カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

月々定額のカーリースでムーヴキャンバスに乗ろう!おすすめのカーリースや特徴・料金比較!

女性ユーザーに向けて開発されたダイハツ・ムーヴキャンバスですが、実際には「使いやすさ」が認められ、男女問わず幅広い年齢層に支持されています。この記事では、ムーヴキャンバスはカーリースで乗るのがおすすめの理由、カーリース各社の料金やサービスの特徴を比較しています。

カーリースではムーヴキャンバスが人気!どんな車?

ムーヴと言えばダイハツの人気車種ですが、2016年に誕生したムーヴキャンバスは、その中でも後部両側スライドドアを採用した機能性・デザイン性に優れた軽トールワゴンです。

軽量ながら高剛性を誇る「Dモノコック」をはじめ、プラットフォームを刷新したことで高い操舵安定性や静粛性を実現しています。

丸みを帯びたボディはかわいらしさもありますが、フロントマスクは引き締まり、シンプルで飽きのこないデザインに仕上がっているため、老若男女問わず人気がある車種です。

女性には「パールホワイト&ブルーミングピンクメタリック」や「パールホワイト&ファインミントメタリック」などが、男性には「スムースグレイマイカメタリック」や「パールホワイト&スムースグレーマイカメタリック」などのカラーが人気です。

また、パワフルさや環境への優しさ、信頼性などを兼ね備えた「TOPAZ NEO」エンジンを搭載し、2WD車で28.6km/L、4WD車でも27.4km/Lという高い燃費性能を確保しているのも魅力です(燃費はいずれもJC08モード値)。

乗りやすさ、デザインの良さに加えてエコカー減税対象車の基準を満たしていることもあり、カーリースでも特に人気車種に挙げられています。

 

月々定額で出費が安定!ムーヴキャンバスのカーリースをおすすめする理由

カーリースは、新しい車の乗り方として注目されています。

ムーヴキャンバスをローンで買うか、カーリースで乗るか迷っている方のために、カーリースの基礎知識や魅力をお伝えします。

そもそもカーリースとは、カーリース会社が調達したムーヴキャンバスを、毎月一定額のリース料金を支払うことで、5年や7年、9年など長期間、借りることができるサービスです。

同じムーヴキャンバスに乗るのでも、ローンのように「お金を借りる」わけではないため、ローンに抵抗がある方も利用しやすいサービスです。

カーリースの需要が伸びているのには、いくつか理由があります。

そのひとつに「頭金0円」で新車のムーヴキャンバスに乗り始められる点があります。

ローンと違ってまとまった頭金は必要ありませんので、手元の資金を減らさずに憧れのカーライフをスタートさせられます。

頭金を用意できる余裕がある方は、その分でグレードアップさせたりオプションをつけたりすることも可能です。

毎月支払うリース料金には、車両本体価格と登録時の諸費用、車検ごとに必要な自賠責保険料や自動車重量税、毎年必要な自動車税などが含まれています。

リース期間中にかかるこれら維持費をリース月数で割っているため、月々の支払いが定額になるわけです。結果として、出費が明確になる、安定するというメリットがあります。

ローンで購入した場合「自動車税の支払いで3万円」「車検のタイミングで15万円」など、その都度まとまったお金を用意しなければなりませんが、カーリースではそれが不要になります。

 

ムーヴキャンバスをカーリースするなら知っておきたいリスクとデメリット

初期費用を抑え、毎月定額で出費も安定するカーリースですが、思わぬ出費に見舞われてしまう可能性もあります。

ムーヴキャンバスをカーリースする場合、特に気をつけたいリスクやデメリットを解説します。

まず、一般的なカーリースはリース期間中の解約ができません。

厳密には全損事故などで強制解約になってしまうケースはありますが、「飽きた」「別の新車に乗りたい」「車が手狭になった」といった理由での解約は控えましょう。

というのも、解約する場合、残金一括払いや解約手数料、必要に応じて修理費用やその他の精算などが生じ、家計に大きなダメージを与えてしまうからです。

また、解約までいかなくとも走行距離を超過したり、勝手に改造したりすると超過料金や違約金が生じる可能性があります。

一般的なカーリースは、リース期間中に走行できる距離があらかじめ設定されています。この距離を1kmオーバーするごとに超過料金が発生します。

ほかにも、リース期間満了後に返却するカーリースでは、原状回復が原則となっています。そのため、リース期間中のカスタマイズや改造は制限されていることがほとんどです。

もし勝手におこなった場合、違約金や修理費用を請求されることになるので、気をつけましょう。

賢くカーリースを利用するためにも、リスクやデメリットはきちんと把握しておくことが大切です。

 

