カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。

事業用カーリースの魅力とは?

では早速、事業用カーリースの魅力を5項目ピックアップしてご紹介します。

1、資金調達(頭金等)が不要

事業用カーリースは、取得税、重量税、自賠責保険料等が、すべて月額使用料に含まれているため、購入の際の資金調達が必要ないというメリットがあります。

2、毎月のランニングコストが安い

事業用カーリースは、毎月の使用料が安価で一定のため、年間の資金計画が立て易くなります。使用料を安価に設定できるのは、リース特有の「残価設定」があるからです。この「残価設定」については、次項で説明します。

3、節税対策につながる

事業用カーリースは、賃貸借契約となる為、車両は固定資産とはみなされません。そのため、損金として扱うことができ、購入時には得られなかった節税効果を発揮します。

4、車両の管理が楽

事業用カーリースは、購入時に発生する税金や、所有期間中にかかる車検等の費用が全てリース料に含まれています。そのため、事務的処理や車両の代替え等の面倒な手続きをカーリース会社が代わりにやってくれるので車両の管理がしやすくなります。

5、メンテナンスが安心

事業用カーリースは、車検や定期点検、オイル交換等、車両に関するあらゆるメンテナンスにもカーリース会社が対応してくれるので安心です。

以上、事業用カーリースの魅力を5項目ご紹介しましたが、実は事業用カーリースには中途解約ができないというデメリットがあります。

ですから、もしも解約という事態になったら、残りの期間のリース料金を一括で返済する必要があるので、そこは注意が必要です。

 

法人・個人事業主などで事業用のカーリース利用がお得な理由とは?

法人・個人事業主にとってカーリース利用がお得な理由は、その経済効果、車両管理面の効率化にあります。前述のように最初にまとまった経費がかからないことで、今まで車両購入にかけていた予算を営業活動等に回すことが可能になるからです。

なお、事業用カーリースの方が、自社で購入する場合より毎月の支払いが安く抑えられる仕組みは、カーリースの「残価設定」にあるとご紹介しましたが、その具体的な内容をお伝えします。

「残価」とは、リース期間満了時点での車両の価値価格のことをいいます。事業用カーリースでは、通常3年から5年、長期で9年ほどをリース期間として設定し、車両を貸し出しますが、車両は年数が経過するほど価値が落ちてきます。

ですからリース期間満了時点での車両の「残価」を設定し、その分を差し引いた残りの額でそのリース料金が決められることになります。この残価設定の仕組みにより、比較的安い料金でリース料を設定することが可能になるのです。
※カーリース会社によっては、残価設定なしの場合もあります。

また、購入した車両は通常、固定資産として計上されますが、リース車両は取得税、重量税、自賠責保険料保険、車検等のメンテナンス費用も全額リース料金に含まれるため、経費扱いになります。事業用カーリースでは、全額リース会社負担になることから節税につながります。

一方、管理面としては、車検やメンテナンス費用もリース料金に含まれているため、それに関わる事務手続きや労力がいらなくなります。

代替えや定期的なオイル交換、ブレーキ作動などの点検等、通常なら手間がかかる業務もすべてリース会社にお任せすることができます。

なお、カーリース会社によっては、リース料金の設定やリース期間、車両の種類やメンテナンスサービスに若干の違いがあります。費用対効果を高めていくためにも、専任の税理士に相談して、少しでも経費節減につながるような対策をおおすめします。

 

事業用として使用する商用車を取り扱うカーリース会社はたくさん!

現在カーリースを取り扱っている会社は、600社を優に超えるといわれ、取り扱っている車両や形態も多種多様です。ここではバンやトラック専門など、法人を対象にした商用車を専門に取り扱っているカーリース会社を2社ご紹介します。

1、リースパートナー

「リースパートナー」は、東京都中央区銀座を拠点に、全国対応をしている株式会社エクシアが運営するカーリース専門の会社です。国産、外国産を問わず中古バス、トラック、マイクロバス、バン等の各種商用車を幅広く取り扱っています。

2、定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は、神奈川県横浜市に本社を置く株式会社 MICが運営する全国展開のカーリース会社です。残価精算のリスクを負わない、安さが売りの契約形態となっています。一般的なクローズドエンド契約とは異なり、リース満了後も延長、買取り、乗り換えを自由に選べるのが特徴です。

 

事業用(法人)カーリースの申込みの流れとは?

事業用カーリースの手続きには3つのステップがあります。それは、「見積り」「審査」「契約」です。それでは順番に説明します

見積り

カーリース会社の担当者からカーリースの説明を受けて、契約プランの検討や希望するリース期間、車種の決定等を行います。

契約するリースの概要が固まったら、リース会社からの見積りの提示を受けます。このとき、事業所の希望による社名や社章の車両への塗装、車両ボディへの架装等の注文も受け付けることができます。

審査

個人事業主の場合は、運転免許証、銀行印、キャッシュカード、通帳等引き落とし口座に関係するものが必要です。

法人の場合は、代表者自身の来店と同時に、前述の引き落とし口座に関係するもの、法人実印、法人実印の印鑑証明書(3か月以内のもの)、代表者の認印が必要です。

なお、法人契約の場合は、代表者の保証人が必須です。審査に関しては、各カーリース会社の審査基準に基づいて行われます。

契約

審査が通ったら、カーリース会社から契約書の作成・提示が行われます。なお契約が決定した事業所は、速やかに管轄の警察署で車両を保管する場所を証明するための車庫証明を取得しておきましょう。

 

ここまで、事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法等を解説してきました。効果的な事業用カーリースの導入には、用途に合わせたプラン設定や車種等の選定が重要なポイントになってきます。

会社運営の更なる効率化、費用対効果を高めるための施策として、カーリースの導入をぜひとも検討されてみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

タイヤの点検は重要?車検前に知っておきたいセルフチェック方法を解説!

タイヤは車の安全性を大きく左右する部品であり、車検の時にもタイヤの状態は検査され、交換が必要になる場合もあります。そのため、車検の前に自分でタイヤのコンディションをチェックすることによって、車検時の整備費用が高くなるのを避けられます。今回はタイヤのセルフチェック方法を徹底解説します!

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。