カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

期間限定!白ナンバーの軽自動車をリースするチャンス!

軽自動車のナンバーと言えば黄色ですが、今、期間限定で軽自動車でも白いナンバープレートでの登録が可能になっているのです。白ナンバーの軽自動車に乗るということは滅多にできることではありません。ここでは、軽自動車を期間限定の白ナンバーに変更してリースしてくれる個人向けのカーリース業者をご紹介したいと思います。

なぜ今、白ナンバーの軽自動車に乗ることができるのか?

まず、なぜ今、期間限定で軽自動車を白ナンバーで登録できるようになっているのか?ということをご説明したいと思います。

その理由を簡単に言えば、2019年のラクビーワールドカップの日本開催を応援するための企画、また2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを記念する企画で、それぞれの特別仕様のナンバープレートが期間限定で交付されているからです。

特別仕様のナンバープレートは、どちらも白色をベースに作成されていますが、軽自動車用にも申し込むことができます。そのため、軽自動車でも期間限定で白ナンバーを取り付けることが可能になっているわけです。

2019年のラグビーワールドカップの特別仕様のナンバープレートには、右上にピンク色の四角いエンブレムが入ります。

そして、1,000円以上の寄付をすることにより、「寄付金付き」のプレートにグレードアップすることが可能です。「寄付金付き」のプレートには、左端の部分にラグビーボールをイメージしたデザインが追加されます。このデザインは結構目立ちますので、より一層新鮮なスタイルのナンバープレートとなっています。

このナンバープレートの申込の受付と交付はすでにスタートしています。申込は、2017年2月13日から2019年11月29日までの期間限定となっています。交付期間は、2017年4月3日から2020年1月31日までです。

また、東京2020年オリンピック・パラリンピックの特別仕様のプレートには、右上の部分にエンブレムが入り、オリンピックとパラリンリックのエンブレム入りのプレームが2枚1組で交付されます。

こちらも、1,000円以上の寄付をすることによって「寄付金付き」のプレートにグレードアップすることができます。「寄付金付き」のプレートには、ほぼ全体に光を多彩色で表現したデザインが加えられます。このデザインもやはり目立ちますので、周囲からの注目を集めるでしょう。

こちらのナンバープレートの申込の受付と交付もすでに始まっています。申込期間は、2017年9月4日からで、終了日は今のところ未定です。交付期間は、2017年10月10日からで、終了日はやはり未定です。

特別仕様のナンバープレートの申込はどちらとも、「図柄ナンバープレート申込サービス」というサイトで行なうことができます。その際には、手元に車検証を準備する必要があります。

交付料金は、7,000円前後となっています。ただし、各地域によって内容が異なるようですので、料金が気になる方は運輸局または管轄の運輸支局等に問い合わせてみてください。

 

期間限定の白色ナンバーの軽自動車をリースしている業者はここだ!

「定額ニコノリパック」

「定額ニコノリパック」は、神奈川、東京、埼玉、茨城、奈良、兵庫、滋賀、三重、福島に店舗を展開しています。

「定額ニコノリパック」では、人気車種の新車に月額1万円で乗ることができます。その他、車種によって2万円のコース、3万円のコースを用意しています。とてもシンプルな料金体系で分かりやすいので利用する側としては安心できますね。契約期間は、5年となっています。

「定額ニコノリパック」では、軽自動車のナンバーを期間限定の白ナンバーに変更するサービスを提供しています。もちろん。ラグビーワールドカップ特別仕様と東京2020年オリンピック・パラリンピック特別仕様の両方の対応が可能です。新しくリース契約を結ぶ場合だけではなく、現在乗っている車のナンバープレートの変更にも対応しています。

なお、利用する場合は、ナンバーの交付手数料の他に代行手数料として10,000円が必要になります。

「カーコンカーリース もろコミ」

「もろコミ」は、全国的にサービスを展開している優良カーリース業者です。

「もろコミ」では、「もろコミ9」と「もろコミ7」の2種類のプランを用意しています。「もろコミ9」は、9年間のリース契約となります。期間が長いだけ、月々のリース料金が安く設定されています。「もろコミ7」は、7年間のリース契約となります。期間が短い分、ライフスタイルの変化に対応し易いと言えます。