ムーヴキャンバスをカーリースするならどこがおすすめ?特徴や料金を比較

近年、個人向けカーリースが次々と登場し、独自のサービスで顧客獲得を目指しています。ムーヴキャンバスにおすすめのカーリースの特徴や、料金を比較していきます。

カーリース各社の料金と特徴

オリックスカーリース

ムーヴキャンバス X SAⅢ
プラン 料金 主な特徴
いまのりナイン 22,300円 契約満了2年前から返却・乗り換えOK

契約満了までの利用でムーヴキャンバスがもらえる

いまのりセブン 27,720円
いまのりくん 33,440円 契約から2年経過で返却・乗り換えOK

カーコンカーリースもろコミ

ムーヴキャンバス X SAⅢ
プラン 料金 主な特徴
もろコミ9 21,670円 契約満了2年前から返却・乗り換えOK

契約満了までの利用でムーヴキャンバスがもらえる

もろコミ7 25,520円
もろコミ特選車 32,120円 契約満了までの利用でムーヴキャンバスがもらえる

カーアクセサリーセット・メンテナンスパックが付帯

もろコミ+5 32,560円 契約満了後は返却

ライフステージの変化に合わせて返却・乗り換え可能

もろコミ+3 39,820円

コスモスマートビークル

ムーヴキャンバス L SAⅢ
プラン 料金 主な特徴
7年リース 21,340円 契約満了後は返却・買い取り・延長・乗り換えなどから選べる

パックによってガソリン代の値引きがある

月間走行距離が選べる

5年リース 25,630円
3年リース 35,200円

上記は一例ですが、このようにカーリース各社、料金や特徴はさまざまです。

オリックスカーリースやカーコンカーリースもろコミは、リース期間中の返却や乗り換えが可能な点、契約満了まで利用するとムーヴキャンバスがもらえる点が、大きな特徴です。

返却前提ではないため、走行距離や原状回復を気にせず乗れるのがうれしいですよね。

とはいえ、返却を前提とした場合でも、両者とも月間走行距離2,000kmに設定されていますので、よほど長距離ばかり乗るという方でなければ走行距離超過は気にならないかもしれません。

一方、コスモスマートビークルは石油会社大手コスモ石油のカーリースとあって、ガソリン代の値引きを受けられるのが特徴です。

毎月100L限定ですが、メンテナンスなしのホワイトパックで1円/L、基本メンテナンスつきのシルバーパックで3円/L、フルメンテナンスのゴールドパックで5円/L、割引になります。

また、走行距離も500km、1,000km、1,500kmから選ぶことができます。少ない方がリース料金は安くなります。あまり乗らない人は500kmなど、自分の車の使い方に合ったプランを選べます。

 

自分に合ったカーリースで賢くムーヴキャンバスに乗ろう

ムーヴキャンバスは、デザインや機能性に優れているだけでなく、エコカー減税も受けられ、車両価格もリーズナブル、そのうえ衝突回避支援システムなど安全性でも高い評価を受けています。

カーリース各社の料金はもちろんですが、より快適で楽しい、そして安全なカーライフを送るためにも、じっくり比較検討して自分に合ったカーリースを利用しましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車がへこんでしまったらどうする!?リース車に傷やへこみが生じたときの対応法と注意点

「リース車をぶつけて、へこませてしまった…!」車の運転をしていると、こういった予期せぬ事態に遭遇することは多々あります。もし、リース車をぶつけて傷つけてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?カーリースを使用する上で知っておきたいポイントとともに解説します。

カーリースのタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用について

マイカーとして車を購入するよりもお得であると評判の、人気のカーリース。初めてカーリースを利用しようと思っている方が気になる要素として、タイヤ交換などのメンテナンス費用が挙げられるのではないでしょうか。 ここでは、カーリースのタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用について説明します。

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

超長期!9年契約できるカーリースをご紹介!

個人向けのカーリースと言えば、5年くらいの契約期間が一般的です。短い場合で2年や3年、長い場合で7年ほどになります。なお、カーリースの契約期間の年数は車検に合わせて奇数になっていることが多いです。 しかし、中には9年というかなり長い契約期間のカーリースプランも存在します。今回は9年契約のメリットと、おすすめの9年契約のプランをご紹介します。