カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

残価設定なしのカーリースとは?カーリースの基本知識とあわせてご紹介!

個人向けカーリースのサービスには多くの場合、「残価設定」があります。では、残価設定とは一体何でしょうか。残価設定なしのカーリースがおすすめである理由について、今回は詳しく見ていきましょう。

カーリースを利用する際に覚えておきたい残価設定とは?

残価設定とは、契約期間満了時に車の残存価値(残価)がどれくらいになるのかを予想して、車両価格から差し引くことです。

例えば、5年契約のカーリースで、新車価格が250万円のリース車両の5年後の残価を80万円に設定したとすると、250万円から80万円を差し引いた170万円が月々のリース料を算定するためのベースの金額になります。

つまり、残価設定がある場合、カーリースの契約者は車両価格を全額負担する必要がありませんから、リース料を安く抑えることが可能です。一方、残価設定なしの場合は車両価格を全額負担することになります。

残価の金額は、契約期間の長さ、走行距離設定、車種などに基づいて予想します。人気車種は価値が下落しづらいという判断から、残価が高めに予想されることが多いです。

ちなみに、カーリースの料金は、車両価格から残価を差し引いた金額だけで算出されるわけではありません。月々のリース料には、登録諸費用、各種税金(期間分)、保険料(期間分)、車検料(期間分)、メンテナンス料(※契約による)が含まれていますので、それらの費用も上乗せされることになります。さらに、リース料には金利もかかります。

まとめると、カーリースの月々の料金は以下の計算式で算出される、ということになります。

月額リース料 = (車両価格 – 残価 + 登録諸費用 + 各種税金 + 保険料 + メンテナンス料 + 金利 )÷ 契約月数

 

カーリースの残価清算には2種類の方法がある!

カーリースの契約は、設定された残価の清算の方法によって、「オープンエンド方式」と「クローズエンド方式」の2つに分類されます。

オープンエンド方式のカーリースの場合、設定した残価の金額をあらかじめ契約者に明示し、契約満了時に返却車両の査定額と残価との差額を清算します。

査定額が残価を上回った場合にはキャッシュバックを受けられますが、下回った場合には不足分を請求されることになります。ですから、車両の価値が残価を下回らないように車を大切に扱う必要がありますね。

クローズエンド方式の場合、残価の金額を契約者に明示しません。残価を明示しないので、契約満了時の差額精算はありません。ただし、キズやヘコミなどがあって修理が必要になる場合には、請求が発生します。さらに、予定走行距離を超えていた場合にも、超過距離に応じて料金を請求されることになります。

 

カーリースと残価設定ローンはどう違う?

カーリースと似た形態の車の購入手段として「残価設定ローン」があります。どちらも契約期間満了時の残価を設定している点で共通しているため混同する人もいますが、両者は異なるサービスです。では、カーリースと残価設定ローンにはどんな違いがあるのでしょうか?

まず、残価設定ローンは車を購入するための手段ですから、車が自分の所有物になります。一方、カーリースは車を借りるための契約ですので、車の所有権はあくまでもカーリース会社にあります。

ただし、リース期間中は契約者だけで車を使用していきますので(他の人と共有するわけではないので)、自分の所有物のような感覚で車を楽しむことが可能です。

カーリース、残価設定ローンともに、契約期間が満了したら車を清算して返却することが基本となりますが、ほかにも、残価で車を買い取る、新しい車に乗り換えるなどの選択肢があります。しかし、カーリースの場合は以上の選択肢に加えて、再リースして同じ車に乗り続ける(リースを延長する)ことも可能です。

また、前述の通り、カーリースの料金には諸々の車の維持管理費用が含まれていますので、車に関係する支払いが安定しますが、残価設定ローンの場合、毎月の支払いに含まれるのは車両価格(または車両価格と登録諸費用)だけですので、ローンとは別に、その都度お金を用意しなければなりません。

 

おすすめは残価設定なしのカーリース!

ここまで、カーリースの残価設定についてご説明してきました。

残価設定はリース料を安く抑えられる仕組みである一方、オープンエンド方式の場合は最後に残価清算を受けなくてはなりませんので、「契約満了時期が近づくにつれて清算で請求が発生してしまうのではないかと不安な気持ちになる」という声もあります。

また、クローズドエンド方式であっても、キズやヘコミがあったり、走行距離を超過していたりした場合には請求が発生してしまいます。

このような契約満了時のリスクについて心配に感じる人におすすめなのが、残価設定なしのカーリースです。個人向けカーリースの多くでは残価設定がありますが、実はカーリース会社によって残価設定なしの契約も存在します。

その中の1つが「カーコンビニ倶楽部株式会社」の「カーコンカーリースもろコミ」です。

カーコンカーリースもろコミは残価設定なしの契約プランですので、契約満了時の残価の清算が不要となっています。また、契約満了まで利用すると追加料金なしで車をそのままもらえますので、車の損耗やヘコミ、走行距離超過などによって請求が発生する心配が一切要りません。残価設定なしのメリットをたっぷり味わえるカーリースサービスなのです。

支払いプランとして7年リースの「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」を用意しています。もちろん、どちらのプランも残価設定なしの契約です。いずれのプランも契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却が可能になります。

※途中で車を返却する場合、車両の損耗状況によっては請求が発生する可能性があります。
※途中で車を返却する場合、走行距離制限「月間2,000kmまで」を基準に、超過1kmあたり8円の請求が発生します。
※特選車については、契約満了2年前の返却を選ぶことはできません。

なお、カーコンカーリースもろコミでは、2018年10月1日より、期間限定の2つのお得な特典メニューを用意しています。

1 もろコミ7の「特選車」のご成約特典 ※WEB申し込み限定

対象となるのは、10月1日(月)から12月31日(月)の間に、WEBからもろコミ7のプランで特選車の申し込みをして契約した人です。内容は「折りたたみ電動アシスト自転車」、「キズへこみ保証クーポン」のプレゼントとなっています。

2 もろコミ7またはもろコミ9(※特選車を除く)のご成約特典

対象者は、もろコミ7またはもろコミ9を10月1日(月)から12月31日(月)の間に申し込んで契約した人です。内容は「車載用防災セット」、「ドライブレコーダー」、「キズへこみ保証クーポンをプレゼント」となっています。

※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

このように、カーコンカーリースもろコミなら、残価設定なしで安心して車を利用でき、今なら期間限定のお得な特典も楽しめます。残価設定なしのカーリースをお探しであれば、カーコンカーリースもろコミの利用を検討してみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

法人は車を購入するよりもカーリースの利用がお得?カーリースのメリットをご紹介

法人で社用車の導入を検討する際、購入とカーリースどちらがよりメリットの多い手段なのか、迷うことがあるのではないでしょうか。この記事では、法人がカーリースを利用した場合のメリットや注意点、利用の流れや審査についてなどを解説するとともに、法人におすすめのカーリースをご紹介します。

カーリース三年・五年契約の期間が満了した時の4つの選択肢

自家用車といえば、新車や中古車というイメージがあると思いますが、新しい車との付き合い方の一つの方法として「カーリース」というものがあります。 月々のリース料を支払うことで一定の期間車をレンタルできる仕組みのことで、設定されている車種からグレード・オプションを自由に選択することも可能です。 契約台数が増加傾向にあるカーリースですが、例えば三年・五年契約の期間が満了した時にはどのような選択肢があるのでしょう。

カーリースの中途解約(途中解約)は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。