リース料金は、ボーナス払い併用ですが、月額8,000円からと非常にお手頃な価格となっています。

「もろコミ」では、契約満了後は車が自分の持ち物になります。また、契約満了の2年前の時点から違約金無しで返却や乗り換えができるようになります。

「もろコミ」では、リース契約時に軽自動車のナンバーを期間限定の白ナンバー変更することができます。WEBエントリー限定ですが、無料でしてくれます。つまり、代行手数料はもちろんかかりませんし、特別仕様のナンバープレートの交付手数料も負担する必要がないということです。とてもありがたいですね。

ラグビーワールドカップ特別仕様と、東京2020年オリンピック・パラリンピック特別仕様の両方でサービスを提供しています。

 

期間限定の白ナンバーの軽自動車を利用する場合の注意点

期間限定の白ナンバーの軽自動車を運転する時に、どんなことに注意する必要があるでしょうか?

まず、高速道路の有人の料金所で、ナンバーの色が白いため、軽自動車ではないと勘違いされて普通自動車の料金を請求されてしまうかもしれません。

白ナンバーの軽自動車の存在は、料金所で働く人たちには当然知らされているはずですが、人間ですから勘違いすることもあるでしょう。

また、軽自動車なのに「黄色」ではなくて「白い」ナンバーを付けているということで、ナンバーを偽造しているのではないかと疑われる可能性があります。警察に通報されて不要な手間を取らされるという可能性がないわけではありませんね。

これらは、特別仕様のナンバープレートの認知度が低いゆえに生じ得るものです。これから少しずつ認知度が高まっていけば、こうしたトラブルはなくなっていくことでしょう。

 

最後に

期間限定の白ナンバーの軽自動車に乗ることができる機会はそうあるものではありません。今、軽自動車を持っている人は、是非、期間限定の特別仕様のナンバープレートを申し込んでみてはいかがでしょうか。期間限定ですから、チャンスを逃さないように注意してください。

現在、軽自動車を持っていない場合はどうでしょうか。期間限定の白ナンバーの軽自動車に絶対乗りたい!と思っても、新たに軽自動車を購入するのはハードルが高いかもしれませんが、カーリースなら気軽に利用できそうだと感じる人もいることでしょう。

是非、カーリースについて、料金、メリットやデメリットを詳しく調べて利用を検討してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

新車登録から10年が経過したら車検は毎年行わなくてはいけないって本当?乗り換えを検討するべき?

一般的に、自動車は新車登録から10年以上経過した場合、大きく市場価値を失うと言われていますが、注目の集まるビンテージカーなど、新車登録から10年が経過しても魅力が衰えない車は多数存在します。 また愛車も10年が経過すると乗り換えが視野に入ってくるものの、数々の思い出が詰まった愛着のある車であるほど、手放すことに抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。 新車登録から10年が経過する車の価値が下がる理由として「毎年車検の必要がある」という認識が挙げられますが、道路運送車両法の改正によって車検の有効期間が延長されていることは、意外と知られていないようです。 今回は、新車登録から10年を経過する車の車検事情や、乗り換えを検討すべきかについて考えます。

カーリース料金、マツダの人気車種ではどれくらいで乗れるのか?

クリーンディーゼルエンジンで名を馳せているマツダ。「人馬一体」の走りはもちろん、洗練され高級感のあるエクステリアで、若い世代を中心に大きな人気を集めています。2017年にはマツダのSUVのフラグシップとなるCX-8の登場も話題を呼びました。 近年、マイカー導入の大きな流れとなりつつあるカーリースにおいても、マツダは高い人気を誇ります。ここではマツダの人気車種がカーリースではどのくらいの価格で利用できるのか、ご紹介します。

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。