽自動車.com

参照URL:http://www.kei4car.com/

・プラン料金:1万円~

・取り扱い車種:ミライ―ス、NBOX、タント、ウェイク、キャストスタイル等

▽おすすめポイント

オプションが充実しているリース会社でもあり高性能デジナビフルセグTV仕様やETC搭載、ボディーコーティングなどを追加することができます。

 

 

個人向けカーリース車比較.comがおすすめするのは断然「もろコミ」!

 

月々一万円で軽自動車に乗れるようなカーリースについて詳しくお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。ここまでいくつかのカーリース会社をご紹介しましたが、その中でも口コミ評価の高さとサービス内容の充実では「もろコミ」が断トツでおすすめです。

 

・もろコミがおすすめである3つのポイント

1) 業界きっての低価格でカーリースが可能

頭金0円、車検、税金、保険料などがカーリース料金に含まれているのは当然ですが、それらに加え登録時諸費用やメンテンナンスサービスなど特典が充実しています。

2) 契約終了時にはカーリースなのに車がもらえる?

他のカーリース会社ではみられないサービスですが、もろコミでは9年契約で終了時にそのまま車が自分のものになります。

3) 店舗が全国展開されている

北は北海道、南は沖縄まで全国展開されているので、1万円でリース契約したいけれど近くにお店がない場合や、あまり小さなリース会社だと今後のメンテナンスなどが不安といったお悩みも解消できます。

 

関連する記事

カーリースのキャンペーンや特典を利用してお得にカーライフを送ろう!

最近、ディーラー販売でもポピュラーなのが、予想買い取り価格を決める残価設定型のカーリースです。これから新車を購入する事を考えている方にとっては、悩ましい選択肢かもしれません。クレジットローン購入にするか、カーリースにするか、決め手となるのはそのサービス内容です。この記事では、3つのカーリースのキャンペーンと特典をご紹介します。

車を買うなら購入とカーリースどっちがお得?カーリースを選ぶ際の比較ポイント

今流行のカーリースですが、契約するためにはプランを選ぶ必要があり、通常では聞き慣れないような言葉も多く、お得なのはわかるけどその仕組みがわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。 とはいえ、今は大手車メーカーをはじめ、楽天市場でも手軽にインターネットから契約してカーリースを利用できる時代です。カーリースの会社ごとの仕組みを比較して後悔のない契約をしたいものですよね。たくさんある会社のなかでもなにを基準に選べばいいのか、実際にカーリース会社を比較してみましょう。

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

車検を受けるにはどうすればいい?予約方法など気になる手続きの流れを解説!

快適なカーライフを過ごすには車両の維持に欠かせない車検の問題を合格する必要があります。定期的に来る車検期限はドライバーにとって頭の痛い問題ではないでしょうか? 悩ましい存在である車検のシステムやスムーズに車検に合格するために必要とされる車検の予約方法などを、掘り下げながら紹介します。