カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

比較検証!カーリースの契約年数は会社によってどう違う?

カーリースは長期年数での利用が基本となっています。数年単位での利用になるので、数年車を利用する予定ないものの、数ヶ月だけ車を利用したいという方にとっては、カーリースを利用しようという考えに至らないことも多いでしょう。 ところで、カーリースは長期年数の契約だけで、短期年数の契約はできないのでしょうか。また、カーリース会社によって契約年数は調整できるのでしょうか?今回は、カーリースの契約年数のカーリース会社ごとの違いなどをご紹介します。

カーリース契約は、もともと年数や期間が決められている?

カーリース契約は、カーリース会社によってプランがあり、多くのプランは数年単位のカーリース年数が設定されています。

カーリースのイメージとしても、法人利用などの長期間利用のイメージが強く、短期間の車の利用はレンタカーというイメージをお持ちではないでしょうか。

では、カーリースは決められたプランの年数や期間だけの利用に限られるのでしょうか?ずばり、カーリースはカーリース会社によっては、短期間でのカーリースも可能です。

短期間でのカーリースは、短期間カーリースサービスをしているカーリース会社によって違いがありますが、1ヶ月で契約することができるなど、数ヶ月単位でのカーリース期間の調整が可能です。

長期の年数ではあまり車を利用しないけれど、数ヶ月ほど車が必要という場合に便利で、車の買い換えのつなぎとして利用したり、短期間の出張の移動手段としたりなど、より利用者それぞれに対応した車の乗り方ができます。

 

長期年数&短期年数のカーリースを利用するメリットとは?

カーリース会社によって、長期年数だけでなく、短期年数でも利用できるカーリースですが、長期年数の利用と短期年数の利用それぞれのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

車をどのくらいの年数で利用したいか、コストはどれくらいかかるのかなどに注目して、長期年数、短期年数で利用できるカーリースのメリットを、それぞれ見ていきましょう。

1.長期年数利用のメリット

カーリースの基本となる利用年数は、3年、5年、7年といった長期年数が設定されています。長期間車を利用することを前提としており、車を利用する頻度が多い方にとっては、一定のカーリース料で車をお得に長期間活用できるので、おすすめです。

長期年数のカーリースプランには、乗り換えや車の保有ができるオプションがついている場合もあります。オリックスカーリースオンラインの「いまのりくん」シリーズを例に挙げて説明していきます。

「いまのりくん」プランでは、5年契約で2年後に返却し、乗り換えすることができます。

「いまのりセブン」は7年契約で5年後に乗り換え可能、「いまのりナイン」は9年契約で7年後に乗り換え可能となっており、どちらも乗り換えだけでなく、契約満了後、車を自分のものにすることができます。

長期年数を利用しながら、一定年数で選べる車種の中から好きな車に乗り換えることができるので、車好きの方にも嬉しいメリットです。契約満了後、自分の車にすることもできるので、カーリース後の生活設計に合わせて保有するかどうか検討してみましょう。

長期年数のカーリースは、お得な価格での車の利用だけでなく、車の乗り換えや保有など選択肢があるので、幅広い車の乗り方を提案するカーリースの利用方法です。

2.短期年数利用のメリット

短期年数・期間のカーリースは、ライフスタイルの変化などによって、車を数ヶ月だけ使いたいといったニーズに応えるカーリースの活用方法です。数年単位では車を使わないものの、短期間で必要という方でも、レンタカーではなく、カーリースの利用が可能です。

「子どもが夏休みの時だけ車を利用したい」「勤務地の都合で数ヶ月だけ使いたい」「普段の車両数は足りているが、忙しい間だけ車両を増やしたい」「新車が納車になるまでの間のつなぎとして車が必要」といった様々なシーンに対応できるのが短期年数・期間カーリースのメリットの一つです。

2つ目の短期年数・期間カーリースのメリットはコストの節約です。短期での車の利用方法は主にレンタカーがメインですが、レンタカーは1日数千円~1万円ほどに設定されているため、1ヶ月車が必要という場合にはコストが多くかかってしまいます。

短期のカーリースでは、数日間ではなく1ヶ月単位の決まった期間で車が必要となる場合に便利でお得です。カーリース会社によっては、1日ワンコインで乗れるプランなどもあるので、コストを最小限に抑えることができます。

短期カーリースによって、様々なライフスタイルやシーンに合わせて、車のある快適な生活を楽しみましょう。

 

人気のカーリース会社のリース年数と料金を比較!

