カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

月々1万円から乗れる!カーリースで軽自動車を購入するのがお得な理由

車を持ちたいけど多額の出費は避けたい、月々の支払いが不安、手続きなどが面倒…そういった方々も少なくないと思います。今回はそんな方々に最適な「面倒な手続きが不要なばかりか、月々1万円から乗れてしまう!」という魅力的なカーリースをご紹介します。

カーリースとは

レンタカーが「不特定多数の人に基本的には短期間」貸し出すのに対し、カーリースは「長期契約によって契約者に一定期間貸し出す」というものです。外見上や内装なども一般車両と変わりはなく、レンタカーを借りて乗る際に不満が多いポイントの一つであるナンバーの平仮名も「わ」などではなく一般車両と同じものが付けられています。なお、車の所有者は実際の購入者である「リース会社」となりますが、車検証上においての「使用の本拠の位置」は契約者の住所となります。

 

カーリースのメリット・デメリット

ここ数年で一気に人気が上昇した個人向けのカーリースですが、メリットとデメリットがありますのでしっかりと把握しておきましょう。

 

《カーリースのメリットとは?》

■初期費用・月々の支払いなどの負担が軽い

リースの場合、購入時のような高額な頭金などは必要ありませんので、初期費用を抑えることができます。また、月々の支払額も一定であることがほとんどですので、家計の予算が立てやすく、精神的な負担も少ないと言えます。

 

■全て込みのケースが多い

車を購入し維持するには車検代・メンテナンス代・税金・保険など様々な費用が必要になります。特に車検などは一度に多額の費用が必要になるケースもありますが、リースにおいては、基本的に月々の料金にこれらの費用が含まれていますので、急な出費の心配がなくなります。また、様々な手続きもリース会社が代行してくれますので、精神的・時間的な負担がぐっと減ります。

 

■事故の際の手続きも代行してもらえる

事故を起こしてしまった場合も、修理の手配、保険会社との連絡などをリース会社に一括して一任することができます。

 

■経費計上できるため節税に繋がる

特に個人事業主や法人の場合ですが、固定資産には含まれませんので、リース料金を経費として計上することができます。そのため節税効果が期待できます。

 

■外車や新車に手軽に乗れる

初期費用が少なくて済みますので、憧れの外車や高級車、新車などにも手軽に乗り始めることができます。

 

《カーリースのデメリットは?》

■カスタマイズができない

正確には、返却時にリース前の状態に戻せる程度でなおかつ違法でなければある程度のカスタマイズは可能ですが、所有者はリース会社ですので勝手なカスタマイズは避けた方が良いでしょう。

 

■中途解約金が発生する

カーリースとは長期契約によって一定期間借りることになりますので、契約期間中に何らかの理由によって解約をしなければならない場合、解約金が発生します。例えば子供が増えて大きな車に乗り換えたい場合なども該当しますので、車を選ぶ際には先々のことも考慮しておく可能性があります。

 

■契約期間が終了しても自分の所有物にはならない

車の所有者はあくまでリース会社ですので、契約期間の終了後は「買い取る」「返却をする」「同じ車あるいは別の車で再契約をする」といったことが必要になります。

 

■走行距離が決められている

リース期間内に走行できる距離の上限が定められているケースが多いため、長距離をよく乗るという人には向かないかも知れません。万が一上限をオーバーしてしまった時には、その分の差額を支払うことになります。

 

■契約期間終了時に差額を請求されることがある

大きな事故を起こしてしまった場合などは、「無事故であった場合」との差額を請求されることがあります。

 

購入時とカーリース時の出費について比較してみました

人気の車「トヨタ・プリウス」と「スズキ・ワゴンR」をそれぞれ新車で購入した場合とリースした場合、支払い金額にはどのくらいの差が出るのでしょうか。グレードや年式などによっても異なりますが、一般的な料金と比較をしてみましょう。

