カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

月間走行距離をオーバーしたらどうなる?走行距離制限が気にならないカーリース活用方法をご紹介

カーリースの契約では多くの場合、月間走行距離に制限が設定されます。では、月間走行距離制限は通常どれくらいに設定されるのでしょうか。月間走行距離を気にせずにカーリースを利用する方法とは何でしょうか?詳しく見ていきましょう。

カーリースの月間走行距離制限って何?

そもそも、カーリースの契約の多くで設定される月間走行距離制限とは何でしょうか?

月間走行距離制限とは、1カ月あたりどれくらいの距離までリース車で走行してよいかを定めた制限のことです。ただし、走行距離制限は契約期間全体での合計距離という形で設定されるのが通常で、リース車の走行距離は毎月チェックされるわけではなく、契約満了時に確認されます。

それでも、「1カ月あたりに換算すると何kmになるのか」を示した方が利用者にとってはわかりやすいので、月間走行距離制限という形で表示されていることが多いのです。

走行距離制限を超過した場合には、距離に応じて超過料金を請求されることになります。超過料金の相場は1kmあたり5円~10円ほどです。

では、なぜ月間走行距離制限が設定されるのでしょうか?なぜなら、契約期間中の走行距離は、返却時のリース車両の損耗状態に大きく影響するからです。

特に、カーリースでは多くの場合に残価設定があり、残価の金額を決める際にどれくらいの距離を走行する予定なのかということが1つの重要な要素になります。残価をある程度正確に予測するためには、契約者が毎月何kmを走行するのかを事前に把握することが必要なのです。そのため、カーリースの契約には月間走行距離制限の設定があります。

 

カーリース会社やプランによって月間走行距離制限が変わる?

月間走行距離制限がどれくらいかは、カーリース会社や契約プランによってさまざまです。短めの場合は月間500km、平均的なのが月間1,000km、長めですと月間1,500kmくらいになります。

ただし、中には月間2,000kmというかなり長距離の設定にしているカーリース会社もあります。さらに言えば、月間走行距離制限がないという契約プランも存在します。距離を気にせずに好きなだけ走ることができるのです。

いずれにしても、カーリース会社によって月間走行距離制限は異なりますので、契約前に必ず確認するようにしましょう。

 

月間走行距離制限の長いカーリースは本当にお得?

では、月間走行距離制限は長ければ長いほどお得だと言えるのでしょうか?

実は、必ずしもそうとは言えません。前述の通り、月間走行距離制限は残価に影響します。つまり、月間走行距離制限が長ければ長いほど車は早く損耗しますので、残価は低めに設定され、結果としてリース料が少し高くなります。

ですから、さほど長い距離を利用しない人の場合は、月間走行距離制限が短い方がお得であることもあります。自分がどれくらいの距離を走行するのかを事前にシミュレーションして、それに合ったカーリース会社や契約プランを選ぶことが大切でしょう。

例えば、自宅から職場までの往復の距離、通勤日数、休日の予定走行距離などを計算して、1カ月に合計どれくらいの走行距離になるかを予想できます。何となくの勘で走行距離を決めるのではなく、きちんと具体的にシミュレーションして算出するようにすべきです。

 

走行距離制限が気にならないカーリース会社はこちら!

かなりの長距離を運転する人や、月間走行距離制限についていちいち気にしたくない、という人も多いことでしょう。そんな人たちにおすすめなのが、月間走行距離制限がないカーリース会社、もしくは制限を超えても追加料金が発生しないカーリース会社です。

以下で、そのようなカーリース会社を3つご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

カーコンカーリースもろコミは、月間走行距離制限が2,000kmと、他社に比べて余裕がある設定となっています。支払いプランは7年(もろコミ7)と9年(もろコミ9)から選択でき、いずれのプランも残価設定なしの契約となっていますので、契約満了まで利用すると車をそのままもらえます。ですから、最後の残価精算は不要で、走行距離制限超過による料金の請求もありません。

※もろコミ7ともろコミ9は契約満了の2年前から原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになりますが、車を途中で返却した場合には、走行距離制限超過による料金の請求があります。(1kmあたり8円)。

