カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

毎月定額のカーリースの魅力とは?

毎月定額の料金を支払うことで、好きな車に乗れる個人向けのカーリースが人気です。では、月々定額のカーリースの人気の理由とは何でしょうか。徹底解説します!

カーリースの魅力

カーリースの魅力とは何かを、以下でご紹介します。

費用が毎月定額

冒頭でも触れました通り、カーリースの料金は毎月定額です。定額なので車の利用状況に応じて毎月の料金が変動することはありません。

しかも、カーリースの料金には車両代だけではなく、登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検代、整備点検代、消耗部品の交換費用も含まれています(カーリース会社や契約プランによって料金の内訳は異なります)。

ですから、毎月定額のリース料金を支払っていれば、他に生じる出費はガソリン代、任意保険料、駐車場代くらいになります。車検や部品交換などのタイミングで大きな出費が生じることはありません。

リース料金が定額なだけではなく、車に関わる出費自体が「定額」になるわけです。出費が安定しますので、家計のやり繰りがしやすいと言えるでしょう。

車の管理が楽

上述の通り、カーリースの毎月定額の料金には、各種税金や車検代、メンテナンス費用が含まれています。これは、そうした車の維持管理をカーリース会社にお任せできることを意味します。車の維持管理にかかる時間や労力を節約できますので、メリットの1つと言えるでしょう。

料金がお手頃

カーリースの料金には、車両代や登録諸費用の他にも諸々の料金が上乗せされている訳ですが、毎月の料金はリーズナブルです。なぜなら、カーリースでは残価設定が行なわれ、車両代からあらかじめ残価を差し引いてリース料金を設定するからです。頭金を支払わなくてもお手頃な定額料金でサービスを利用することができます。

 

カーリースのデメリットや注意点

ここまで見てきた通り、カーリースにはさまざまな魅力があって、それゆえに人気を集めている訳ですが、一方でカーリースにはデメリットや注意点もあります。

契約終了時に精算がある

カーリースの契約終了時には、返却車両の査定と精算が行なわれます。場合によっては、そこで清算金として追加料金を請求されることになります。どんな場合に精算金が発生するのでしょうか?

まず、車の損耗状態がひどいと、返却車両の査定額が契約時に設定した残価を下回り、差額を請求されることになります。もちろん、正常な使用で生じるような損耗は問題にはなりませんが、車はリース商品であることを意識して、大事に扱う必要があるでしょう。

また、カーリースの車は好き勝手に改造したり、カスタマイズしたりすることはできません。原状復帰できないような改造を加えてしまった場合には、契約終了時に費用を請求される可能性があります。

さらに、カーリースの契約では多くの場合に、走行距離に制限が設定されます。制限を超過して走行した場合には超過距離に応じて追加料金が発生します。少し超過したくらいでは大した金額にはなりませんが、ある程度、走行距離制限を気にしながら車を利用する必要があります。

最後に車を買い取った場合には支払い総額が高くなる

カーリース会社や契約プランにもよりますが、契約終了時に残価を支払って、車を買い取れる場合があります。しかしその場合、リース料金の総額と買い取り価格を合計した金額は、車をローン購入して車の維持管理を自分でした場合にかかる総費用よりも高くなります。

なぜなら、毎月のリース料金には、車の維持管理のサービス料もしくはカーリース会社の利益分が上乗せされているからです。ですから、なるべく安い費用で車を自分のモノにしたい場合は、カーリースを利用するのではなく、購入したほうが良いでしょう。

中途解約ができない

カーリースの契約は原則として中途解約できませんので注意が必要です。もし中途解約が認められたとしても、解約にかかる費用は高額になります。残存期間のリース料金を全額支払わなければならないからです。

カーリース会社としては、リースするために車両代を支払って車の購入をした訳ですから、全契約期間のリース料金を回収しないと損失が生じてしまうのです。カーリースを利用する際には、本当に契約終了まで車を利用するかどうかをしっかり考えましょう。

 

おすすめのカーリース会社

最後に、お得な定額料金でサービスを展開している、おすすめのカーリース会社をご紹介したいと思います。

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は「ニコニコレンタカー」で有名な「株式会社MIC」のカーリースサービスです。「定額ニコノリパック」のリース期間は基本的に5年間となります。

月々定額でカーリースをしていますが、車種やグレードによって10,800円・21,600円・32,400円の3つの価格帯を用意しています。

月々の料金には「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「車検代」「新車1カ月点検の費用」「新車6カ月点検の費用」「エンジンオイル交換費用(計9回)」などが含まれており、契約期間中に「ガソリン代1リットルあたり5円引き」のサービスも受けられます。

月々の料金にメンテナンス費用も部分的に含まれていますが、さらに充実したサービスを希望する方は、月々定額2,160円で「ライトプラン」、月々定額3,240円で「バリュープラン」というメンテナンスパックを付けることができます。

契約が終了した後は、車を返却して別の新車で新たにリース契約を結ぶこともできますが、同じ車を再リースしたり買い取ったりすることもできます。

カーコンカーリースもろコミ

「カーコンカーリースもろコミ」は「カーコンビニ倶楽部株式会社」が展開するカーリースサービスです。

他の多くの個人向けのカーリースとは異なり、残価設定がありません。残価設定が0円ですので、リース期間満了時に車をそのままもらえます。最後の清算もなく、追加請求が生じる心配がありません。

「カーコンカーリースもろコミ」の月々定額の料金には「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「車検代」が含まれています。

さらに、契約期間中にガソリン代1Lあたり20円(毎月最大2,000円)のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施しています。

メンテナンスサービスを充実させたい方は、月々定額2,700円で「メンテナンスパック」を付けることができます(軽自動車限定)。「エンジンオイル交換」「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」「Vベルト交換」などのサービスを受けることができます。

7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」がありますが、どちらのプランでも契約終了の2年前から車の乗り換えや返却(中途解約)が自由にできるようになります。これも「カーコンカーリースもろコミ」ならではの嬉しいシステムと言えます。

月々定額の料金で優良なカーリースサービスを行なっている会社は、他にもたくさんあります。是非、自分に合ったカーリース会社を探してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

最安のカーリースはどうやって探したらいいの?

カーリースの一番の魅力は出費のプランが立てやすいということです。カーリースでは毎月のリース料金を払うことにより、車を長期に渡って借りることができますが、その料金は定額ですので家計の支出の計画が立てやすくなります。他方、リース料金は毎月継続して払わなければなりませんから、その金額はなるべく安く抑えたいものです。では車種ごとに最安のカーリースを調べる方法はあるのでしょうか?

多面的な魅力と価値を持つ人気車!ヴェゼルに乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

SUVに乗りたい人なら必ず候補に挙がると言ってもいいのがホンダのヴェゼルです。今回は、ヴェゼルに魅力に徹底的に迫ってみましょう。またSUVに乗るには予算が多くなりがちです。その中でもお得にヴェゼルに乗るにはどのような購入方法がいいのでしょうか。通常購入とカーリースを比較して、おすすめの買い方を見てみましょう。