カーリースの長期年数利用と、短期年数利用のメリットをご紹介しました。カーリース会社ごとに、契約年数や料金は変わります。実際に人気のカーリース会社の契約年数と料金の比較を見ていきましょう。

1.株式会社IDOM「NOREL」

NORELはリース期間を最低3ヶ月で契約することができます。カーリース料の例としては、ホンダフィットで、3ヶ月約43,000円で利用することが可能です。1ヶ月1万5千円ほどで利用できるので、レンタカーよりも確実にお得です。ただし、中古車をリースに活用しているため、車に利用期限がある点には注意が必要となります。

2.コスモ石油「コスモスマートビークル」.

コスモスマートビークルの契約期間は、36ヶ月~84ヶ月に設定されています。提案されているパックでは、36ヶ月が最低契約期間となっていますが、それ以下の契約も直接問い合わせることで可能な場合もあるようです。

リース料金の例としては、ホンダNBOXで60ヶ月のゴールドパックで契約すると月々35,000円ほどです。他にもシルバーパック、ホワイトパックがあり、特典やサービスのランクはゴールドパックより落ちますが、コストを削減できるので、可能な出費に合わせて選んでみましょう。

3.住友三井オートサービス「Carsma」

Carsmaは3つのタイプに分かれています。「Carsma5」は契約年数5年で契約満了後、残価を支払うことで車を買い取ることができます。「Carsma7」は7年契約で契約満了後そのまま車を保有することができます。どちらも車種が限定されているので注意が必要です。

「CarsmaC」は3年、4年、5年から選ぶことができ、車種を選ぶことができます。カーリース料金の例として、ホンダNBOXの場合、Carsma5で月々23,300円ほど、Carsma7で22,700円ほどとなっていますので、プランによって検討してみましょう。

 

カーリース会社の契約年数を比較して、自分にあったプランを選ぼう!

カーリースは、カーリース会社によっては長期年数の利用だけでなく、短期年数での利用も可能です。長期年数契約で乗り換えや保有の選択肢を持ちながら利用したり、短期契約でライフスタイルの変化に対応した車の利用をしたりできます。

車の必要な期間や用途に合わせて、カーリース契約の年数を調整して、自分に合ったカーリースプランを利用しましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

プリウスをグレード別に比較!おすすめのグレードをご紹介!

日本を代表するハイブリッド車プリウスですが、数多くのグレードが用意されているので迷っている方も多いのではないでしょうか。グレードによって価格や装備が異なるので、それぞれの特徴を知ったうえで選びたいですよね。今回はプリウスをグレード別に比較し、おすすめのグレードを紹介します!

リース契約で車を購入する際の流れと注意点

リース契約は月々一定の支払いで車に乗ることができ、各種手続きや支払いなどをすべてリース会社に一任することが出来る手軽さから、最近話題になっている新しい車の所有方法です。しかし、気軽に車に乗れるからと安易に手を出してしまい失敗したといケースも増えています。リース契約で失敗しないためにも、ここでは購入する際の注意点についてご紹介していきます。

車検はいつからいつまでに受ければいい?車検の期間や切れてしまった時の対処法

車を使用する上で切っても切り離せないのが車検です。車検は2年、もしくは3年に一度という頻度で毎年あるものではないので、ついうっかり次の車検がいつからか忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。 車検切れを防ぐためには車検をいつからいつまでに受ければいいのか、しっかりと把握しておく必要があります。ここでは車検をいつからいつまでに受ければいいのか、さらに万が一、車検切れになってしまった際の対処法をご紹介します。