カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

法人カーリースのメリットとデメリットを比較!おすすめのカーリース会社は?

新しい車の導入方法として浸透しつつあるカーリースですが、実は法人においては個人向けよりも早い時期から取り入れられているサービスだってご存じでしたか?それだけ法人にはカーリースによって得るメリットが大きいのです。 ここでは法人カーリースのメリットとデメリットについてはもちろん、法人におすすめのカーリース会社もご紹介します。

購入とカーリースにはこんな違いがある

車を購入する際の支払い方法としては全額一括で現金で支払うか、オートローンを利用するのが一般的でしょう。一括購入はもちろん、オートローンを使用する際でもほとんどの場合は頭金を用意する必要があり、多額の初期費用が必要となります。

現金一括購入の場合は車両本体の支払いは一回で終了しますが、オートローンの場合は引き続き月々の返済を行っていくことになります。場合によってはボーナス払いが設定されることもあるでしょう。

いずれの支払い方法の場合でも車の所有者、使用者は購入した方になります(オートローンを使用している場合は支払いが完了するまでは所有者はローン会社、支払い完了後は購入者)。また、各種税金や車検費用、メンテナンス費用はその都度用意しなければなりません。

カーリースは契約時に決められた月々の定額料金のみの支払いで車を使用できるシステムです。新車カーリースの場合は新車が用意されますが、契約者は自由に自分の好みの車を選べることがほとんど。

契約者の選んだ車をカーリース会社が購入し、契約者は決められた契約期間中一定の月額料金のみでマイカーのように車を使用できます。頭金が不要なのでまとまった資金が手元になくても手軽に新車を導入できることがカーリースの一番のメリットといえるでしょう。

カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社、使用者は契約者の名義となります。

その他にもカーリースでは月額料金に自動車税や自賠責保険料、車両重量税などの料金が含まれているのも購入との違いのひとつです。メンテナンスがついているプランなどを選択していれば車検や各種メンテナンス費用も月額料金に含まれます。

納税や車検時期の確認、メンテナンスの手間もかかりません。

 

カーリースの法人利用がおすすめである理由とは?

個人向けのカーリースは近年急速に普及してきましたが、実はカーリースは、法人おいては1960年代から使用されてきた歴史があり、法人の社用車導入の方法としては極めて一般的な方法です。

ではなぜ個人よりも法人に一足先にカーリースが定着したのでしょうか。それは法人のカーリースには大幅なメリットがあるからです。

車は一般的に大きな金額のものなので、法人で複数の車を導入するとなるとかなり高額になります。現金一括購入の場合はもちろん、ローンを使用するとしても巨額の初期費用が不可欠です。

法人においては資金の動きにはシビアにならざるを得ず、時期によっては資金の余裕がない、もしくは資金を動かしたくないこともあるでしょう。

そういった場合でもカーリースであれば頭金なしで車を導入できるといったメリットがあります。資金繰りが上手くいかず、車が用意できないために商機を逃すといったことも、カーリースを利用すれば防げるかもしれません。

また、車は固定資産となるため、購入すると全額をその年の経費に計上できず減価償却する必要があります。普通車の場合は6年、軽自動車の場合は4年の耐用年数が定められているのでそれぞれその期間をかけて経費計上していくことが求められるのです。

そのため、購入の場合は巨額の資金を社用車に投入してもその年の経費には全額計上できないということになります。これはキャッシュフロー上あまり望ましくない状態です。

その点、カーリースでは購入ではないので減価償却する必要はなく、月額料金はすべて経費に計上できるので節税にもなる上キャッシュフロー上優位になることもカーリースが法人にとって大きなメリットがあるといえるポイントでしょう。

加えてカーリースでは月額料金に自動車税や自賠責保険料、重量税などに加えてプランによってはメンテナンス費用も含まれているので、車に関する費用が一括管理でき、経費がわかりやすく経理担当者の負担が大幅に削減されることもメリットとして挙げられます。