カーコンカーリースもろコミの月々のリース料には、車両価格、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検基本料がすべて含まれています。

今なら期間限定で、下記のお得な特典を用意しています。

1 もろコミ7の「特選車」のご成約特典 ※WEB申し込み限定

2018年10月1日~12月31日の間に、WEBからもろコミ7のプランで特選車の申し込みをして契約した人が対象です。特典の内容は、「折りたたみ電動アシスト自転車」、「キズへこみ保証クーポン」のプレゼントとなっています。

2 もろコミ7、もろコミ9(※特選車を除く)のご成約特典

2018年10月1日~12月31日の間に、もろコミ7またはもろコミ9の申し込みをして契約した人が対象で、特典として、「車載用防災セット」、「ドライブレコーダー」、「キズへこみ保証クーポン」をプレゼントしてもらえます。

※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

「いまのりくん」シリーズで有名なカーリースサービスです。月間走行距離制限は2,000kmと、やはり余裕がある設定となっています。そして、9年リースの「いまのりナイン」の場合は、契約満了時に車をそのままもらえる契約になっていますので、走行距離制限超過によって追加請求が発生することはありません。

※いまのりナインは契約から7年経つと自由に車の返却や乗り換えができるようになりますが、車を返却した場合には、走行距離制限超過による料金の請求があります。(1kmあたり8円)。

月々のリース料に、車両価格、新車登録時手数料、自動車取得税,自動車税、重量税、自賠責保険料が含まれているほか、「車検無料クーポン」と「オイル交換無料クーポン」をもらえます。さらに、オリックスレンタカーを基本料金の半額以下で利用できる特典も楽しめます。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

中古車リースのサービスです。月間走行距離制限がありませんので、好きなだけ車の運転を楽しむことができます。最短で1カ月からの短期のリースが可能で、リース料は1日当たり500円(税抜)からと非常にリーズナブルです。

リース料には、車両使用料、重量税、自賠責保険料、自動車税などが含まれています。「初回登録等手続き費用」として、軽自動車の場合は15,000円(税抜)、普通自動車は22,000円(税抜)かかります。初回登録等手続き費用の内訳は、名義変更・登録費用、整備点検費用、エンジンオイル交換費用、各種油脂類の交換・補充費用などとなっています。

以上が、走行距離を気にしないで利用できるカーリース会社です。「月間走行距離制限に縛られることなく車の運転をしたい」という人は、こうしたカーリース会社を利用すると良いでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

車検費用に含まれている“印紙代”ってどういうもの?金額はどれくらい?

車を維持するうえで定期的に受けなければいけない車検は、車検費用が決して安くはないことなどから、多くの方にとって頭の痛い問題なのではないでしょうか。車検整備費用などは依頼先によってリーズナブルに抑えることができますが、法定費用に関しては節約しようがなく、腹立たしい存在だと言えるでしょう。 特に法定費用に含まれる「印紙代」に対して、何の費用なのか理解できないと感じている方も少なくないかと思われます。車を維持する以上、免れることができない車検システムを少しでも理解するために、車検費用に含まれる「印紙代」について紹介します。

カーリースの良いところは何?悪いところも含めて総合的にご紹介!

カーリースは最近注目を集めている車の利用方法ですが、結局のところ、カーリースって得なのか損なのか分らないという人も多いはずです。メリットばかり紹介されても、そこまで信ぴょう性を感じませんよね。そこで今回は、カーリースの良いところと悪いところを総合的に紹介していきます。その中で、自分にとって適したサービスかどうかを判断してください。

カーリースは増税でどう変わる?節税するならおすすめのカーリースも

令和元年10月1日より、消費税が8%から10%に増税となりました。増税によってカーリースはどう変わるのでしょうか?また、増税後も「できる限り節税したい」という方も多いと思います。この記事では、増税によるカーリースの変化と、少しでも節税したい方におすすめのカーリースを紹介します。 ※記事の内容は、2019年9月1日時点の情報に基づきます。解説している税制や軽減措置の内容は変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。