■プリウス

新車を購入した場合:支払い総額およそ2,777,536円

A社で5年リースした場合:支払い総額およそ1,135,296円(月々47,304円)

A社で7年リースした場合:支払い総額およそ2,604,960円(月々43,416円)

A社で9年リースした場合:支払い総額およそ3,057,264円(月々36,396円)

 

■ワゴンR

新車を購入した場合:支払い総額およそ1,259,990円

B社で5年リースした場合:支払い総額およそ596,160円(月々24,840円)

B社で7年リースした場合:支払い総額およそ1,250,640円(月々20,844円)

B社で9年リースした場合:支払い総額およそ1,460,592円(月々17,388円)

 

リース会社は多数ありますのであくまで参考程度となってしまいますが、7年程度で乗り換える分にはリースの方がお得のようなイメージがあります。しかし、実際の出費はこれだけではありません。

 

■その他の支払い

新車を購入した場合:車検代・メンテナンス代・保険料・税金・ガソリン代・駐車場代など

リースした場合:任意保険料・ガソリン代・駐車場代など

 

このような費用が発生します。その他の支払いについて、車検代やメンテナンス代、保険料(自賠責)、税金などはリース代に含まれていますので、トータルで考えるとやはりリースの方がお得になるケースが多いのではないでしょうか。

 

カーリースなら断然「もろコミ」がおすすめ!

リース会社は多数あると言いましたが、その中でも特に注目したいのがカーコンビニ倶楽部の「もろコミ」です。

 

■頭金0円&月々1万円からOK!

初期費用もほぼかからず、しかも月々1万円からOKというリーズナブルさが魅力です。もちろんこの1万円には「登録時の諸費用」「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」の全てが含まれています。

 

■走行距離が長い!

月間走行距離が2,000kmまでOK。つまり7年間リースした場合168,000kmも乗ることができます。リース期間中に何度か長距離を乗ってもこれだけの距離をオーバーすることは考えにくく、他のリース会社の条件と比べても精神的に楽なうえに契約期間終了時に差額を請求される心配も減ります。

 

■9年契約で車が「もらえる」!

買い取るのではなく、そのまま車がもらえます。さらに7年経過後は乗り換えや返却もOKですので、万が一状況が変わった場合でも安心です。

 

『車を持ちたいけどまとまった出費は抑えたい!』

『月々の支払いを抑えたい!』

『各種手続きなどの煩わしさはごめん!』

 

そんな方に向いているのがカーコンビニ倶楽部の「もろコミ」です。リースを検討されている方はぜひ、チェックしてみてください。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

右肩上がりの個人向けカーリース、今後の市場規模の動向は?

「車に乗りたいけれど購入する余裕がない」そんな人たちの選択肢となるのが、カーリースです。近年はカーリースをはじめとして車の乗り方の多様化が進んでいて、購入するということ以外の選択をすることもできるようになりました。 今回はカーリースに関して、その市場規模に注目し、カーリース市場が近年どのように拡大および成長を続けているのかについてご紹介します。

カーリースは電話でも契約可能?問い合わせから納車までの流れを調査!

現在では、日々の買い物、レンタカー、銀行口座の開設など、様々なサービスを電話やオンラインで利用できることが当たり前になっています。実は、カーリースも電話やオンラインでの契約が可能なのです。 今回は、電話やオンラインで契約が可能なカーリースと、その流れを解説し、実際の利用者の声もご紹介します。これから契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

車を持たない若者が増える一方、人気が高まるカーリース!若い世代や独身の方にカーリースをおすすめしたい理由とは?

若者を中心に車離れが進んでいますが、車がなくても問題ないという理由以外にも、様々な理由があるようです。そんな中、車を購入せずに月々一定の支払いで乗ることができるカーリースの人気が高まっています。 車に興味のない若者や独身の方でも、低いコストで車を使用できるためとても便利です。今回は若者や独身の方におすすめしたいカーリースを詳しく紹介していきます。