カーリースにはこのように法人に対するメリットが大きく、法人におすすめといえるのです。

 

法人カーリースにはデメリットもある

法人のカーリースのメリットは大きく社用車の導入方法としておすすめできますが、デメリットも存在します。

カーリースでは原則途中解約はできません。やむを得ない事情で途中解約する必要に迫られた場合には多額の違約金が発生することになります。そのため、契約期間の見極めは非常に重要です。

また、ほとんどの場合は走行距離が設定されていることが多いため、万が一、設定された走行距離を超えて走行すると追加料金が加算されるほか、車の改造はできません。

初期費用が必要なく、月々の定額料金だけで使用できるのがカーリースですが、カーリース料金には金利や各種手数料なども含まれているので支払総額としては購入のほうが安くなります。

法人においてカーリースは税制面で有利になるメリットはかなり大きいですが、こういったデメリットもあることを認識しておくようにしましょう。

 

法人におすすめのカーリース会社はこれ!

ではここで、法人におすすめのカーリース会社を紹介しましょう。

法人におすすめのカーリースとしてまず挙げられるのが大手自動車メーカーのカーリースではないでしょうか。社用車として利用するのであれば一般的に同一車種を多くの台数購入する場合が多いので、自動車メーカーのリースサービスを利用するのは理にかなっているといえるでしょう。

トヨタカーリースやホンダカーリース、日産法人カーリースやマツダオートリースなどがありますが、どのメーカーも自社の全車種から選択でき、全国展開しているのでサポートなども行き届き、信頼度も抜群です。

その他には大手レンタカー会社の法人カーリースもあります。日本レンタカーリースやオリックスビジネスカーリースなどが代表的な存在です。

ニッポンレンタカーリースは年間通して必要な車をカーリースとして利用し、特定の時期だけ必要な車はレンタカー扱いにする「コンビネーションプラン」を、オリックスビジネスカーリースではリースの契約を行う際に不要な車両の買い取りを行うサービスなど、それぞれレンタカー会社ならではの強みを生かしたカーリースプランを展開しています。

また、個人向けのカーリースを手掛けているカーリース会社にも法人プランが用意されていることも少なくありません。

コスモ石油が手掛けるコスモスマートビークルでは3つのメンテナンスパックを用意し、プラン内容に応じたガソリン代割引制度があります。これは大きなおすすめポイントといえるでしょう。

カーコンビニ倶楽部が提供している法人向けのプラン、もろコミビジネスカーリースは走行距離の長さやメンテナンスの充実度、車両管理コストをまとめたいなどというさまざまな要望に対応し、自由にプラン設計ができる点がおすすめです。

このように、カーリース会社によって内容にさまざまな違いがあります。

法人がカーリースを利用するメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、予算や求める条件に合ったカーリース会社を選択して上手にカーリースを取り入れましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでも車にオプションは付けられる?

カーリースは月々のリース料金を支払うことで車を借りられることで人気を集めています。カーリースの契約は長期間にわたりますから、ある意味、マイカーのような感覚で車を利用することができますが、リース車はあくまでも借り物です。では、そんな借り物であるリース車にオプションは自由に付けられるのでしょうか?

法人や個人事業主必見!カーリースの経費処理の方法とは?

いまでは、新しい車の買い方として個人向けのカーリースが定着しつつありますが、もともと、カーリースは法人向けのサービスとして利用されてきました。法人や個人事業主がカーリースを利用することのメリットは、その経理処理にあります。今回は、法人や個人事業主がカーリースを上手に利用するために、経理処理に関する基礎知識をまとめてみました。

カーリースの契約期間ってどれくらい?契約期間の途中で解約はできるのか

カーリースでは契約期間をあらかじめ決めておく必要があります。手軽な月額料金のみで新車が利用できると話題のカーリースですが、契約期間の長さはどのくらいあるのでしょうか。また、契約期間満了を待たずに解約できるのかも気になるポイントでしょう。ここでは、カーリースの契約期間や、途中解約ができるのかなどを解説します。